旧市民球場跡地活用、市長の方針が決まる

3月19日に、球場跡地は「緑地」と「文化芸術」機能を組み合わせた活用策となりそうだ、という記事を紹介しましたが、
昨日27日、松井広島市長は
「緑地」、「文化芸術」に加え「水辺」エリアを加えた活用方針を発表しました。
【中国新聞】:市民球場跡地活用方針を発表 (以下転載)

 広島市の松井一実市長は27日、旧市民球場跡地(中区)の活用について、市の跡地委員会が示した三つの機能のうち「文化芸術」と「緑地広場」に、「水辺」を加えた3エリアで構成する方針を発表した。2013年度に基本計画を作り、14年度の事業着手を目指す。サッカースタジアムを柱とする「スポーツ複合型」は外した。スタジアム建設をめぐる官民の協議会で跡地が候補地になれば、建設の是非を再考する。
 
 跡地のうち北側と東側の文化芸術エリアは、市青少年センターの移転を念頭に生涯学習や教育機能を持つ施設整備を検討する。中央には緑地広場を確保。屋根も設ける。財政状況が厳しい中、イベントなどでにぎわい作りの実績を積み、文化芸術施設の整備に成果を反映させる。
 
 本川河岸に近い西側に「水の都ひろしま」を象徴する水辺エリアを設定。飲食店や観光バス駐車場も跡地内に設ける。広島商工会議所ビルの移転も呼び掛ける構えだ。
 
 市は基本計画の作成経費を盛り込んだ補正予算案を6月の市議会定例会に提案。可決されれば施設内容や整備行程、事業費を詰め、絵図面を作る。
 
 サッカー専用スタジアムをめぐっては4月以降に広島県、広島商工会議所などと協議会を設け候補地や規模を検討する。
 
 松井市長は記者会見でスタジアムに関する市の考えを「白紙」と強調。「(市と協議会で)同時並行的に案を考え、具体的なイメージが固まったら比較したい」と、跡地が候補地になれば再び判断する考えを示した。

広島市ホームページでは概要をまとめた活用方策をダウンロードして見ることができるようになっています。
【広島市】:旧市民球場跡地の活用方策について
PDFファイルダウンロード:旧市民球場跡地の活用方策について(4.9MB)
 
kyujou-kinou.jpg
(広島市『旧市民球場跡地の活用方策について』PDFより)
 
率直な感想から書いてみると、肝心なところが先延ばしにされてしまっている(もしくは曖昧に)
 
文化芸術機能は北側のエリアに移転を念頭に置く青少年センター以外は、
>緑地広場エリアにおけるイベントなどのソフト開発を先行させ、その実績を踏まえた上で、段階的に整備を行う。(PDF資料4枚目)
とのことで、このままだと跡地のほとんどのエリアが緑地という状態で、一旦の完成ということになりそうです。
私は前から書いているようにその”イベント”というのは現在の中央公園でやればいいのではないか?恒常的にイベントを開催できる根拠(費用面)は?という疑問を持ち続けていましたが、結局納得いく答えを得ることはできませんでした。。
劇場をはじめ、”ハコ”がないとできないコンテンツもあるわけです。
 
しかし厳しい広島市の財政状況も一応理解しているつもりです。
サッカースタジアムもどうなるか分からない状況の中、
この実質先延ばしの判断を目くじら立てて批判は出来ないのではないかと思います。
 
 
そしてもう一つ取り上げたいのが、西側の水辺エリアの登場ですね。
検討委員会でももちろん議論はされていましたが、今回”機能”の一つとしての位置づけで松井市長が盛り込んだのは少し驚きでした。
「水の都ひろしま」の象徴として考え自体には賛成ですが、
現在川沿いにはこども文化科学館、青少年センター、商工会議所などの施設が並んでおり、実現にはこれらの移転は避けて通れません。
先程も書いた通り、青少年センターは「文化芸術エリア」の北側の方への移転を念頭に置いているようですが、
その他は現時点では何も決まってないようです。
こども文化科学館に至ってはPDF資料6枚目の参考-2(中央公園及び周辺地域を含めた空間づくりのイメージ)の中で、
“区域内にこだわらず、機能移転を検討する。”
と書かれています。
(ファミリープールも同様の記載)
コメントでJUNさんに「年間来場者数はサンフレのビッグアーチと同等ですよ」と教わったので、調べてみると
平成23年度実績で44万5000人の来場があったとのこと。
これを郊外に移転させてしまうなんてことは、間違ってもしてはなりませんね。
青少年センターと同じように、北側の文化施設への統合がなされればいいと思います。
 
