広島駅北 二葉の里5街区再開発 2018.01(Vol.20) 複合棟にタワークレーン登場!

広島駅周辺の最後の一等地として区画整理された二葉の里地区”5街区”は、
2014年5月、一般競争入札により大和ハウス工業・広島テレビ放送・エネルギア・コミュニケーションズ(以下エネコム)の3社グループが取得しました。
エネコムの「EneWings 広島データセンター」は2016年12月に開業し、
現在は2018年3月の竣工を目指す広島テレビの新本社ビル、
2019年3月の竣工を目指す大和ハウスのオフィス・ホテル・商業の複合棟(地上20階、約91m)が建設中です。
【CBRE】:広島二葉の里プロジェクト_物件概要
二葉の里5街区の続報。ホテル・オフィスの詳細など

広島テレビ新本社ビルには、700平方メートルの無柱空間を2フロア備えた「広島コンベンションホール」が18年6月に開業する予定です。

【公式】:広島コンベンションホール | 学術会議・株主総会・講演会・展示会・イベント・パーティほか

 

前回の状況です。

広島駅周辺の最後の一等地として区画整理された二葉の里地区”5街区”は、 2014年5月、一般競争入札により大和ハウス工業・広島テレビ放送・エネルギア・コミュニケーションズ(以下エ
スポンサードリンク

さて、いつものように広島駅のペデストリアンデッキ中央から、開発中の5街区全体です。

手前の広島テレビ新本社ビルは、先月の時点でほとんどのシートが外され外観はほとんど完成した状態になっています。
その背後で躯体工事が進んでいる大和ハウス工業のホテル・オフィス複合棟「(仮称)広島二葉の里プロジェクト」に、タワークレーンが設置されていました!

 

広島駅側から近づいていきます。まずは広島テレビ新本社の状況を。

連日、設備・内装工事が行われているようで、日が沈んだ後に2階内部の照明が点いている様子も見られるようになりました。

 

低層部のエントランスと「広島コンベンションホール」の様子。

 

エントランスホールはこのようにガラス張りで開放感を演出します。手前はピロティのエントランスになります。
新本社ビルは基礎免震構造ですが、元の地面と地震時に稼働する部分の区別があまり分かりませんね。

 

続いて、タワークレーンが設置された大和ハウス工業の複合棟へ。

 

 

 


完成イメージ(現地看板を撮影)

複合棟は11階までがオフィス、12階以上が「ダイワロイネットホテル」になる予定となっており、構造が大きく異なります。
タワークレーンはフロアクライミング式で、オフィス部分の東側最上部に設置されました。
これからビル中央のホテル部分の構築に入ります。

 

複合棟と広島テレビ新本社ビルの間は、「二葉の里通り」と名付けられ、各種イベント開催などができる憩いの空間になります。

 

 

西側から。

これまで作業ヤードとして使われていた北側でも鉄骨工事が進んできているのが分かります。
ここから見ると、オフィスビルはかなり大きいですね。
事実、オフィス部分の延床面積は約2万平方メートルで、
昨年末八丁堀に完成した「スタートラム広島」が地上16階全てオフィスで延約2万6000平方メートルであることを考えても、”高さはないが横に広い”オフィスであることが分かります。

 

北側から。

 

 

オフィスフロアからホテルに切り替わる12階は、鉄骨が斜めになりスパン長が変わっています。

 

北西側、二葉の里3街区「広島県医師会」付近から撮影しました。

 

先程書きましたが、やはり鉄骨が組み上がってくるとオフィス部分の大きさを実感します。

 

広島テレビ新本社ビルは2018年3月の完成予定
大和ハウス複合ビル(二葉の里プロジェクト)は2019年3月の完成予定です。

 

4 comments

  1. タミー Reply

    取材・レポートお疲れ様です

    大和ハウス工業のホテル・オフィス複合棟にタワークレーン登場ですね!

    >オフィス部分の延床面積は約2万平方メートルで、
    昨年末八丁堀に完成した「スタートラム広島」が地上16階全てオフィスで延約2万6000平方メートルであることを考えても、”高さはないが横に広い”オフィスであることが分かります。

    想像以上に広いオフィス部分となる様ですね。

     トップ(一枚目)の写真左側にイズミ本社、その向かいにある広成建設本社の赤茶色の建物が三枚目、4枚目の左側、西側から撮られた下から6番目の右側にも大きく写っています。

     エネコムビル、広島テレビ本社、このオフィス棟、イズミ本社、広成建設本社(JR西系地方ゼネコン)と並ぶと壮観ですね。JR西日本広島支社を挟んで小規模である光町のオフィス街と一体化し、本格的なオフィス街の形成となりそうです。JR西の広い敷地にあの建物は如何にも勿体ないと思って仕舞います。

     地場自動車部品製造企業最大手のダイキョーニシカワが安芸郡坂町から東広島市に本社移転予定のニュースがありましたね。都心から郊外からと様々なところから槌音が響き、どんな風に街並みが変化していくのか本当に楽しみです。

    レポート楽しみにしています。宜しくお願い致します。

  2. きなこ Reply

    いつも楽しく広島の発展を喜ばしく拝見させております。そして、寒いなか毎回撮影、取材お疲れ様です。
    駅北もだいぶ変わりましたね!
    あまり駅北に関係ないんですが、広島駅再開発にレクト、そしてアウトレットが今春進出ですが広島のもうひとつの顔となる紙屋町八丁堀本通周辺の影響が気になります。パセーラは空き店舗がかなり多くなっており、サンモールもすでに本通にある同じ店舗で埋め合わせしてる感じあり、本通の店舗も店を閉めたり薬局などで埋め合わせしてる感じがあります。日本全国、海外からの観光客も多いので寂れない事を切に願っておりますm(__)m個人的にはあの一体が何より大切であると思ってます。

  3. サンフレッチェ大好き Reply

    きなこさんに同感。シャレオは店種類がミスマッチでしょうね。極論すれば叔父さん達の飲み屋街風的な店が一番需要があるでしょうね。歓楽街から遠ざかると遅い時間帯はちょっと飲みたい時の店がないんですよね。サンモールは再開発で変わるんでしょうが何と言っても球場跡地問題でしょう私は名前からしてサンフレッチェサッカーファンですがスタジアムは中央公園のほうがいいです。球場跡地は国有地、高さ制限とかめんどくさいですよね。あそこは土地を軽く掘り下げ古代ギリシャのように階段状の観客席をつくり一年中クラシックのコンサート、演劇、人気歌手などのコンサートのできる場を作ったらどうでしょう。金もかからないし年中人が集まり賑やになると思う。勿論オープンカフェやビールなどののめるオシャレな場所も川辺側に作れば観光客も喜ぶだろう。

  4. すうさん Reply

    この前トランヴェールにいったときフロア別入居企業一覧の看板を見たのですが
    オフィス部分は三井物産と富士通の関連企業が大部分を占めていました。
    トランヴェール規模のオフィスビルでも大手2社でほぼ埋まるのであれば
    広島でトランヴェールの2~3倍規模のオフィスビルが出てもペイできるのではと思いました。
    でも土地が…可能性としてはJR西・広島支社とサンモールの再開発地くらいでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。