複数企業が注目。二葉の里5街区の企画提案が明日締め切り

今朝の中国新聞です。
企画内容と入札価格による2段階一般競争入札で売却が予定されている広島駅北口の二葉の里地区「5街区」について、
現時点で複数の企業から中国財務局に対し問い合わせがあることが分かりました。
5街区はまちづくりの指針として業務機能及び教育・人材育成機能を主体とした提案が受け付けられており、
事業者による企画提案は明日、2月28日が締め切りとなっています。
 
【中国新聞】:「5街区」に企業熱視線
20140227futabanosato_chugoku-np.jpg
(2014年2月27日付 中国新聞朝刊紙面より)
 
 
201307futabanosato-4.jpg
売却される5街区国有地(2013年7月撮影)
 
 
“企業熱視線”というワードが響きますね(笑)
 
補足しておきますと、5街区は広島駅に最も近い好立地で広島の玄関口にふさわしいまちづくりを行うため、中国財務局は今回の企画提案においては以下の様な条件を提示しています。

(1)広島の陸の玄関にふさわしいまちづくり
(2)都市計画法上の地区計画で定められた業務機能、教育・人材育成機能を主体機能として誘導
(3)まちづくりを主導する立場にある広島市の意見反映
(4)民間開発誘導の観点から経済界の意見を反映

【建設通信新聞】:中国財務局/二葉の里5街区の二段階入札公示/2月28日まで受付
 
以前この記事で触れたものです。
5街区の入札公示で4条件明らかに。北口特集でデッキイメージ図など。
 
広島市、特に松井市長は1月の会見で、「紙屋町と八丁堀は商業の中心、広島駅周辺は広域的なビジネスの拠点に」という意向を語っています。
広島経済同友会も5街区にはオフィスやコンベンションを含む提言を行なっていますし、
一定の規模のオフィスが盛り込まれた提案になりそうです。
 
 
これは余談ですが、このような流れに待ったをかけるように、
先日広島電鉄は日本生命と共同で行う八丁堀への大規模オフィスビル建設計画を発表しました。
相生通りに大規模オフィスビル! 広島八丁堀共同プロジェクトが始動
 
オフィスの過剰供給も無視できないことだと思います。
無論、個人的にもスクラップアンドビルドは応援したいのですがね。
ただ老朽化したオフィスビルはまだありますし、企業誘致や広島が中国(四国)地方の中心であることを考えると
このような好立地への一定の規模のオフィスビルは建設すべきだと思います。
 
 
以前も書きましたが、いっその事現在旧球場跡地にある商工会議所をオフィスビル内のフロアの一部に入れるという手もあるのではないかと思います。
入居テナントの確保もできて、民間主導のため建設費も浮いて、跡地問題も進展する。いいことづくめです。
楽観的で勝手な意見だとは思いますけどね(笑)
 
 
その上で、これも以前から書いていることですが、
低層階(JR所有地含む)に商業・コンベンション施設、
中層~高層階にオフィス、
そして最上階には一般の人がぶらりと立ち寄れる展望施設

このような施設ができたらいいなと思います。
 
Cブロックの記事のコメントで、
「結局高層マンションだと、大多数の人はただ下から眺めるだけである」というご意見をいただきました。
本当におっしゃるとおりだと思います。
特に広島にはそういった、気軽に入場できる展望スペースをもった高層ビルがありません。
多くの観光客が訪れる都市にそういった施設がないのは実にもったいないと思います。
どうか是非ここ二葉の里で実現してほしいと思いますね。ここしかないです。
 
ただ、CブロックやBブロックは四半世紀以上も難航を極めた再開発でしたので、もう仕方ないものと思っています。
商業施設についても本来駅前なら計画されるような規模ではなくもっと大きなものがあったら…と確かに思う時もありますが、何度も計画されては立ち消えを繰り返して今に至ってますからね。。都市の規模やあり方を考えても致し方ないと思います。
 
 
 
駅北口もこれから大きく変わります。
イケア・ジャパンの出店で広島駅からの人の流れも丸っきり変わることでしょうから、今後の進展が楽しみです。
5街区東側のJR西日本所有地と連携して再開発をするのか否かというところにも注目しておきたいですね。
 
5月には売却先の事業者が決定する予定です。
 
 
【URBAN HIROSHIMA 街づくりデータベース】:二葉の里土地区画整理事業

スポンサードリンク


 


この記事をシェアする

7 件のコメント

  1. syunji 返信

    Aブロックの核テナント候補が福屋、そごう、三越。
    Bブロックは、西武、東急、丸井、ニチイでした。

  2. タミー 返信

    私も、商工会議所の移転先として、ここがベストだと思います。
    マツダなどの広島商工会議所の有力企業による共同出資にて高層オフィスビルを建設して、鯉党α様が仰るように数フロアに広島商工会議所が入居する事が実現すれば理想的だと思います。
    しかしながら、現在の会頭は広島ガスの方で、広島ガスは広島電鉄と同根で未だに社会保険が同一の会社なので、東急ハンズ隣の八丁堀でのオフィスビル建設を発表し「街(まち)」に拘っている広電の方向性から判断すると実現は、かなり厳しいように思ってしまいます。
     
    紙屋町のトランヴェールは三井と、今度のは日生との共同で、広島電鉄は何をするにしても大手中央資本との結びつきがやたらと多く、イズミが商工会議所のメンバーではありながら、商工会議所と少し距離を置いている印象を受けることと無関係ではないように見えてしまいます。
     
