広島開催の都市緑化フェア『はなのわ2020』が開催中

新型コロナウイルス感染拡大の影響が続いています。
このブログでは三密を避けた最小限の取材に加え、
過去の未公開ストックを引っ張り出して活用して、コロナ収束後にゆっくりと訪れたいスポットを今後紹介していきます。

今回は、現在広島県内で開催されている全国都市緑化フェア「ひろしま はなのわ2020」です。
毎年全国どこかの都市で持ち回りで行われている催し物で、2年前の2018年に山口県で開かれていたのも記憶に新しいですね。

今年2020年の舞台は広島で、3月19日に開幕したのですが、
ご存知の通り新型コロナウイルスの感染が全国で広がった影響で、すっかりそれどころではなくなってしまいました。

とはいえ、広島では97年以来22年ぶりの開催かつ、
メイン会場がイベント広場整備を控える旧広島市民球場跡地ということもあり、
感染対策を万全にして行ってみました。

(4月4日に来場していましたが、その後発令された緊急事態宣言を受け、外出を促してしまう可能性があることを考慮し、このタイミングでの更新となりました。ご了承ください。)

 

Sponsored Link

 

メイン会場の旧広島市民球場跡地は5月24日までの開催

【公式】:ひろしま はなのわ 2020|第37回全国都市緑化ひろしまフェア

今回の広島での開催は、3月19日~11月23日までの250日間となっており、
これまでの都市が50日程度が多かったことを考えると異例の長さで開催されます。

ただし、メイン会場となっている旧広島市民球場跡地での開催は、3月19日~5月24日(日)までで、
残りの期間は、県内複数箇所の「協賛会場」のみの開催に移行します。

これほど多数の会場で分散開催するのも、過去のフェアでは例を見ない開催となっています。


(上記公式HPより)

 

ということで、マチナカの旧広島市民球場跡地での開催期間はあと1週間しかないんです!
相生通りから入場します。

 

入場すると「HANANOWA」の大きな花文字が迎えてくれます。
入場の際には、係員の方から手にアルコールをかけてくれます。来場の際はマスクはもちろん、できれば少人数で感染対策に万全を期しましょう。

ちなみに入場は無料です。入場無料です。(大事なことなので2度・・・)

 

場内は、いつもの砂利が基本のルートになりますが、一部ではこのように天然の芝が敷設されています。

左手にステージがあり、本来ならここで座っていろいろなイベントを楽しんだりグルメに舌鼓ができたりするはずでした。

 

跡地中央は、広島ゆかりのオブジェなどがあるエリア。

 

 

宮島の鳥居は外せませんね。
鳥居のすぐ横にはなんと、旧市民球場時代の同じ位置にピッチャーマウンドとプレートが再現されています。
改めて見ると、「こんな街なかでプロの選手がプレーしていたのか」と。

正式にイベント広場として整備された時にも、こうした痕跡はぜひ残しておいてもらいたいですね。

 

地域と歴史を知るエリア

広島エリアの隣には、広島県内の全ての市町村が箱庭を出展。

 

 

載せきれないので一部だけです。(撮りきれてもいない。)
それぞれの個性が表れてますね。福山はもっと「バラ推し」かと思ったら、意外とまとまったものに。

 

そのまた隣には、県を飛び越え全国の政令指定都市による展示が行われています。

次回の開催都市である熊本市。

 

 

例によって全てではありません。
こちらも個性があって面白かったですね。プレートを見ずに、展示だけで「これはどこかな?」と予想すると面白いです。

 

跡地の最も西側です。

 

ちょうど、平和公園と原爆ドームから伸びる「平和の軸線」の延長に設けられたこちらには、
広島の原爆投下から現在に至るまでの歩みが年表の形式でパネルで展示されています。