 
先ほどの6枚目の参考-2では旧球場跡地を始めとし、中央公園とその周辺も含めた今後の展望が記載されています。
青少年センターは具体的に球場跡地の北側に移転を念頭に置かれているようですし、
これからは中央公園全体での議論へと昇華していきそうですね。というか、中央公園「スポーツゾーン(自由広場)」へのサッカースタジアムを望む私にとっては昇華させるべきだと思います。
そうすると形になるまでの道のりはまだ長いかもしれませんね。
(むしろ球場跡地しか視野に入っていなかったからここまで時間がかかったし市民が混乱したとも言える?)
 
中央公園内に点在する施設で老朽化した物も多いですから建て替えを兼ねて、一つの建物に集約するというのが少し現実的になってきたかと思います。
 
何より来年度2013年度、県や経済界などでサッカースタジアム建設の協議会が設置され本格議論が始まります。
どういう結果になろうと球場跡地活用方策において非常に重要なポイントになります。
4月以降どのように進展するのか、注目して見て行きたいです。
 
 
追伸、PDF6枚目の「市営基町住宅(中層)」についての今後の検討の中で、
“市営基町住宅(中層)を機能廃止する場合には、県営基町住宅を含めて公園区域に編入し、既存の芝生広場や基町環境護岸と一体的な芝生広場として再整備する。”
と書かれていて驚きました。
いったい、この自治体はどれだけ中心部に広大な公園を増やしたいのだろうか…。

スポンサードリンク


 


この記事をシェアする

12 件のコメント

  1. JUN 返信

    こども文化科学館の来場者数のことですが興味深いことが1つ
    実はこの来場者数のお客さんの大半の目的は「プラネタリウム」だそうです
    あれだけの規模のプラネタリウムは中々有りません、小学生の遠足や修学旅行生、子連れの家族などに需要があるみたいです
    後、長楽寺にある交通科学館ですがこちらもあの立地で年間約22万人の来場者だそうです。こちらはスーパーカーや広電の退役電車を展示してファミリー層を呼び込んでいるそうです

  2. ランス 返信

    中央公園にサッカースタジアム建設するのなら、公園が削られる分だけ緑地エリアや公園をつくってもいいですけどね

  3. るりるり 返信

    更新お疲れ様です。
    市長は良い判断をしましたね。
    慌てて箱モノを作ってしまえば、数十年はそのまま手を付けられなくなる。
    広場にしとけば、今後に可能性が残る。
    一等地だからこそ焦る気持ちも分かりますが、市民球場跡地という立地だからこそ、
    ゆっくり考える時間があると思いますし、そうすべきだと思います

  4. ただめ 返信

    更新お疲れ様です。
    中心部に公園を増やすのはいいのですが、それではますます県外からの来客は減ってしまうでしょうね。
    公園に遊具を付けるとか、娯楽性を持たせるならいいと思いますが、ただの芝生広場ならやめるべきでしょう。
    それよりは早急に中心部に娯楽施設を増やす事を考えるべきだと思います。
    県内の人間からまず「広島は遊ぶところがないからつまらない」と言われていますし、
    東京に住んでる時に職場の同僚から「広島って何かあるっけ?」って言われたくらいです。実際、修学旅行の候補地から広島を外す学校が増えてきているみたいですし。
    正直言って、今の広島の行政は「魅力ある街づくり」を本気で考えているのかなと思わされるところもあります・・・。

  5. 名古屋人 返信

    ・科学館移転
    ・基町住宅跡地も芝生広場
    この2点は本当にがっかりです。基町住宅跡地は芝生にするくらいなら、民間に売却してマンションにでもなった方が、よっぽどいいです。
    こんなにも公園を増やしてどんなメリットがあるのでしょう?
    市長や行政の考えてる事は理解できません。

  6. カナデ 返信

    もう街であることを辞めようとしているのか?と言いたくなるぐらい公園ばかり造りますね…。本当に広島市は何がしたいのか理解できません…。同じ県民ながら情けない。個々の跡地活用以前に、中心部全体で最終的にどのような姿にしたいのかの将来像が全く描けていないように思います。
    仮に暫定処置での緑地化にしても、整備費は決してタダではないのですからヘタに税金を投じて何も生み出さない緑地や芝生を整備するのは勘弁してほしいものです。多くの市民は緑地を造るために税金を納めているわけじゃありませんのに…。

