全国の交通ICカードが相互利用へ。PASPY外れる…

すでにテレビ含め色々なメディアで報道されていましたが、
2013年3月23日から、JR各社、関東私鉄・地下鉄、東海、関西、九州地区より発行されているそれぞれのICカードの相互利用が発表されました。
 
自動改札・バス乗降をはじめ自動券売機での利用履歴の他、自販機やコンビニなど電子マネー分野でも相互利用ができるようになります。
 
一覧です。
Kitaca(JR北海道)
PASMO(株式会社パスモ)
Suica/モバイルSuica(JR東日本)
manaca(株式会社名古屋交通開発機構/株式会社エムアイシー)
TOICA(JR東海)
PiTaPa(株式会社スルッとKANSAI) ※
ICOCA(JR西日本)
はやかけん(福岡市交通局)
nimoca(株式会社ニモカ)
SUGOCA(JR九州)

 
※PiTaPaのみ電子マネーの相互利用は対象外です。
 
【ケータイ Watch】:交通ICカードの相互利用は来年3月23日から、電子マネーも
ic-card.jpg
相互利用サービス開始にあわせて発表された新たなシンボルマーク。
(画像は上記サイトより)
 
 
おそらく、”今持っているICカードが全国の公共交通で使えたらいいのに”と思ったことのある方はかなりいるのではないかと思います。
今回の相互利用サービスで例えば広島の人なら
ICOCAを持っていれば東京メトロや福岡市営地下鉄に乗れるようになりますから、ようやく便利になりますね。
 
残念なことを挙げるとすれば、やはり広島圏で広く導入されている「PASPY」が今回の対象に入っていないことですね。。
PASPYは10社のバス会社などで運営されるサービスですが、
ソフトウェアの更新費や各社の意向などなど、色々難しい面がありそうですね。。
 
広島へいらっしゃる観光客が、広島の交通を気軽に利用できるようになるという面もありますから、
将来的にPASPYもこの枠に入ることが出来ればいいですね。

スポンサードリンク


 


この記事をシェアする

11 件のコメント

  1. 匿名 返信

    残念ながらPASPYがこの枠に加わる事は規格上ありません。
    Suica以下相互利用可能となるICカード群もPASPYも、同じサイバネ規格(日本鉄道技術協会が定める)のFeliCaを使っています。
    しかし暗号方式が両者で異なるため、PASPYをJR系で使う事は出来ません。現在ICOCAとの相互利用が一方通行であるのも、これが原因です。

  2. 名無し 返信

    おしい広島県。実家に帰ってもsuicaが使えればよかったのに。

  3. きゆう 返信

    FNNのニュースでは、共通化に参加しない地方の一部ICカードの例としてPASPYが挙げられていました。
    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00237289.html
     
    この中で、PASPYは『システムの改修費が多額で、費用対効果などを考えると、現時点での導入は、いったん見送ることにしたという。』ということになっています。
     
    技術的に完全に無理なら今後も不可能なわけで、このような表現はされないのではないですかね?
    「技術的に無理です。」と言ってしまえばそれで終わりなわけで。
     
    現時点で見送る、という表現になっているということは、費用面で課題が解決されれば今後の相互利用も期待できると考えて良いのではないかと自分は考えます。
     
    ビジネス・観光客が共に多い広島だけに、共通化のメリットは存分に活かせるはずです。PASPY1割引なんか廃止して運賃そのものを見直し、共通化・電子マネー機能の追加や社員証・学生証などへの展開が進むことを切に願います。

