新広島ビルディング 建て替え工事 2019.01(Vol.6) 特殊な(?)西側の躯体構造

相生通り沿いの広島市中区幟町で、交差点を挟んで広島三越の向かいに立つ「新広島ビルディング」の建て替え工事が始まっています。
既存ビルの解体後、三菱地所が高さ59.9m、地上14階、延11,500平方メートルのオフィスビルを新築します。
完成は2019年10月の予定で、名称は従来からの「新広島ビルディング」が新しいビルにも引き継がれる予定です。

【三菱地所】:「新広島ビルディング建替計画」着工-広島市中心部の好立地に高機能・環境配慮型オフィスビルを建設- (PDF 559KB)


完成イメージ
(上記公式資料より)

 

前回の状況です。

相生通り沿いの広島市中区幟町で、交差点を挟んで広島三越の向かいに立つ「新広島ビルディング」の建て替え工事が始まっています。 既存ビルの解体後、三菱地所が高さ59.9m、地上14階

Sponsored Link

八丁堀交差点からです。

中央に建設中の「新広島ビルディング」が見えています。
左手のガラスカーテンウォールのオフィスビルは、同じく三菱地所が建設した「広島鉄砲町ビルディング」です。

 

相生通りから近づいていきます。

 

【新広島ビルディング建替計画】
高さ59.9m、地上14階
敷地面積:1,090.35平方メートル
建築面積:970平方メートル
延床面積:11,500平方メートル
着工予定:2017年12月1日
竣工予定:2019年10月31日

前回11月の更新の際に、タワークレーンが設置されたことをお伝えしましたが、
鉄骨建方工事の進捗は早く、すでにここまで高さを増しています。

 

東側の歩道橋から。

 

前回までは「賀茂鶴オアシス」のある駐車場が見えていましたが、あっという間に見えなくなりました。
隣(手前側)には、建設中の「ネストホテル広島八丁堀」。
これが45m程度なので、60mの「新広島ビルディング」はまだ1.5倍位高くなります。

 

「ネストホテル広島八丁堀」のエントランスなど。

126室のビジネスホテル「ネストホテル広島八丁堀」は、2019年5月の開業予定です。

 

今度は北側に周りました。

 

ナンダコレハ!?
建物西面の低層部分(1~3階まで)の柱が、敷地内側に入り込むように斜めになっているではありませんか。

 

近くで見るとよくわかります。

プレスリリースの完成イメージ図からは認識できなかった構造で、こんなビルは広島では初めて見ました。
これは建ぺい率の関係でこうしているのでしょうか?外壁はどうなる?
2階部分を見る限り、斜めの鉄骨の外側にカンチレバーのようにフロアの鉄骨が張り出しているので、
そこまではオフィススペースになるのでしょうか。

今後どのように処理されるのか楽しみにしたいです。

新しい「新広島ビルディング」は2019年10月の竣工予定です。

Sponsored Link

20 comments

  1. ポン太 Reply

    新広島ビルディング楽しみですね!相生通り沿いはまさに広島の都心と呼ぶにふさわしいエリアなので、どんどん開発していってほしいです!
    個人的に気になるのは紙屋町交差点付近を歩いているとトランヴェールビル向かい側の合人社のビルが古臭いなぁといつも感じてしまいます。割と築年数経ってるんじゃないかなぁ思うのですがどう思われますか?

    • まさし

      その通りですね。かなり前に一度リニューアルして外観はそれなりに綺麗に見えますが、ビル自体は低層でかなり古いと思われます。この合人社ビルと興銀ビルが一新されれば紙屋町交差点も真に広島の都心としての風格が出ると思います。

  2. TOM Reply

    外観が好きなビルなんで楽しみです!
    この徐々に壁面が出来ていく感じがビルファンとしては堪らないです(笑)
    ところで1月25日でアップルストア仙台が閉店みたいですね。
    いよいよ広島にも来るかと楽しみにしていたのですが、この流れだと日本での地方への新規店舗はなさそうな雰囲気。中国のHUAWEIが好調でアップルも苦戦してますし仕方ないのでしょうか?

