西広島バイパス延伸事業再開へ、市が要望

広島市は、財政難から整備を中断していた国道2号線西広島バイパスの「観音高架」について、
事業を再開し、改めて国に延伸を要望する意向であることが分かりました。

【中国新聞】:観音高架 延伸要望へ

20161113r2bp_chugoku-np

(2016年11月13日付 中国新聞朝刊紙面より)

スポンサードリンク

西広島バイパスを巡っては、沿線の住民らから騒音等による健康被害を受けたとして、賠償と高架延伸工事の中止を求めた裁判が行われ、沿道で働く人を含む53人に対する賠償が確定しました。

一方、工事差し止めについては2015年6月の最高裁で、棄却されています。

関連記事など↓

広島市中心部の国道2号線バイパス観音高架をめぐって、 住民が健康被害があったなどとして国と市を相手取って行われている裁判で、国と市は上告を断念しました。 民事訴訟法に基づき、原

【広島市】:2015年07月03日記者会見「国道2号西広島バイパス高架延伸の騒音被害をめぐる最高裁の判断について外2件」

 

中心部の国道2号の混雑が依然著しいこと、最高裁で賠償と今後の工事について結審したこと、
そして広島市の財政に関して駅前再開発を初めとした大規模な事業に一定の目処がつくことなども、
事業再開の理由かと思います。
高架が途切れている観音付近から平野町までの約2.3kmの延伸で、
総事業費300億円の内、広島市の負担は約100億円となるようです。

東西の大動脈である国道2号線。
混雑の緩和とそれによる環境改善のため、早急に整備を進めていただきたいです。

現状のような中途半端な高架橋ではなく、最混雑区間をパスできる平野町までの高架橋が整備されれば
大型車を始め多くの車が立派な遮音壁を持つ高架道に移行し、地平部の騒音・振動が低減されることは明らかです。

 

この国道2号線西広島バイパスや安芸バイパス、さらに広島南道路の一般道部分の中区吉島~南区出島間(これも国道2号)等々、
広島の道路整備は大きく遅れており社会的な損失を生んでいます。

早期開通に向けて協議をお願いしたいです。

25 comments

  1. JUN Reply

    中心部までのアクセスが向上しないと自動車層は益々郊外に流れるでしょうね。
    当然西バイは延伸するべきだと思います。

  2. きたろう Reply

    そういえば、高速4号線と山陽道の接続について、数年前検討に入ったと報道されましたが、その後動きが全く見られません。どなたか最新の動向を御存知ないですか?

  3. メルボルン Reply

    皆さんのおっしゃるとおり、広島都市高速2号線、東広島バイパスまで繋げるべきです。

  4. ひろ Reply

    上下各2車線で、延伸部分で道幅に余裕が無い所は2層構造にして東広島バイパス及び都市高速2号線に繋げるべきです。

  5. むーばす Reply

    国道2号線の高架延伸については40年くらい前から
    進めていた計画ですが、いまだに完成していないのが
    実にすごいことだと思います。いったい何年計画なのか。

    何とか観音橋までは完成してすでに十年以上ですね。
    ただここから平野橋までは往復2車線分しか作られ
    ないので、大型車などは、平面部限定になるかも
    しれない計画が果たして本当に必要なのかどうか。

    南道路から東・西広島バイパス直結ルートの整備が
    一番効果が上がりそうです。
    個人的に舟入本町の沿線沿いに居住していたことが
    あり、当時から作る、いやもうすぐ出来ると言われ
    続けていたのを聞いていただけに、現状の高架は観音橋
    から南北に延びる都市高速を作って、そこと結び345
    号と直結するのが作りかけを仕舞する一番の方法ではと
    思ってしまいます。天満川堤防を使えばすぐ作れますょ。

  6. Ascen Reply

    まあ、2号線バイパスの延伸がこの時期的に必要なのかどうかわかりませんね。
    何人かの方がおっしゃられているように、2号線だけの渋滞解決という観点ではなく、広島都市圏全体で見た解説策が必要とされるところだと思います。
    そういう意味では、現時点では2号線延伸よりは、都市高速の暫定2車線部分の4車線化とか南道路の拡幅、されに廿日市インターへの接続を優先させたほうがよほど渋滞解消に効果があると思われます。
    勿論、松井市長もご自身の独断で方針を決めているわけではなく、おそらく有識者や専門家の意見を踏まえたうえでの判断だと思いますが、道路を実際に利用している一般市民の中にも極めて適切で有効な解決策のアイデアを持っている方もいらっしゃるでしょうから、そういう市民の意見も参考にしてもらいたいものです。

