廿日市駅の北側一帯で進む区画整理

今週は廿日市の紹介をしています。
バリアフリー化で生まれ変わった広電廿日市駅
橋上化されるJR廿日市駅 準備工事始まる
 
広電廿日市駅、JR廿日市駅と大まかに南から取り上げてみました。
今回はJR廿日市駅の北側で行われている区画整理の様子を紹介します。
広島県の土地区画整理 ~土地区画整理事業の取り組みについて~】(広島県):地区別事業概要(廿日市市廿日市駅北地区) (PDF, 約400KB)
 
廿日市の東の玄関口として交通結節点機能と十分な生活サービスを導入することを目的とする、
「廿日市駅北土地区画整理事業」が平成12年(2000年)から行われています。
JR廿日市駅の北に広がる約16haが区画整理の対象で、平成32年(2020年)の施行完了を予定しています。
 
 
現地にあった区画整理の概要を示す看板です。
 
201406hatsukaichi_kita-1.jpg
 
看板の中央少し左の辺りにJR廿日市駅を確認できます。
今回は前回紹介した廿日市駅の流れをくみ、廿日市駅を中心にして西側と東側を紹介していきます。
この看板の図を見ながら進めていただくと分かりやすいかと思います。
 
 
区画整理の区域内から見る、廿日市駅の上りホームです。
 
201406hatsukaichi_kita-14.jpg
 
前回紹介し忘れましたが、ホームの外側に生い茂る木々は桜だそうです。
春になると綺麗に咲き並ぶそうですね。
 
廿日市駅跨線橋の辺り。
 
201406hatsukaichi_kita-15.jpg
 
現在の廿日市駅には北口がありません。
2016年度の完成を目指して北口の新設と南北自由通路の建設がちょうど始まりました。
【広畑裕一郎のがむしゃらブログ】:JR廿日市駅橋上化へ(28年度中の供用目指す)
自由通路はこの跨線橋より少し西側に建設されます。ですので自由通路への階段はちょうどこの目の前になりますね。
 
 
自由通路と新しい駅舎の目の前には「北口広場」も新たに整備されます。
 
201406hatsukaichi_kita-16.jpg
 
画像の左側が北口広場になる予定地です。
右側で真っ直ぐ奥に平らな土地が続いているのがお分かりでしょうか。これが廿日市駅北口から東西の新しい都市計画道路「畑口寺田線」に繋がる道路になります。マンホールなどが既に埋設されています。
そしてちょうど真正面の丘の上に建つのが廿日市市立左方小学校です。斜面に植え込みで「左方小」と描かれているのがユニークですね。
 
 
まだこの道は通れませんので、回り道をして将来の廿日市駅への交差点へ移動します。
 
201406hatsukaichi_kita-17.jpg
 
信号機も既に設置してありますが、現在は歩行者用の押しボタン式として稼働していました。
右手に大きな階段があります。左方小学校へ通じる坂道をショートカットするように、この区画整理で整備されたようです。
 
さらにこの交差点には歩道橋も設置されるそうです。
 
201406hatsukaichi_kita-8.jpg
 
工期は今年の10月までとなっています。
北口もできて、区画整理が進んで、左方小学校の児童数もこれから増えてくるのではないでしょうか。
 
 
階段を登ります。ビル5階分位の高さにはなるでしょうか。眺めが良くて区画整理の様子がよく分かります。
 
201406hatsukaichi_kita-10.jpg
 
真正面に廿日市駅です。
南側も新たな道路の整備が行われますが、それでも北と南で全く違う街の印象になりそうです。
 
 
201406hatsukaichi_kita-11.jpg
 
 
 
さて、ここからまずは西側の平良の方に向けて進んでいきます。
 
201406hatsukaichi_kita-9.jpg
 
区域の東西を真っ直ぐに貫くのが先程も少し触れた都市計画道路の「畑口寺田線」です。
広島市佐伯区の八幡から廿日市市の廿日市インター近くまでが指定されています。
最近整備されたばかりの廿日市駅北地区では広い中央分離帯をもった4車線になっており、新しい街に整然とした印象を与えています。
 
この幅の道路がずっと続いている光景は少し感動してしまいました。
 
201406hatsukaichi_kita-12.jpg
 
 
201406hatsukaichi_kita-13.jpg
 
この先のセブンイレブンがある交差点までが「廿日市駅北土地区画整理事業」の区域。
北にすぐ山が迫っているので宅地は少ないです。
 
 
ほとんど紹介になりませんでしたが、続いて廿日市駅北口の東側を進んでいきます。
 
201406hatsukaichi_kita-7.jpg
 
廿日市駅北にできる交差点から200mほど東へ進んだところの交差点です。
やはり幅員が広いです。電線も地中化されているので、これぞニュータウンと言った雰囲気でした。
この辺りの街路の整備はほぼ終わっているようで、新築の住宅もポツポツと建っています。
 
まだまだ進んでいきます。
 
201406hatsukaichi_kita-6.jpg
 
ずっと先には広島工業大学の建物が見えています。低層で横長のビルは最近建てられたばかりの講義棟です。
 
上の画像で見えていたセブンイレブンがある交差点まで進みました。
 
201406hatsukaichi_kita-5.jpg
 
この記事では左奥の廿日市駅北方面からこちら側に向かって進んできています。
画像奥へ北上するのが都市計画道路「左方線」です。
 
一旦、左方線を進み区域の北側から振り返ります。
 
201406hatsukaichi_kita-3.jpg
 
区画の造成は済んでいるものの、分譲はまだほとんど始まっていないようでした。
 
 
交差点へ戻ります。
先程から紹介している「畑口寺田線」はこのまま東の佐伯区方面へ続いていきますが、現状では区画整理区域の東端となる左方川の手前で途切れます。
 
201406hatsukaichi_kita-4.jpg
 
 
その先は広島工業大学の南に通じる道路(バス通り)へと続いていくはずなのですが、先ほどの左方川が流れている関係でかなりの高低差があります。
 
201406hatsukaichi_kita-2.jpg
 
 

大きな地図で見る
 
繋がるにはまだ時間がかかりそうです。
もしかすると直接ここと繋ぐ計画ではないのでしょうか?
 