  3. サンフレッチェ大好き Reply

    世界の東京と比較するのは愚かな事と思いますが驚く程の新陳代謝の激しい建設ラッシュですよね行く度に都会の風景が変わります。反して我愛する広島ですが、さすがに三越福屋辺りの昭和の風景は勘弁してもらいたいと思います数多くの再開発計画がある市内ではありますが駅周辺が一気に変わったようにメインの紙屋町八丁堀のスピード感ある再開発を期待します。

  4. 広島県人 Reply

    広島に需要があるならどんどんオフィスビルも建ってくれればいいのですけど、駅前の再開発ビルがオフィスではなくマンション主体だったことに違和感を覚えています。
    他の地方中枢都市では中心駅前にマンションなんて有り得ないことですよね。
    正直言って、広島にそこまでのオフィス需要はないのではないかと。
    ホテルについても、オリンピックが終われば需要も段々なくなってくると思いますし、「ビルのハリボテ化」を避ける為に目先のことだけではなく数十年後のことも意識した再開発が必要になるのではないかと思います。

  5. むーばす Reply

    福岡市では“天神ビッグバン”の博多駅版の“博多コネクティッド”
    をこれから進めるとの報道が正月明けにありました。
    建て替え目標を明確にして、それに呼応する民間の計画には
    最大限のオマケを上乗せ。天神でも交差点角の西鉄本社ビルが
    いよいよ建て替えられる事に決まった様です。地上19階建で
    延べ床面積約10万平米というとてつもない大きさです。

    博多駅周辺は山陽新幹線の博多開業に合わせてくかくが整備
    され、建築が進んだビル群がそろそろ耐用年数を迎えるから
    だそうです。
    博多駅前で印象的な黒川紀章設計の旧福岡相互銀行本店ビルも
    完成したのは、1971年だそうでえっという驚きしかありません。

    既に空き地が無いほどビッシリと建てられている周辺の大型
    ビルですが、見た目にもまだ古さを全然感じさせません。
    しかし福岡市がこうして掛け声をかける役目をしながら、
    これから最新のインテリジェントビルに建て替えていこうと
    する取り組みにはもはや凄みすら感じます。

    広島はそれからいくと二周遅れくらいになるのかもしれない
    ですが、ぜひ都心の老朽ビルの合築と高層化を進めて欲しい。
    今が絶好の機会だと思います。広島市ももっと民間を鼓舞して、
    こちらの新広島ビル位の規模があと3、4本建ち並ぶだけで、
    相生通りの街並みは一新される事でしょう!

  6. 東京 Reply

    本当に東京は凄い勢いで新しい開発が進みますね。
    でも、住んでいるとそれらはどれも同じような感じで意外とすぐ飽きられてしまうことも多いようですよ。
    都市には、新しいものと古いものが混在して多様性があり、それが少しずつ変化していく方が面白いと思いますが、どうでしょうか?
    今、歴史があって、趣があって、魅力的と言われる人気の街は、そこに至る過程ではきっと”古くて汚らしい、壊してしまえ!”と言われた時期もあったかと思います。
    それをどのように残していくのか、壊して再開発するのか、できるだけ長期的な視点を持って考えていければいいなあと個人的には思っています。

  7. ひろやん Reply

    八丁堀交差点の天満屋ビル建て替え来ましたね!
    どうせなら三越と一体で再開発してほしいが、流石にそれは無理かな(笑)

  8. サンフレッチェ大好き Reply

    連投すいません。愛する広島が都市間競争に打ち勝ち若者が誇りをもって広島で生きて行きたいと思える街になって貰いたいそれだけですよ。衰退する広島は見たくありませんね東京のような余裕はありませんよ。

  9. のーてんき Reply

    八丁堀天満屋ビルの建てかえの話がでてきましたね。
    まあ、すぐに話がまとまるとは到底思えませんが、
    ここは中国新聞が所有している三越のビルとあわせた一体的な再開発ができれば、
    三越にとっても天満屋にとっても(+中国新聞にとっても)、
    メリットは大きいとは思います。

