広島大学跡地再開発 hitoto広島 2016.11 (Vol.3) 街開き。複数の施設がオープン!

広島市中区千田町の旧広島大学本部跡地では、「ひろしまの『知の拠点』再生プロジェクト」として
複数の企業グループによる再開発プロジェクトが行われています。

プロジェクトの全体名は「hitoto広島」と名付けられ、今年10月8日には街開きが行われました。

【公式】:hitoto広島|人とまなび、人とあそぶ街を。

最後にきちんと訪れたのは2年前の7月でかなり間が空いてしまいました。

広島市と広島大学は、中区東千田の広島大学本部跡地の再開発に関して、 土地を取得した三菱地所レジデンスを代表とする企業グループの計画を承認し、事業の詳細な実施計画が決定しました。
スポンサードリンク

敷地の南西側、広電日赤病院前電停の方から、公園内に入ります。

201611hitoto-1

左手に、トータテの「広島ガーデンガーデン・サウスタワー」、この道の突き当りが旧理学部1号館です。

 

この右手に、広島大学が運営する人材育成施設、「東千田未来創造センター」が完成しました。

201611hitoto-2

 

201611hitoto-3

 

201611hitoto-4

今年3月に完成したこのセンターは、広島大学の医学部、歯学部、薬学部の1年生が主に講義を受ける場所になります。
今年春から約400人が学ぶ場所となっているようで、移転した95年以来、最大の都心回帰と中国新聞は報じています。

【広島大学】:広島大学東千田未来創生センター
【中国新聞】:都心回帰 学びの拠点 東千田未来創生センター 広島大が竣工式

 

跡地の中央部辺りまで進んできました。

201611hitoto-7

 

201611hitoto-6

右の方から進んできました。広島大学の「東千田未来創造センター」が木々に隠れています。
それに隣接した東側(手前)には、賃貸住宅や交流スペースをもった「ナレッジシェアファーム(仮称)」が現在建設されています。

入れないようになっていますが、看板が掲げられている場所がタワーマンションの建設予定地です。

【三井不動産】:「広島ナレッジシェアパーク」事業実施計画決定

201407hirodai-image
完成イメージ
(上記資料より)

高さ183m、地上53階・塔屋1階
総戸数665戸の超高層マンションです。
完成すれば、シティタワー広島に次ぐ、広島で2番目に高い建物になります。

三菱地所レジデンスが主体となります。
2017年4月に着工し、2020年7月引き渡しされる予定です。

 

さて、北側の「旧理学部1号館」を横目に、東へ進んでいきます。

201611hitoto-8

 

201611hitoto-9

被爆建物であるこの旧理学部1号館は、今年度も有識者らによる保存・活用策が検討されています。
【広島市】:広島大学旧理学部1号館の保存・活用に関する懇談会

いつまた大きな地震が起きるか分かりません。
上の広島市のサイトに有るPDFを見ると内部もかなり劣化が進んでいるようです。
活用次第では新たなコンテンツにもなり得る可能性をもった建物ですので、早めに手を打ってほしいです。

その旧理学部1号館の東隣に突如現れる真新しい空間。

201611hitoto-10

 

201611hitoto-11

 

201611hitoto-18

広島大学跡地を取得した企業グループの一つ、広島トヨペットによる自動車ショールームです。
9月29日にオープンしました。
「CLiP広島」という名称が付けられ、新しい形でカーライフを提案しています。
2階にはレストランもあるようです。

ちなみに北側から眺めた構図です。

201611hitoto-16

先程書いたように、「CLiP広島」は「旧理学部1号館」と間近で隣接しています。

 

201611hitoto-12

 

201611hitoto-17

 

201611hitoto-15

すぐ南側には、中区昭和町から移転した、「翠清会梶川病院」が10月1日に開院しました。

 

同じ並びで、南側に隣接するのはスポーツクラブの「ルネサンス」です。

201611hitoto-13

 

