広島のビル街から瀬戸内の景色まで。オープンバス「めいぷるスカイ」に乗ってきました!

11月になりますが、九州・大分から知人が広島に観光にやって来ました。
一通り観光地を案内してあげる事になったのですが、どうせなら私もいつもとは違った角度から広島を見てみたくなり、自分自身も広島を観光するつもりでプランを考えることにしました。

そこで思いついたのが、中国ジェイアールバスが運行する
観光バス「めいぷるスカイ」です。

2014年から運行を始めたこのバスの最大の特徴は、屋根がないこと!
屋根がない真っ赤な観光バスが走る光景は、広島にお住まいの方ならたまに見かけることもあると思います。
定期運行するオープントップバスとしては東京、福岡に続き全国で3都市目の運行となります。

これに乗るのはかれこれ3回目になりますが、このブログできちんとレポートしていなかったので紹介してみます。

広島市は2日、広島電鉄及びJR西日本と合意した、広島駅南口広場の改良に関わる基本方針を明らかにしました。 広島駅南口広場の基本方針!広電の高架と駅ビル建て替え、デッキ計画などまと
スポンサードリンク

【中国ジェイアールバス】:めいぷるスカイ


ルートマップ(上記公式HPより)

めいぷるスカイには図のように、2つのルートが設定されています。
どちらも毎週土曜・日曜と祝日、大型連休の定期運行です。
また、冬季限定で平和大通りのイルミネーションに合わせ、「ひろしまドリミネーション車窓コース」も用意されています。

今回乗車したのは、定番の「広島市内ドライブ車窓コース」です。

せっかくのドライブなので、今回はソニーアクションカム(FDR-X3000)で撮影した動画メインでご紹介しようと思います。

【鯉党α YouTubeチャンネル】:広島市内を走る屋根のないバス「めいぷるスカイ」に乗車! Hiroshima Open Top BUS (4K)

 

久々に乗りましたが、やはりこれはメチャクチャおすすめです!

広島という街の歴史や復興、環境や文化を、屋根のないバスを通してズラッと一通り体感してもらうことができます。
広島駅周辺や上の写真の紙屋町近辺(鯉城通り)のビル街、八丁堀の繁華街のような賑やかな場所を走行する一方、
広島城や原爆ドームといった広島が辿った歴史も案内してくれて非常に面白いです。動と静が両方見られるというか。

 

後半には吉島から広島高速3号線に入り、少し強い風とともに瀬戸内海の景色やマツダの巨大工場も眺めることができます。なかなかできない体験だと思います。

 

 

海上にそびえ立つ巨大な「仁保ジャンクション」は圧巻。

 

こんなに素晴らしいのに、乗客は運行開始当初からは減っているようで、今回の乗車でも7~8割が空席の状態でした…
どの都市にあるわけではない貴重な観光バスなので、継続していくためにももっと広く県内外、国内外に周知され、乗ってもらいたいです。

この「広島市内ドライブ車窓コース」は、朝10:10に駅をを出発し昼前に再び戻ってくる行程になっています。
「めいぷるスカイ」を楽しんだあと、広島駅で腹ごしらえをして昼から街歩きを楽しむにはちょうどいい時間になっていると思います。

広島を離れて久しい県外の方、観光客の方にはもちろん、
市内に住んでいる方にも、普段とは違った景色が楽しめるので、改めておすすめしたいです。

 

チケットは旅行会社、インターネット、電話で申し込むことができます。
料金は、大人2000円子供1000円。

詳しくはホームページまで。

【中国ジェイアールバス】:めいぷるスカイ

 

8 comments

  1. タミー Reply

    ブログ更新お疲れ様です。

    オープンバスの映像を拝見して非常に感動しました。

    現在建設ラッシュにあるホテルやオフィスビル、駅ビル等広島駅周辺や紙屋町界隈、広大跡地等の再開発で高層建築が立ち上がると更に迫力が増しそうでとても楽しみです。

    • 広島県民

      これに尽きますね
      内容が悪いとは思いませんが、わざわざ2000円払ってまでしたいと思えるようなものだと思ってくれる人はそう多くないでしょう

    • 広島駅北口近くの住民

      その通り。別のバスで「めいぷるーぷ」という屋根の付いたバスで3ルートある循環バスがあるよね。距離は短いけども、料金は200円。乗り放題料金だと400円。料金の差が大きすぎる。試しに乗って見ましたが、外人観光客が多く満員に近かったです。
      2000円を700円に落としてどうなるか、実験してみたらどうでしょうか。

  2. 社会系 Reply

    ルート上に、2010年頃からの、主な広島再開発が、かなり含まれていると思います。
    再開発があり都会化したから、広島を観光バスで巡り、街を見せられるレベルになっている。

    コメントでもありましたが、
    ヒルトン向かいに、19階建てホテルと、20階建てマンションが新たに、建設されるようです。
    この動画にも、字は小さく読めませんが、その看板が建っていることが映っていました。

    バス座席という高い視点で、広島を見れるのがセールスポイントだと思います。
    特に、都市高速は、防音ガードで視界が遮られていても、バスからなら周囲が見れます。

  3. れもん Reply

    もう少しバスの路線をわかりやすくした方がいいと思いますね。
    このバスは観光用としての性格が強いと思いますが、
    路線バスは複数社あって、ルートも複雑。
    最近はバス接近情報「Busit・くるけん」のおかげもあって
    少しずつ変わって来ている感じはありますが、
    地元広島に住んでいる人でも、住んでいる地域以外の
    バス路線以外は全く分からないという状況です。
    バス会社が乱立しているというのもありますが、
    広島県バス協会のホームページに載っているような、
    全バス会社の載っているバス路線図を
    全てのバス停に掲示した方が良いと思います。
    広電バスは広電バスのみが載った路線図、
    広島バスは広島バスのみが載った路線図といった
    状況です。
    フル規格の地下鉄がない代わりにバスが発達している
    広島ですから、バスをもっと有効的に使えば、
    スムーズに移動できると思います。
    定期券ではバス会社を超えて利用できる制度も
    始まっていますし、
    これからが期待ですね。

  4. 1 Reply

    1人2000円ですか…家族で行こうとしたらちょっとお高い金額ですね・・・

  5. むーばす Reply

    今年の春に瀬戸大橋開通30周年のイベントの中で、
    岡山県の児島発着で与島を往復するオープントップ
    バスの運行が五千人規模であったようです。

    私は児島まで行くのが面倒で参加せずでしたが。
    あと四国では数年前に松山市の発着で伊予鉄道が
    期間限定で運行した記録がありますけどね。

    ちなみに香川県では三豊市が、ウィラーのレストラン
    バスを運行するツアーを地元で企画して運行している
    ようです。オープントップではないものの興味は
    あります。

    個人的には結構前に東京丸ノ内を起点に皇居や銀座
    などを巡ってまた東京駅に戻ってくるルートに乗車
    をした思い出があります。

    日頃とは違ったアングルで見る街の風景は天井が開いて
    いることも相まって、とても刺激的です。海外の主要
    な都市では普通に運行されていて、いつも人気。
    広島市はちょうどこのライトアップ時期には、
    オープントップバスに乗ったらいい感じでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。