  7. fumi 返信

    全然違う話ですが、
    明日の昼12時からRCCで「空から日本を見てみよう+ 広島~宮島」
    が放送されます。
    BSの再放送ですが、まだご覧になったことの無い方は必見だと思います。

  8. Shota 返信

    丹下健三の広島復興計画を踏襲したような感じですね。
    平和公園から北に向けての視線上は高さを抑えて、緑地や庭園、球技場、レクリエーション施設が相応しいと思います。あと、小さな遊園地のようなアミューズメント施設があればいいんですけどね。
     
    都心部だからといって、どうしても建物を建ててやるというのはちょっとおかしい気がします。
    ただの芝生広場だらけにするのもおかしいですが、川沿いを大規模な緑地帯を整備する代わりに、隣接する紙屋町・八丁堀を大々的に高層化すれば、都市中心部のメリハリがついて、環境も良くなるのではと思います。
    中・長期的な問題なのでまだまだこの先動きがあれば、対応して計画も変わってくるんじゃないでしょうか?

  9. tiki 返信

    市は間違った判断を下しましたね。
     
     
    文化芸術でも、賑わいを生む具体的な計画が少しでも見えれば納得できるのですが、将来が不安になる一方です…。わざわざ、行ってみたいと思う魅力が詰まった場所にしないといけないでしょう。
     
    ますます、都心部の空洞化が進みますね。市は駅前に賑わいをシフトし、都心部は平和の為に何も生まれない場所にしたいのでしょう。
     
    それにしても、緑地広場が好きですね…。
    とりあえず緑地広場にして、その後を議論したいのかもしれませんが、旧球場跡地はあれこれ5年が経とうとしてます。今、あの場所から何も生まれていません。可能性を残すことよりも、失っている事実も認識しないといけないと思います。また、一度決めた場所を別の場所にするのは、かえって状況を悪くする一方だと思います。即、英断を下す政治力も必要だと思います。
     
    後、数万人規模のイベントを繰り返し誘致できるものですかね…。イベント代理店に広島市を牛耳られ過ぎだと思います。
     
    広島から離れる決断をしないといけない時が来るかもしれません…。

  10. 匿名 返信

    もう公園はいらない
    中心部に人を呼びたいならサッカースタジアムしかないでしょ
     
    ビッグアーチは僻地過ぎ、遠過ぎ
    中心部にあれば、これまで距離的・時間的に観戦が難しかった人でも来れる

  11. サンフレッチェ大好き 返信

    まあ広島市の発展より広島市職員のほうが大事なんでしょ!!
    大阪市はあれだけ財政赤字でも民間活力で高層ビルは増える一方、広島市は民間活力を
    もっと利用して百万都市にふさわしい町にしてほしい。何で
    大金使って
    原っぱ作るのかわからない

  12. むーばす 返信

    広島には厳密に言えばサッカー専用球技場がないということで、サカスタ計画への賛同の機運が高まった
    ものと理解をしています。それと市民球場跡地利用計画とは本来、別物であり、アンチサッカーファンから
    の反対意見は理解出来ます。
     
    鯉党αさんの言われるように中央公園の芝生広場周辺へのスタジアム建設は、良いアイデアであると思います。
    しかし、サカスタか緑地がいいのかどちら?という議論の展開にはいささか違和感を覚えるものです。
    ぜひ臨場感のあるサッカーをするのに、見るのに適した広島版サカスタは実現して欲しい施設で
    あることに変わりはありません。これはこれで議論を進めていくべきです。
     
    今回の松井市長の方針は充分理解出来るものですし、現実的な案であると思います。
    まずは老朽化の進む青少年センター、そしてついでにこども科学館といった似た性格の施設(これに市立図書館
    も入るのでしょうか)をスクラップアンドビルドして、現代のニーズや今後10年、20年先を見据えた機能を持った施設へと変革をする場所としては、球場跡地は最適です。
     
    その真ん中にはシカゴのミレニアムパーク的な屋根を持ったイベントが出来る緑地空間、
    そしてこれは絶対実現して欲しいのは商議所やPL教会の移転を念頭においた水辺空間の創出です。
    平和大橋たもとの水辺を活かした整備計画が頓挫してしまったので、その替わりになるこの計画は
    きっと素晴らしい空間が誕生するのではとワクワクします。
     
    どれも資金の掛かることですから、全体像をしっかり決めたら、あとは毎年少しずつ整備を進めていくことが
    モアベターな選択ではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。