201611hitoto-14

再開発が始まる前は何もなくただ柵がしてあるだけの通りでしたから、かなり雰囲気は変わりました。

さらに、今回撮影はしていませんが、敷地の一番南側には「ケアハウス ラポーレ東千田」が完成し10月1日から入居も始まっています。

しばらく訪れない間にかなりの変貌を遂げていました。
今回の再開発で残るは低層賃貸住宅と、超高層分譲マンションのみという状況です。

201611hitoto-19

この画像の中央にタワーが現れます。

正直なところ、「知の拠点」という荘厳な名称には少し荷が重い施設群かなとは思いますが、
CLIP広島など、それぞれに新しい取り組みも見られますし、空き地のままよりはずっと賑わいの取り戻しに寄与するのかと思います。
広大の医学系の教養課程を行う「東千田未来創造センター」が開業し、以前に比べまとまった学生が広島市の市街地に戻ってきました。(活動しやすくなりました)
相乗効果で、hitoto広島内はもちろん、周辺にも賑わいが広がれば理想的ですね。

 


この記事をシェアする

20 件のコメント

  1. とし 返信

    はじめまして。広島出身ですが就職とともに東日本に転出した者です。いつも遠方より拝見しております。有難うございます。スポーツクラブや自動車ディーラー、病院などの施設群は、「知の拠点には確かに荷が重い」というか、正直言いまして本当に広島の将来を考えて決断されたのか疑問に感じて仕方がありません。広島大学の一部が広島市内に回帰したことは素晴らしいと思います。しかしその他はただのデベロッパーや、コンサルタントなどの利益誘導なのではないかとも思えてしまいます。2016年、広島はカープの優勝やマツダの躍進もあり、独自の道を歩むなど全国的にもクローズアップされました。確かにオンリーワンのすごくいい部分を広島は持っていると思います。しかし札仙広福や大阪・岡山・福岡などの中での広島の立ち位置を踏まえて、長期的視点に立った行政と産業界の協力がなければまさに1地方都市に埋もれてしまうと思います。何年も待ち続けた挙句の決定なのかもしれませんが、もう少し熟慮した内容にはできなかったのかと、もどかしくてなりません。長文放言失礼しました。

  2. タミー 返信

     此処の再開発を手掛ける予定だったアーバンコーポレーション、章栄不動産が相次いで破綻し、地場企業の力量の無さを痛感させられましたね。

     今日では、章栄不動産は再生を果たし、その他の地場デベロッパー企業も順調に成長しているので、他の再開発に期待したいと思います。

     大学本部が去った跡での「知の拠点」づくり自体が無理な課題の様にも思え、例え熱意があったとしても厳しかった様に思え、それらを考えるとむしろ上出来の様にも思えます。

     

  3. 安芸の鯉人 返信

    タミーさんの意見に賛成です。地域の人達は
    現実的な対応を行ったと云う事でしょう!

  4. とし 返信

    皆様ご意見有難うございます。実際に現場で奮闘される方々の事や現地の事情も知らず、発言をしたと反省しています。不快な思いをされた方々がおられるかもしれません。もうしわけありませんてした。どちらにしても、広島が発展し、広島に関わっている方々が健やかに暮らされることを祈ってやみません。
    ただ若さや文化的雰囲気のある街並みは人をひきつけると思います。ぜひ都心部にその様な場が復活してほしいと感じます。生活の都心回帰だけでなく教育・研究も都心回帰をもっとしてくれればと思います。文科系研究機関と理科系研究機関のコラボレーションが新しい発展の原動力になり、広島の都心にそのような物理的な場があることがなにより大切なのではと思います。共に過ごす場があることで出会い、良い刺激となり、お互い相補うことで新たな発展の道筋が見えるのでは。さらには産業分野と、教育・研究分野のコラボレーションの物理的な場も提供されることで企業も教育もモチベーションや業績も上がるし、その様な方々が街で余暇を過ごすことでも、街の雰囲気も変わるのではと思います。「かながわサイエンスパーク」みたいなのに大学が併設されてたら面白くならないですか?無知の分際での妄言、度々失礼しました。

    • 観光客

      もう10年以上前ですが、仕事(技術職)で「かながわサイエンスパーク(KSP)」に入居中のお客さんを何度か訪問しました。ハード/ソフトいろいろな分野のベンチャーっぽい小企業やグループが入っていて、なかなか楽しそうな空間でした。JR南武線の最寄り駅からかなり歩かされましたが、マンション街の中にぽっかりと現れる、かなり広い敷地いっぱいに数棟のビルが立地していた様に記憶しています。現在では珍しくなくなったインキュベーションオフィスの様な感じでしょうか。確かに、広島市もここに同様の施設を建設して、街中立地のソフト開発拠点とかにしていれば、人気が出ていたでしょうね。西風新都地区にソフトパークを作る計画(?)よりもずっと人は集まると思います。