    第2バスセンターの件についても、広電は積極的だとは言えないように思います。
     
    商工会議所の移転は無理だとしても、ステイタスとして相生通りに拘る老舗、名門企業を自負する広電などとは方向性の異なる地場優良企業の共同出資により高層オフィスビルを計画して頂きたいと願っています。

  3. タミー 返信

    広島都市圏に於ける中心業務地区(CBD)は現状が続けば、現在のCBDである鯉城通りと再開発事業が進んでいる広島駅周辺から山陽本線とアストラムラインとが交差・乗り換えが可能になる白島新駅、更に横川駅周辺までの山陽本線沿線へと変則的なT字型に変貌するものと思っています。
    広島電鉄の「駅(えき)」と「街(まち)」とのアクセス改善への頑張り次第では、相生通りがかつての典型的なCBDではなく、繁華街とオフィス街との混在地域として再生することも可能なのではないかと思うようになりました。
    様々な方々の意見を拝見すると、都心に都市機能を集中させることにより、効率的な動きが可能になり街が活性化するという考え方が圧倒的に多いように思います。しかし、広島に於いては「街(まち)」と外部へのアクセス機能が極めて貧弱な為、現状のままで都心に都市機能を集中させることは逆効果であると言わざるを得ません。
    欲張りな考え方だとは思いますが、現状進んでいる山陽本線沿線にある多数の優良及び新興地場企業が今後より成長発展することを前提条件として、山陽本線沿線でのビジネス街の形成を主流としながらも、広電を中心とした老舗・名門企業や中央資本による相生通りの活性化を同時進行させれば、広島都市圏のボリュームアップに必ず繋がるものと期待しています。
     
    老舗・名門企業が主流である広島商工会議所ですが、山陽本線沿線に多数成長・発展している地場優良・新興企業を育てるにあたり、広島修道大学の設立など、若い人材の育成、それらを支えている地場中小零細企業への支援に並々ならぬ努力を払われた広島商工会議所の貢献が絶大だと思っています。
    広島が得意である「育成型」の街づくりをする為には、郊外型の営業展開で成長している企業が多い山陽本線沿線に都市機能を整備させながら「郊外型」を主力としながらも「都心型」についても同時進行させてそれぞれを補完し合うようになれば理想的だと思います。
     
    「育成型」の街づくりをすれば共感する人々が集まり街が進化を続けるものと確信しています。
     
    しかしある程度はピンポイントの補強も必要であることを昨日3連覇へ視界良好のスタートを切ったサンフレッチェ広島に教えられた気がしました。
     
    長々と駄文、大変失礼しました。

  4. むーばす 返信

    個人的にhこの場所に、計画が中断しているメッセコンベンション施設を作って
    欲しいのですが。JR西日本の土地を一体的に開発するのと、ここだけで単独開発
    するのでは、考えられるものが大きく異なるのですが、コンペの要件ではその
    あたりが、どうもはっきりしませんね。
    こちらのコンペで提案された内容が、その後のJRの意向で大きく変わって
    しまわないのか、はたまた一緒の開発が出来なくて、結果、こじんまりまとまって
    しまわないのか、気になるところです。

  5. 市民F 返信

    北九州市門司区にあるレトロハイマートのように、一般人も上がれる展望台のある高層マンションが広島にも建って欲しいです。

  6. 星党 返信

    経済、文化、娯楽が集まる所が都会であって、都会の顔である駅前がマンションでは田舎だと思います。

  7. タミー 返信

    3月1日付朝日新聞の経済面に「マツダ、独り立ちへの旅」として、「海外独自工場27年ぶり メキシコ」としてマツダのメキシコ工場稼働の話題が掲載されていました。
    広島県内の部品メーカー5社がメキシコに進出して3工場を建設した。その一つが、同じ分野でライバルだったデルタ工業(広島県府中町)と東洋シート(広島県海田町)がマツダと共同出資したアキシートの工場だ。中略 「他社との取引は考えておらす、マツダの工場の稼働率がじかに影響する。」いわばマツダとの「運命共同体」だが、ライバルと手を組んだのには、1社あたりの投資リスクを和らげる意味もある。云々とあります。
     
    良くも悪くも広島はマツダの企業城下町であることは間違いありません。
    マツダの今年4年ぶりの復配も確定的で、3月期純利益1千1百億円超見込みとの情報もあり、更にメキシコ工場稼働も順調との情報で、いよいよ待ちに待った離陸という印象を強く持ちます。 ブランチ(支店)経済からヘッドオフィス(本社・本店)経済へと脱皮がいよいよ本格化することを考えると非常に興奮してしまいます。
     
    三大都市圏と、その間にある静岡県以外で本格化なヘッドオフィス経済は広島が初めてだと思います。
    地方の時代の先駆者として、時代を切り開いて頂きたいと願っています。
     
    再開発、街づくりによる雇用拡大とも重なり、広島の独自路線の効果がこれからはっきりと数値に現れてくると確信しています。
     
    ヘッドオフィスは雇用を含めた企業の営業活動の最高意思決定機関であり、全社から売上を吸い上げて、その中から仕入れ代金を支払う先である納入業者を選定する決定権を有しています。
     
    だから、広島都市圏以外の納入業者は広島にオフィスを構える必要が生じ、オフィス街の形成へと繋がるものだと考えています。
     
    それに加えて、高速道路の利用により中国地方各地を統括する機能をも付帯させれば広島にオフィス構える合理性が増すものと考えます。 広島駅からは高速5号線で広島東インターへ、白島新駅からは祇園新道で広島インターへ、横川駅からは、高速4号線で五日市インターへが便利であることも見逃せないと思います。
    その為にも、高速5号線の早期完成と高速4号線の山陽及び広島自動車道との直結が急がれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。