歴史には当然「カープ」が何度も出てきており、カープの歴史は広島の歴史だなと。
北の現代に進めば進むほど、振り返ると原爆ドームの姿がよく見えてくるのはよく考えたものです。
時代が進んでも過去を振り返ることは大切です。

 

こちらは球場跡地を外れたさらに北側の「ハノーバー庭園」周辺。
県内のいくつもの園芸・ガーデニング関連の業者が、こうして箱庭を出展しています。

全ては載せきれませんが、ライフスタイルに関するいろいろなアイデアが提案されておりこれも面白かったです。

何より、入場無料ですからね。入場無料を支えているのは主催者の広島県及び各種自治体、
それから大小様々な協賛企業の方々です。

今回のコロナ渦により来場者は少なく、企画段階からすると全く想定外の状況になっています。

だからこそ、メイン会場の開催期間中に少しでも知っていただくために、今回の更新となりました。

 

旧広島大学本部跡地での開催は、5月24日(日)までです。

ご来場の際は、マスクの着用、三密を避けるなど、感染対策は万全にして起こしください。

Sponsored Link

5 comments

  1. TA☆KA Reply

    本当に綺麗で、いろいろな展示の花の美しさに癒されますね。いつも精力的に記事を書いて下さり、頭が下がります。広島の再開発に関する数少ない貴重な情報源です。県内人口最大集積地かつ県都である広島市の発展は、広島県の命運を左右します。現在の世の中の情勢は新型コロナの流行等があって思わしくありませんが「明けない夜はない」との想いで何とか乗り切り、発展の継続を願っています。

  2. はる Reply

    はなのわ、行ってきました。
    花とお庭が好きな人には楽しいと思います。

    1つ残念だったのは、保存されている旧市民球場の外野ライトスタンドをまるで隠すかのような
    展示の仕方でした。
    外野ライトスタンドはいずれ撤去されてしまうのでしょうか。
    なんだかさみしいですね。

    • blk

      今の状況ではライトスタンド撤去も止む無しかと。結局イベントに対しても邪魔にしかなってない。
      取り壊し後で囲みが無かった時は、海外観光客が原爆による被爆球場跡と誤解して写真撮ってた始末ですから。
      それを見掛けた時は、恥ずかしいのなんのって……
      恐らくその苦情が市に行ったんでしょうね。まるで隠すように回りを囲んだのは。
      むしろ保存運動した人達には責任取って欲しい。
      保存したら後は無責任に放置。
      雑草生え放題で見かねた市が半年間隔位で草刈りしてる様ですが。
      保存するのならば、ただ残すのでは無く、記念館でも建てる勢いでやるべきだったんですよ。

  3. NOVA Reply

    いつまでも球場跡地と言わず、広場に正式名称を付けるべき!

  4. マチヅクリマニア(仮) Reply

     ブログ主様、はじめまして。いつも楽しく拝見しております。今回初めてコメントさせていただきます。
     私も3回程行きました!特に原爆ドームから北へ延びる平和軸を、原爆投下以降の広島の歴史を知ることのできる「思い出年表」として表現されていたのが、「よく考えられているなあ!」と感心しました!この「はなのわ」のレイアウトは、今後市民球場跡地を都市公園として整備していく上での大きなヒントとなるのではないかと思います!個人的にはこの「平和軸」を、「思い出年表」のように何らかの形で再現してほしいと思います。
     あとライトスタンドは解体で良いと思います。その代わりに「勝鯉の森」を残したり、マウンドやホームベースを再現したりすることで(マウンドは実際に再現されていましたが)、昔球場があったことは十分に表現することができると思います。
     また先日から再オープンしたとのことなので、もし忙しくて行けなかった、コロナ自粛で行けなかった、という方は是非、足を運んでみてください!
     最後に、いきなり揚げ足を取るようで申し訳ございませんが、最後のあたり、コロナ「禍」が「渦」になっております。あと「旧市民球場跡地」と表現すべき箇所が、「旧広島大学本部跡地」となっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。