  7. ログインボーナス Reply

    延伸するよりも広島高速の通行料金を半額にするのに費用をあててみてはどうですかね?
    東西の車の動きは良くなると思うし、交通量増えて半額にした分の費用を回収出来るかもしれません。
    まあ、渋滞したり維持コストが上がったりするかもしれませんが…

  8. まこぶらー Reply

    延伸しても殆ど効果はないでしょう。それどころか高速3号線の交通量が減る可能性が高い。それよりは東広島パイパスと安芸パイパスを早期に完成を優先すべきです。

  9. みみずく Reply

    広島市の発表している人口ビジョンによると、2015年時点で市の人口は約119万人で、なおも緩徐に増加中ですが、2040年には109万人と逆に現在より約8%の減少が見込まれます。
    特に生産年齢人口(15~64歳)は、2015年の時点で既に2010年委に比べ4万人減少しており、2040年には現在より14万人減少し59万人に。他方、2040年の老齢人口(65歳以上)は、現在より9万人増加し38万人となると予想。

    運転アシスト技術の進歩はあるとしても高齢者比率の増加を含めた人口動態、および既にある道路網や橋梁などの維持管理コストの増加もふまえて、交通網の新規整備については、慎重な検討を望みたいですね。

  10. KATSU Reply

    どうせなら観音高架から東側は広島高速に取り込んで有料化の上南に向けては3号線につなげて、北に向けては4号線、5号線につなげた形の十字路線にすればいいのではないでしょうか?

  11. 清盛くん Reply

    どうなんでしょうね・・・
    朝方の広島市中心部の事業所へのマイカー通勤者の需要圧力が、いぜんとして国道2号線に集中し続ける実情が、改めて分かるんですよね。
    JR鉄道線や広島電鉄、路線バスという公共交通へのシフトを促そうにも、自宅近くのバス停~鉄道経由~勤め先の事業所近くのバス停ないし電停という複数の交通事業者にまたがる乗り継ぎ対応の割安な通勤定期券が発行できないために、どうしても公共交通利用では割高になってしまうから、
    西区、佐伯区、安佐南区、廿日市市の住宅地在住で旧市内の事業所に通う方にしてみれば、ドアツードアで自宅から事業所まで行けるマイカーでの通勤の方が、道路がどんなに渋滞しても気安いのでしょうね。

  12. 神宮寺龍之介 Reply

    漸くの事で西広島バイパス延伸が進みそうな話が出てきましたね。

    西バイ延伸は広島市内を通過する東西の流れと(中区)市街地に向かう南北の車を分離できるので、ある程度の効果は望めるかと。
    あとは宇品・丹那・出島方向への車を振り向けるために、吉島ー出島間の一般道の架橋も行って貰いたいものです。

  13. 事業再開 Reply

    これは秋葉市長が市長として停止させた政策案件です
    その後、広島の景気が過去最低まで悪化したのは皆さまご存知の通り

    秋葉忠利 社会党出身 

    何十年前から市役所が議論し道筋がついていた公共事業が、事業再開しただけの話

  14. しま Reply

    今だに広島市域の2号線バイパスが完成4車線で全通してない異常さ…なぜもこんなに交通関係の整備が壊滅的に遅いのでしょうね。

    • 神宮寺龍之介

      暫定2車線なんて広島特有の存在でもないでしょう。
      計画通りの4車線で整備させようとしたら完成は何年先になるやらって事になる予感しかないですが。

  15. bob Reply

    西広島バイパスってこの延伸工事の計画見てたらこれは他の都市のバイパスと違って都市を通過させるものじゃなく都心に郊外から乗り入れる為のバイパスって役目だと思うんだよね。
    だから都心に向かってONランプは高須以降無く、逆に郊外方向も高須までOFFランプが無い。
    なので2号線の真の都市を通過させるバイパス機能は広島南道路(2号線)や高速3号が新バイパスとして担うのではと思うので、私はここに関しては特にフル規格の全4車線でとか東雲ランプまでは必要無いかなと思っています。
    それよりも南道路や高速3号の拡張を優先してあちらを新2号線バイパスとして早急に開通させてもらいたいです。

