サムティが広島国泰寺に18階建てマンションを建設へ

関西を中心に不動産事業を展開するサムティ株式会社(大阪市)は、広島市中区国泰寺に地上18階建てマンションを建設することが分かりました。

場所は駅前通りと国道2号が交わる国泰寺交差点に面した旧尾鍋病院跡地。
解体され暫定的にコインパークとして利用されていました。

高さは約55m。200戸以上の住戸を備え、2023年12月末に完成する予定です。

サムティは東京、福岡、札幌、名古屋に続く新たな事業展開として、中国地方のマンション、オフィス、ホテルの開発拡大を目指し、2019年に広島支店を開設しました。
2019年、2020年に、八丁堀エリアと広島駅エリアにそれぞれ「ネストホテル」を開業させています。

 

コメントでAさんに情報提供いただきました。ありがとうございます。

 

国泰寺交差点に面する角地が建設予定地です。

 

建築計画のお知らせがありました。

 

【(仮称)サムティ広島市中区国泰寺町一丁目】

高さ 〔最高高さ〕54.93m
〔軒の高さ〕54.33m
階数 地上18階
用途 共同住宅
住戸数 〔ワンルーム形式〕182戸
〔その他形式〕21戸
敷地面積 853.52平方メートル
建築面積 563.04平方メートル
延床面積 8,614.51平方メートル
着工予定 2022年2月中旬
完了予定 2023年12月末日
建築主 サムティ株式会社
設計監理 有限会社Jib建築設計公舎
施工者 未定

 

ワンルーム形式が大半を占めるということで、単身者向けを想定した賃貸マンションになりそうです。

 

数値上からも分かるように敷地はそれほど広くありません。

 

敷地の北東側には、2019年に完成した「プレサンス広島中央」。
こちらも大阪市に本社を置く会社ですね。

 

2つの大きな通りが交わる交差点です。

駅前通りの北の方に目を向けると、建設中の「ヒルトン広島」が目立ちます。

 

ヒルトン広島 新築工事 2021.11(Vol.19)

 

国道2号線。

事業化している、国道2号西広島バイパスの都心延伸区間にあたります。
画像奥から伸びてきた高架橋がこの国泰寺交差点で分岐し、駅前通りの広島駅方面と国道2号東雲方面にそれぞれ降りるランプが設けられます。

 

ドライブ動画 『西広島バイパス』 2020.12 高架橋整備に向け行われるボーリング調査

 

地上18階、高さ約55mの(仮称)サムティ広島市中区国泰寺町一丁目は、2023年12月末の完成予定です。

 

おまけです。交差点向かい側の、
東千田公園および旧広島大学本部跡地を再開発した「hitoto広島」。

 

 

6 comments

  1. なかつ Reply

    サムティは関西で外資系ホテルを相次いで誘致しオープンさせているので今後も拠点にされると期待大。

  2. 名無しさんが接続しました Reply

    尾鍋病院がマンションとは…盛者必衰とはこのことか…

  3. MT Reply

    尾鍋病院の跡地ですね。
    何ができるのかと思っていましたが。

  4. 修司 Reply

    広島城天守閣が耐震問題で2025年度に閉まるようですね。建て替えて人気観光地になったら嬉しい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。