      ここが「知の拠点」としてはやや物足りない再開発になってしまったのは残念でしたね。大学学部のキャンパスを残すには狭過ぎたとは思いますが、2、3枚目の写真の並木道とかとても良い雰囲気なので、できたら文教関係や前述のソフトパークの様な施設だけに制限すべきでしたね。ただ、これは広島市の努力不足というよりは、広島大側の力不足と長期的視野に欠けていた面が大きいのではないかと。この土地は元々広島市が寄付したということですので、無償で返却するか、利用目的を限定して格安で提供して欲しかった。

      戦後多くの大学がキャンパス拡張の必要性から移転しましたが、行動の早かった名古屋大や岡山大は、当時未開の郊外に好立地で広大な敷地を獲得し、今では立派な街中キャンパス・学生街に。やや遅れて、市街地がかなり発展・拡大してしまった後に移転を決定したのは東北大ですが、市街地に隣接する丘陵地の広大なゴルフ場を買収して立派なキャンパスを建設し、最近アジアナンバーワンのキャンパスとかに選ばれています(もし東北大がそこに移っていなかったら、平凡な住宅街に開発されていたでしょう)。しかも、移転前の市街地に残ったキャンパスを「跡地」として売却せずに、付属研究所用のキャンパスと位置付けて再整備。大学の予算規模の違いもあるので単純には比較できませんが、これらの大学移転成功例の共通点は、市街地隣接の広大な敷地にキャンパスを移転させて、大学と都市の両方が発展している点でしょうか。広島大学や九州大学の移転先はもっと熟考して選んで欲しかった。日曜日に漫然とした書き込みで失礼しました。

    • タミー

       この問題は誰もが認識しているので、コメントを拝見すると、色々と広島の街のことを思っての良い事例の情報なので、不快どころか大変感謝しております。

       問題点を抽出するとあらさがしと誤解されたり、その抽出した問題点を心無い者が揶揄したりすることがあるのでそこはお互いに注意しないといけませんね。

  5. 人人 返信

    近くの広電本社一帯も再開発するようですが、
    京都の鉄道博物館のように、路面電車博物館をつくって、
    新たな観光スポットにしてほしいですね。
    広島観光の滞在時間を増やすためにも。

  6. みみずく 返信

    広島大学が千田町から西条(東広島)に完全移転して20年以上経過します。この間に誰もが認めるような魅力的な再開発がなされなかったのは、タミーさんの言われる地場企業の力も含めて、それが街の実力だったとも言えるでしょう。
    今回の計画は高層マンションで約1200人の地域住人増加が見込まることをもって、ひとまず良しとすべきではないでしょうか。
    都心回帰の流れといっても、地方都市ではコンパクトシティの失敗事例も広告されているようですし。

    広島大としては、千田町の跡地について医療系学部の学生に強いている不便解消のための今回の施設以外には利用目的はなかったのでしょうかね。元は施設が各所に分散して不便だったことが、大学紛争とともに移転の理由だったはずなので、やむを得ないことでしょうか。

  7. もみじ 返信

    昨今では大学の郊外移転が見受けられる中で、地場産業がある広島では
    産学連携が多数行われ、産業の集積もそれなりにうまくいってるのではないでしょうか。
    やはり大学生の就職先も含めて受け皿があるというのは大きいと思います。
    優秀な大学生が就職と共に失われるのは、地方都市では以前から言われていることですね。
    結局は神奈川の件もそうですが、都市圏における産業の集積がものをいうと思います。
    まあ千田町は位置的に微妙なところもあり、都心部や駅周辺ならまた違ったでしょうね。
    他の大学跡地の再開発を見る限り、決して見劣りするような内容ではないですしね。
    医学部生や高額マンション住民が増えることで千田町の活気はある程度回復するでしょう。
    最近東京のIT企業の広島への本社機能移転が行われる中、広島の中心は楕円に囲まれた広島駅、
    紙八を中心に研究拠点やコンベンションも含めて集約されていくと思いますので、補完機能としての
    千田町として考えれば妥当なとこだと思いますね。