  16. シマ Reply

    広島高速はガラ空きで、高性能なクルマを所有している層には大変人気のようです。暫定2車線の所で遅い車が居るとうんざりしますが、早く拡幅して、低所得層の利用する西バイと棲み分けできると良いと思います。

  17. タミー Reply

     私もbоbさんの仰る通りだと思いますが、国から西バイ延伸の予算が下りるならこの機を逃したら永遠に出来そうにないので(高速3号を運営する広島都市高速は実質広島県及び広島市で高速3号の拡幅工事も当面やる気がない)やってしまえ的な、市民の利便性を本当に熟慮した都市圏の未来像を描く意欲など微塵もなく、ただただ目の前の餌に食いつくブラックバスどもの考えそうな事案の様に見えて仕方がありません。
     本件の他、アストラムラインの延伸、相生通りの交通、サッカースタジアムの問題等広島だけでなく築地から豊洲への移転、五輪予算の異常な膨らみ等は全て共通しており、決定過程が極めて不透明で、私欲優先と無責任の体質はこの国中に蔓延しており、市民の皮を被った利益団体ではなく、まずは本当の一般市民がチェック出来る体制作りから始めて欲しいと痛感します。

  18. オッス!オラ、全斗煥! Reply

    タミー氏

    とりあえず、広島に巣食う似非平和や似非同和の団体をどうにか追い出せないかと思います。
    広島の癌は奴らです。あいつらがいなければもう少し理想的な街作りが出来たはずです。
    (でも空港と広大の移転は責めないでね、原因が違うから)

  19. 投票はよく考えて Reply

    広島県と広島市
    歴史上、仲の悪かった二重行政がやっと解消された
    秋葉市長は、広島市役所で嫌われていただけ
    広島市の財政状況が悪い現況

    投票は、よく考えて経済発展を止めない人に投票しましょう

  20. タミー Reply

     オッス!オラ、全斗煥!様  投票はよく考えて 様

     マツダ社内(本社⇔東洋大橋更⇔宇品工場)や宇部興産専用道路など例外中の例外を除いて、道路は鉄道事業とは異なり公共事業が基本となっているので、道路の問題となると行政、それを動かす政治の問題とり、一般市民には手に負えないことの様に思って仕舞いがちですが、非常に身近な問題なので一般市民こそ、真剣に考えるべき問題だと思います。

     残念なことに、最も公平であるべき公共事業の分配が、長年の慣習と狡猾さを増した仕組みづくりにより、結果として限られた者の中での不公平な配分に終わって仕舞っており、それが犯罪行為であることへの認識が薄く、収監等の厳しい罰則を受けることも殆ど無く無責任体質が延々と続いているのが現状です。「我々の血税を盗む重罪!」なんて書くと、赤か! と言われそうですが、その正義の味方?某新聞社系の金満球団を仕切っている様な人物がまさに「似非〇〇」ですね。富の公平な分配を語っていた者が「選手の分際で、分をわきまえろ!」なんて公共の電波で平気で言う、そんな感じの「似非〇〇」と同類の様な奴らにガーガー言われて街づくりが一向に進まないのは本当に困ったものですね。

     話が脱線するといけませんので道路に戻すと、空港と広大移転の問題(都心とのアクセス)解決策の一つとして、やはり安芸バイパス・東広島バイパスの整備が優先されるべきだと痛感します。

     先日中国新聞のサイトに出ていた広島都市圏の東南アジアへのビジネス客の需要増加や、マツダのメキシコ進出に伴い、地場自動車部品サプライヤー企業のメキシコ進出も本格化しており、広島空港発ホノルル経由メキシコ行きの提案など乗り換え客を含めて需要の見込めそうな路線就航への開拓の為にも上記両バイパスの工事を前倒しで行って欲しいと思います。

     >投票は、よく考えて経済発展を止めない人に投票しましょう

     その通りですね。

    また、「似非平和」は勿論のことで、「平和バンザイ!」はもううんざりで、やるなら自分のポケットマネーでやってくれ!と言うのが大多数の市民の本音ではないでしょうか。

     本気でやる人には寄付を惜しまないのも広島市民気質なので、おりづるタワーの様な民間の動きにも注目したいと思います。

     

     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。