  4. きゆう 返信

    上記の記事の内容です。
     
     
    2013年3月から全国10種類の交通系ICカードで相互利用可能に
     
    電車に乗るときなどに使うICカード「Suica」。このような交通系のICカードは、全国にさまざまな種類があり、これまでは限られた地域だけでしか使うことができなかった。しかし、2013年春から、10枚のカードの相互利用が可能になる。
    首都圏では、JR以外の私鉄やバスなどに使えるSuicaだが、大阪や名古屋など、ほかのエリアのほとんどの私鉄やバスには使えなかった。
    ところが、2013年3月から、全国で発行されている10種類の交通系ICカードで、相互利用できるようになることが、18日に発表された。
    相互利用に関する発表会では、「来年の3月23日に、10種類のカード全部で相互利用をする」と発表された。
    相互利用ができるようになるのは、10枚の交通系ICカード。
    2013年3月からは、1枚のカードで、全国の鉄道やバスなどへの乗車が可能になる。
    例えば通常、首都圏などで使うSuicaが、大阪の私鉄やバスにも使えるようになる。
    関西エリアの交通系ICカードを持つ人は「(カードは)これ以上増やしたくない。1枚でどこでも行けるというのが理想」と話した。
    関東エリアの交通系ICカードを持つ人は「出張が多いサラリーマンとかは便利ですよね。1枚でパッと行っちゃった方が楽ですよね」と話した。
    出張が多いサラリーマンにとっては、朗報となる。
    しかし、いまだに、できそうでできないこともある。
    それぞれのカードのエリアをまたいで使うことはできない。
    例えば、JR東日本の東京駅でSuicaを使い、改札を通る。
    東海道線で、Suicaのエリア外となるJR東海の沼津駅まで行くと、そのまま改札を通過することができない。
    これは、システム自体が複雑で膨大なため、変更が難しいという。
    そして、全国の津々浦々、すべての交通系ICカードが、相互利用できるようになるわけではない。
    例えば、広島県で路面電車やバスで利用できる「PASPY」は、今回の相互利用に参加しなかった。
    その理由として、システムの改修費が多額で、費用対効果などを考えると、現時点での導入は、いったん見送ることにしたという。
    一方、コンビニなどでも、相互利用は広がりつつある。
    2013年には、全国で多くの交通系ICカードが使えるようになるという。
    クレジットカードなどにくわしい岩田昭男氏は「地方で出ているたくさんのICカードが、東京でもそのまま使えるので、すごく消費喚起につながるのではないか。全国一律で使えるということだから、大きなうねりが出てくるのでは」と話した。
    全国で8,000万枚もの発行枚数を誇る、交通系ICカード。
    コンビニなどでの利用率も増えているということで、全国規模での相互利用は、その利便性だけではなく、消費行動にも大きな影響を与えるかもしれない。
     
    (12/18 18:47)

  5. syunji 返信

    相互利用が可能になるといっても、関西のバスでICOCA以外が使えるのは大市交と水間鉄道だけで他のは使えません。

  6. のーてんき 返信

    相互利用は確かに便利だけど、1枚ですべて対応可能は反対ですね。
    よく利用する者を犠牲にしてまで、部外者の人の都合にあわせる必要性が感じられないですから。(特にバスは)
     
    交通ICカードの成功例として、コトデンのirucaがあげられますが、
    あのカードは利用すればするほど割引率が高くなる(最大40%)というメリットがあります。
    また、香川大学では、学生証にirucaを組み込み、地元の交通や買い物の利用を促進する努力をしています。
    この背景には、やはり地方の公共交通を使ってほしいという思いがあるからだと思います。
    個人的には、広島も含む規模の小さい都市は、よく使う人に恩恵が受けられる
    ローカル交通ICカードも必要かと思います。
     
    そもそも、大都市圏の交通ICカードが、地方都市で使われて、地方都市の交通会社にメリットはありのでしょうか?
    PASPYが広島県の過疎路線でなかなか普及しなかったことを考えると、
    全国相互利用は、事業者に手間ばっかり増える→収益が伸びない→サービスの悪化につながる
    にならなければいいのですが。

  7. おもっち 返信

    広島電鉄の路面電車で、分厚い財布でタッチする女性が多いですが、異音がして反応したのかしないのか何回もタッチしている光景を度々見受けますが、あれは何故異音が出るのでしょうか?降りるときに“乗車処理されてません”とアナウンスが流れるのはどういうときですか?その乗車処理されてませんと料金不足なのに、そのまま降りられて、逃げる女性客を何度か見てきましたが、対応仕切れてないような感じがします。モラル低下が原因でしょうが、広島電鉄は対応の検討をしているのでしょうか?

  8. きゆう 返信

    のーてんきさんへ
     
    たしかにローカルな施策も大切ですね。少しでも利用を喚起するために必要だと思います。と同時に、広島は出張者・観光客が多いところでもあります。広島に来てくれる人々のための利便性も確保できるように考えると、相互利用は簡単に諦めるべきではないのかもしれません。
     
    相互利用への参加の是非については、今後も検討されることを期待します。

  9. むーばす 返信

    当地の交通系ICカードは琴電の『IruCa』があります。
    フェリカ規格と聞いていたので、ゆくゆくはICOCAなどとの相互利用が
    できるものと思っていました。1)さんが言われている暗号の違いがあるなら
    利用は難しそうです。市役所の職員証や香川大学の学生証などとのコラボ、商店街
    などでの電子マネーもかなり普及しています。
    地域カードとしては役割を果たしていますので、今後は更に電子マネーとして普及を
    させていくのがベターです。IruCaは使用頻度が上がると運賃の割引率が上がるのが
    魅力です。すでにかなりの普及率があるようです。

  10. syunji 返信

    PASPYですが、利用枚数の増加でシステムが追いつかない状況にあったようです。
    ここ暫く動きが無かったのもこういった背景からでしょうか。
    また、2015年現在で発行枚数が130万枚だそうです。
     
    http://jpn.nec.com/case/hiroden/index.html 
    国内ICカードシステム初のベンダースイッチを実現
    安定性・拡張性を強化しサービス拡充につなげる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。