    確か、天満屋と伊勢丹は近しい関係だったと記憶してるので、
    話をまとめやすいと思うのですが。
    さてさて、どうなることやら。

  10. デベロッパー Reply

    確かに八丁堀付近は大きなビルと小さな雑居ビルが入り混じって、昭和の
    雰囲気を醸し出しています。今はスクラップ&ビルドで少しずつ変化しつつ
    ありますよね。東京さんが言われているように、少しずつ変化していく方が私も
    面白いと思います。「広島らしさ」のメリットとデメリットと捉えています。
    都市間競争より、これぞ「広島らしさ」を上手に表現して発展していけば…と、
    個人的に思っております。

  11. ちょいと Reply

    三越は、南側アーケード部分含めて開発されたら御の字でしょう。これで、ドンキホーテも建て替え方向になるかもしれない。

  12. 寿人アレ Reply

    新旧が混在してるから都市の厚みが出るんじゃないですか??

    東京だって高層ビル街から少し中に入ると雑居ビルだらけですよ。日本の都市なんてどこもそんなもんです。

    • まさし

      仰る通りなんですが、それが成立するのは圧倒的な高層ビル群や、圧倒的な都会があってこそ対照的な古い町も味わいを出すのに役立つわけです。広島はまだまだ圧倒的なビル群がない。どちらかと言えば圧倒的な古臭いビル群なんですよ。

    • FK

      歴史を感じさせるような古い建物あるいは古い町並みそのものに魅力があるのであって、新しさとの対比は自然に生じたらそれはそれでよし、とくに無理して生み出すものではない。ましてや、圧倒的な高層ビル群だの圧倒的な都会だのはまったく必要ないでしょう。そもそも広島ではそんなの到底無理。薄っぺらな東京かぶれでしかない。
      広島ではこじんまりとした再開発エリアなりこざっぱりした建物が要所要所にあれば十分でしょう。
      地方都市がするべきことは大規模再開発よりも古いものをブラッシュアップして大切にすることですよ、むしろ。

  13. 伊達 Reply

    街のランドマーク的な存在の百貨店そごう、天満屋ビルが立て替えになるとかなり街の顔が新鮮になりますね。
    建て替えるとおそらく50年以上はそこにあると思うので斬新かつ圧倒的なボリュームを期待してしまいます。

  14. 広島県人 Reply

    天満屋もビルの建て替えを検討するということで、再開発の機運がかなり高まっていることを実感しますね。
    これも都市再生整備地域に指定されたからなのでしょうかね。

    この地区は他にも、老朽化したビルが多いようなので各所で建て替えも活発になり、どんどん街が新しくなっていきそうです。

  15. キノコ Reply

    天満屋建て替え、テナントとの調整とありますが、
    広島駅前のビッグフロントの某パチンコ店の様に、
    「半分解体して、新しく建築し、半分完成したら、もう半分を立て替える」
    というやり方も考えているのかもしれませんね。
    ヤマダ電機が仮店舗を設ける最適な大きさの空きテナントが
    今のところないので、このように考えているのでしょう。

    ところで、エディオン本館は今年の夏に完成予定ですが、
    サンモール1階の仮店舗は広めです。
    本店ビルが完成すれば、そこに戻るでしょうから、
    サンモール1階は、空きスペースが目立つ状態になってしまうでしょう。
    その頃にはサンモール建て替えの詳しい概要が発表されるんでしょうか。

  16. はまっこ Reply

    紙八再開発計画には、わくわくしますね。天満屋と三越のビルは、是非一体化した建て替えを期待します。小生が通った流川幼稚園の教会の跡地辺りが新広島ビルなのかな?!隔世の感があります。何事にも積極的な福岡は、羨ましいですが、広島もカープとサンフレッチェの二大プロスポーツという誇れるコンテンツがあるので、それを活かして欲しいです。中心部には、ビルだけでなく素晴らしいサッカースタジアムが出来ることを祈っています。

  17. 神楽坂 Reply

    天満屋建て替えは、嬉しいニュースですが、やはり三越前の賀茂鶴の噴水から右隣3棟のビル一帯が再開発されないかと期待してしまいます。
    あと、福屋も中央通り側の壁面がレンガ調だったら良かったのになと。
    歴史を感じさせる風格もあるので、是非とも神戸大丸のようにオシャレになって欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。