 
区域が広くてかなり大味な内容になってしまいましたが、一通り紹介してみました。以上です。
こうしてじっくり廿日市駅の周辺を歩くのは初めてでしたが、
駅と駅の南北で一体的に開発が進行し、この先10年で大きく街並みが変わっていくことが実感できた一日でした。
(奇しくもこの状況は広島駅と同じですね)
また大きな変化があった時にでも訪れてみたいと思います。

スポンサードリンク


 

5 comments

  1. 新天馬 Reply

    佐方の方の道は川がありますが、高架になり、食品スーパーのマルショェまで高架をかけるみたいです
    それで、宮島街道に向かう道は広電路線まで地下で通し、桂橋の25m~30m先に接続するそうです!
    桜の木は影響で切られるのがあるそうです。広場にも新しく植える計画があるそうです

  2. 田中 Reply

    記事方面ではありますが・・・
    宮島口の埋め立て工事が始まったらしいです、平成31年の完成で先は長そうですが

  3. 商業マン Reply

    廿日市駅北で廿日市市が土地売却のコンペ開催中ですよ。

  4. N.K Reply

    もうここ4~5年くらい楽しく見させて貰っています。その情報把握と行動力に感服しています。
    さて、今回の廿日市駅周辺再開発に関する記事ですが、11番目の駅北口予定地付近から南西廿日市市体育館方面を真っ直ぐ撮影した画像の道路左側に711が有ります。そして少し下の画像に「上のセブンイレブンが有る交差点までやって来ました。」(※言葉が違いますが)と有り、711店舗が写っています。
     
    私は2009年春まで廿日市市内の会社に勤務していましたが、当時11番目の画像では道路左側の711の向かい側に有った711を時々利用していました。(当時は711の有るT字路で行き止まり)仕事を変わって以降この地を訪れるのは年に数回でしたので、この記事を見て位置関係が判らなくなってしまい、疑問を晴らすために今日現地を走ってみました。
     
    すると判ったのは、今年春までは有った記憶の有る711が閉店し向かい側により広い敷地で開店していたこと。711が駐車場の狭い店舗を移転新築しているのは知っていましたが、あまりに近接地なのでびっくりしました。これで位置関係の疑問が晴れましたが、下の画像に有る711は上の画像では看板が写る移転新築の店舗では無く、1年くらい前から見かける佐伯区寄り川土手近くの店舗ではないでしょうか?
     
    もちろん間違い探しをしたいとかでは無く、内容の理解不足から間違っていたらごめんなさい。それにしても廿日市駅周辺では、駅東側踏切付近のビル一階に711、現駅前通りを2号線に出た付近に711と、その出店意欲は恐れ入ります。空き地が出来ると711・・・ 食傷気味です。
     
    今後とも地元広島の開発ブログを期待しています。

  5. 鯉党α Reply

    テスト>新天馬さん
    情報ありがとうございます!ツイッターの方も読ませていただきました。
    さすが廿日市に住んでおられるだけあって詳しいですね。
    直接あの細い道路に繋がるわけではないのですね。
    食品スーパー付近までが高架の新道となるとかなりの用地買収が必要となりますね。完成するのはまだ先になりそうですね。
     
     
    >田中さん
    埋め立ては始まっていたのですね。多数訪れる観光客の為にも手狭な港湾施設を拡張する重要な整備事業ですよね。
    オリンピックには間に合うようなので事故等無いよう確実に行っていただきたいです。
     
     
    >商業マンさん
    そうなのですね。北口が面する区画でしょうか。
    数年後の廿日市駅北の街並みがどうなるか非常に楽しみです。
     
     
    >N.Kさん
    ありがとうございます。
    11番目の画像(http://ab-hiroshima.com/wp-content/uploads/old/201406hatsukaichi_kita-13.jpg)で左側に写っているセブンイレブンは実はこの時利用しました。
    (暑かったのでお店の前でコーヒーで一服してました(笑))
    その時確かに向かいにもぬけの殻になっている建物がありましたね。
    まだレンガ模様のラッピングが残っていたので、セブンイレブンはこんなに近くに移転したのか?と思っていました。
     
    後ろの文章で、"上の画像で見えていたセブンイレブン"と書いたのは、おっしゃるとおり佐伯区寄りの左方川近くの店舗のことです。
    この画像に対して"上の画像"と書いたつもりでした。。
    http://ab-hiroshima.com/wp-content/uploads/old/201406hatsukaichi_kita-6.jpg
    分かりにくい書き方になってしまい申し訳ありません。。
     
    本当にセブンイレブンの出店攻勢は恐るべしですね。
    私の近所でも徒歩10分で行ける範囲で4つか5つくらいあります…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。