八丁堀・白島通り沿いホテル3棟 建設状況 2017.12 カンデオホテル竣工!

広島市中心部では現在、需要がありながら不足状態だったホテルの建設が加速しています。
中でも中区八丁堀地区では、路面電車白島線が通る白島通りの沿線に以下の3棟別々のホテルが建設中です。
・広島八丁堀NKビル 『カンデオホテルズ広島八丁堀』(183室、2017年2月開業予定)
『ホテルビスタ広島』(228室、2018年夏開業予定)
・(仮称)広島サンケイビル建て替えプロジェクト(2019年春開業予定)

 

前回の状況です。

広島市中心部では現在、需要がありながら不足状態だったホテルの建設が加速しています。 中でも中区八丁堀地区では、路面電車白島線が通る白島通りの沿線に3棟別々のホテルが建設中です。
スポンサードリンク

「広島八丁堀NKビル」は、JR西日本不動産開発とサンケイビルが共同で複合ビル建設するプロジェクトで、
「カンデオホテルズ広島八丁堀」が核テナントとして入居します。

【JR西日本】:広島市中区八丁堀に「広島八丁堀NKビル」開発着手

 

白島通りで建設中の3棟のホテルの中で最も南側の八丁堀交差点に近いこのビルは、
11月末をもち工事が竣工しました。

北側から、全景です。
この通り外観は全て見えるようになりましたね!
14階建て、60mクラスですからやはり他のビルより頭一つ高く存在感を感じます。

中間のフロアのウィンドウの形状が異なっていますが、ここは結婚式場となり、
客室はそれより下の3~9階に設けられます。

 

歩道に面するエントランス付近。

 

 

白島通りに面したエントランス横には、バーと飲食店が1店舗ずつ入居します。

 

改めて見上げてみます。

イメージ図を見て想像していたよりも鮮やかな黄色でした。嫌味のない色だと思います。
街並みが鮮やかになりますね。

ホテルシルクプラザの閉館、解体後、長年駐車場だったこの土地が
新たな歴史を歩み始めます。

 

少し引きで、北側の「(仮称)サンケイビル建て替えプロジェクト」建設地前から。

 

こうしてみるとガラスの面積が思っていたより広いビルになりました。

ホテルは来年、2018年2月9日に開業することが、
オープンした公式ホームページから分かりました。

【公式】:カンデオホテルズ広島八丁堀|2018年2月9日グランドオープン

最上階のガラス張りの部分は宿泊者が利用できる「スカイスパ」、温泉の入口のようです。

 

 

この画像を撮影した地点の目の前、「(仮称)広島サンケイビル建て替えプロジェクト」
ここの写真を撮るのを忘れていました。。
現在は地下部分の工事が行われているようでした。

このプロジェクトに関して見つけた記事がこちら。

【建設通信新聞Digital】:25年度までに10棟/新ブランド「インターゲート」/グランビスタホテル
【日刊建設工業新聞】:サンケイビル/ホテル開発を加速/新ブランド発表、25年度までに10棟整備へ

サンケイビルが株主となる「グランビスタホテル&リゾート」が
新たなホテルブランド「INTERGATE HOTELS(インターゲート・ホテルズ)」を立ち上げ、
2019年春に開業するこの広島のプロジェクトも、同ブランドによる展開になるようです。(ホテルインターゲート広島?)


完成イメージ
(広島市、建築物 計画書等の概要の公表(H29年度受付分)

サンケイビルは、冒頭のカンデオホテルズ広島八丁堀が入る「広島八丁堀NKビル」と合わせ、
ほぼ同時期に2棟のホテル建設に関わっている事になりますね。

 

最後は、地場の不動産デベロッパー「マリモ」との開発により建設される、
「ホテルビスタ広島」

地上部分がかなり建ち上がってきています。
高さ14階、228室のホテルです。

こちらは2018年夏の開業予定となっています。

公式】:(仮称)ホテルビスタ広島(PDF)

 

9 comments

  1. ASSE利用者 Reply

    JRAの向かいにはGAパートナーズによるホテルが建設されますね。交差点の角の店舗を残した、四角形で無い用地なので、完成イメージでは建物も少し変わった形の様に見えました。

  2. のーてんき Reply

    JRAの前のホテル建設地は、14階で約45mになるようです。
    昨日前を通ることがあったので、建築計画の看板で確認しました。

    あと、ボウル国際の場所のホテル建設が白紙になったのと、
    解体が噂されてた国際ホテルは、とりあえず継続になったのは、
    中国新聞が取り上げられてましたね。

    余談ですが、京橋のRウィン(常設屋台群)に、
    5店舗目となる蕎麦屋ができてるんですね。
    全然気がつかなかったです。
    高級店そうな外観で、自分には敷居が高そうですが(笑)

  3. タミー Reply

    ブログ更新お疲れ様です。

    2020年に向けて広島でもホテルの建設ラッシュの様相ですね。

    その他、駅キタ二葉の里「ダイワロワイネットホテル」(ダイワハウ
    ス工業)、中電本社前「くれたけイン広島大手町」(㈱呉竹荘:静岡県浜松市)JR西日本不動産開発2019年12月完成予定14階建、富士見町「広島東署」跡地一帯に外資系ホテル誘致の報道もありましたね。

     広島国際ホテル等を経営する東洋観光グループ(西区)も中区銀山町に142階2019年7月開業を目指す。

  4. タミー Reply

    ブログ更新お疲れさまです。

     その他、

     中電本社前:14階建「くれたけイン広島大手町」(㈱呉竹荘:浜松市)2019.12完成予定

     駅キタ:20階建「ダイワロワイネットホテル」(ダイワハウス工業:大阪市)

     銀山町:14階建(東洋観光グループ:西区)2019.7完成予定

     富士見町「広島東署」跡地一帯への外資系ホテル誘致

    などがある様です。

     2020年東京オリンピックをピークに増え続ける外国人観光客は今後、民泊との競合が激しくなるとみて、東洋観光はビジネス利用の取り込みを図りたいとのコメントもあり各社の思惑も様々な様ですね。

     ポレスターマンションシリーズのマリモ(西区)やソシオマンションシリーズのGAパートナーズ(中区)など広島都市圏でのマンションの建設ラッシュを担ってきた両社のホテル新規参入や広島国際ホテル等を経営してきた東洋観光グループ(西区)の新築等、マンション→マンション・ホテル+商業施設(更には)→マンション・ホテル+商業施設+オフィスへと再開発がなされる建物の用途も急速に広がってきており民間企業による都市開発の勢いを改めて痛感します。

    今後どう展開されるのか非常に楽しみです。

  5. 鯉党α Post authorReply

    皆様へ
    コメントありがとうございます。
    ご指摘いただいていた誤字を修正しました。
    コメントいただいていたのにかなり遅くなり申し訳ありません。

  6. タミー Reply

    明けましておめでとうございます。

    元旦の中国新聞、LEADERS倶楽部特集に気になる情報がありました。

     白神社、NHK放送センターのある鯉城通と平和大通との交差点南西角地にある東亜地所が本社を取り壊し、東京オリンピック2020年春開業を目指して「いちご」(東京都千代田区)と共同でホテルを建設するそうです。

     以前より、あの場所で、あの低い建物(3階建て?)では勿体ないのでどうなんだと気を揉んでいましたが、ホテルと来ましたか!
     既に12月中に中区中町に本社は移転しており、旧本社建物にホテル建設のお知らせが出ていました。
     平和公園にも近く地元デベロッパーの選択としては街づくりに貢献しておりとても良いことだと思い感謝致します。

    今年も色々な動きがありそうですね。

    どうぞ宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。