広島がん高精度放射線治療センター合同ビル 2015.12(Vol.8) 完成

201512ken_iryo-2.jpg

 
 
 
広島県による広島がん高精度放射線治療センター「HIPRAC(ハイプラック)」、地域医療総合支援センター合同ビルの状況です。
延床面積は2棟で延約1万2000平方メートル
【広島県】:広島がん高精度放射線治療センター
【公式】:広島がん高精度放射線治療センター HIPRAC[ハイプラック]
 
前回の状況です。
広島がん高精度放射線治療センター合同ビル 2015.09(Vol.7) 来月開業
 
 
建設工事は2013年11月に始められ、約2年の期間を経て今年10月末に竣工しました。
【広島県】:地域医療総合支援センター(仮称)・広島がん高精度放射線治療センター合築施設の建設工事に関する進捗状況について
建設レポートも今回が最後になります。
 
 
201512ken_iryo-6.jpg
 
東側に2階建ての放射線治療センター、西側に7階建てで広島県医師会が入る地域医療総合支援センターの2棟で構成される合同ビルです。
 
 
既にどちらもそれぞれの用途で稼働が始まっています。
 
201512ken_iryo-4.jpg
 
 
201512ken_iryo-5.jpg
 
高精度放射線治療センターは2階建てですが、放射線治療装置は地下1階に設置してあります。
地下にも明るさを取り込むため、このように建物の南側がサンクンガーデンのようになっています。
 
 
地域医療総合支援センター(広島県医師会)ビルの西側はガラス張りになった交流スペースのようなものがあります。
 
201512ken_iryo-3.jpg
 
この日は使われていませんでしたが、セミナー等が開かれることもあるのでしょうか。
 
 
最後に北側から、広島駅方面を振り返ります。
 
201512ken_iryo-1.jpg
 
急激な変化を遂げるこの一帯。
完成した医療合同ビルの北側には、来月にも「広島県医師会」の建設工事が始まります。
 
 
10枚アップロードしました。大きいサイズなのでPC推奨です。
【Flickr】:2015/12 広島がん高精度放射線治療センター合同ビル

スポンサードリンク


 


この記事をシェアする

1 件のコメント

  1. 匿名 返信

    余裕があれば街づくりデータベースも更新してくれたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。