  8. ももたろ 返信

    広島の方はタワーマンションが嫌いなんですかね。東京大阪にも都心にボコボコタワマン建ってるし、一定層の富裕層の受け皿にもなってると思うんですよね。それにこれだけの大規模なタワマンだと数千人定住人口が増える訳だから、周辺に与える経済効果も馬鹿に出来ません。
    岡山でも広島よりはかなりグレードが低いですけど、マンションがポツポツと計画されますがみんなかなり舞い上がってますよ。
    岡山のような再開発も盛んではない田舎町からしたら、この広大再開発なんて眉唾ものですよ

  9. 瀬戸内 返信

    そういえばルネサンスといえば、皆実町六丁目の建物が解体されてましたね。皆実町の物が移転したという形なんでしょうけど、皆実町の跡地はどうなるんですかね

  10. のーてんき 返信

    瀬戸内さん

    皆実町のルネサンス跡は、コーナンが出来ます

    宇品・舟入のダイキVS宇品・皆実のコーナンの
    闘いになります

  11. すずめ 返信

    タワマンを否定してるのは一部の方だけ
    建築系の関係者曰くシティタワー広島が売れ残ったのはテナントにパ〇ンコ店があるという環境のせいだと聞きました。
    西飛行場がヘリポートに変わってからもう4年ですが、飛行場(空港)廃止に伴って建造物の高さ制限が大幅に緩和されたのも大きいと思います。
    地元民としてはどんどん増えていってほしいですね。

    ダイキは舟入江波のお隣、観音にも出来ますよ。南道路沿いに。結構大きめです

  12. つばめ 返信

    ベスト電器跡地もタワーマンションでいいと思います。グランクロスぐらいの高さの。
    駅前大橋や上柳橋からみると、すごく存在感がでて、目立つでしょう。
    広島駅にもズムスタにも近いので需要は十分あると思います。
    ホームセンターあたりになってしまうのは勘弁してもらいたいです。

  13. かえで 返信

    >ももたろさん
    広島の人は超高層マンションに慣れてる部分はありますね。
    あと超高層マンションを貶す人や、巧妙にコメントしながら
    他地域を上げる、よその人が多いですからねこのブログは。
    まあ管理人さんの懐の深さ?でしょうかね。
    東北大農学部跡地は恵まれた立地であるにも関わらず病院と
    イオンモールだそうで、広島では5街区入札でイオンを排除し
    跡地では超高層マンションとなっていますが、これが
    地場の力ではないでしょうかね。
    5街区にしても跡地にしても地元企業が力を発揮してるし、
    超高層マンションの購買層がいるからこそということです。
    跡地にしても、知の拠点の核として東千田キャンパスや
    知的人材育成センター、理学部1号館、それを支えるエリア
    としての超高層マンションやナレッジシェアファームなど
    立地の不便さから考えると十分な機能と思いますねぇ。
    今後は広島駅や紙屋町、八丁堀が中心となりつつあるので
    千田町周辺の賑わい回復には十分な内容でしょう。
    ちなみにシティタワーは売れ残ってる訳じゃないですけどね。

  14. JUN 返信

    シティタワーにカルビーのラボが開設されたみたいですね。

  15. bob 返信

    かえでさんのおっしゃる通りシティータワーは別に売れ残っているわけじゃ無く元々住友不動産自体が早期完売目指して思いっきりダンピングする様な販社じゃ無いし、そう言った物件では無いってだけの話です。
    高額物件であまりそれをやると先に購入されたお客様に失礼ですし、資産価値の下落を招きます。
    またこの様な販売方針が出来るのは資金的な企業体力のある会社だけです。
    確かに広島では珍しい売り方なので知らなくても仕方無いですが。

  16. 通りすがり 返信

    広大跡地にマンション建設計画のお知らせが設置してありました。
    戸数665 階数地上53階 最高高さ178,96m 軒の高さ178,36m
    着工予定平成29年4月1日 完了予定平成32年8月31日 
    高さに変更があったようですね。

  17. むーばす 返信

    ナレッジシェアパーク計画もいよいよ佳境に入ってきました。
    この計画もリーマンショックなど不況下の中で民間投資が
    冷え切っている経済状況が長い期間続き、計画は難しいのでは
    という紆余曲折を経ての計画決定ですので、やっとここまで
    来たかという思いの方が強いですね。
    ただ広大が移転してからの年数の長さと比べると、もっと早く
    出来なかったものかとも思います。大学が来れば良かったのですが。
    今は理学部の建物の活用を早く決めていただき、パークの核施設と
    して機能する様になればいいですね。博物館が一番理想ですか?
    次に広島を訪れたら是非この場所を訪問したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。