広島銀行本店 建て替え新築工事 2019.08(Vol.8) 地下躯体工事

広島銀行は、築50年が経過し老朽化した紙屋町交差点近くの本店ビルの新築プロジェクトを進めています。
新本店ビルは現在地での建て替えとなり地上19階・地下1階、高さ約95m、延約4万8,000平方メートルを誇る、巨大な免震構造のビルが建設されます。
建物四方に配した風の塔により自然換気効果を高めた「エコボイド」といった環境技術も採用。
2021年1月の竣工予定です。

建設期間は南区西蟹屋町の「旧ひろしまMALL」跡に、本店機能を移して営業を続けています。

【広島銀行】:新本店ビルの建設について


完成イメージ(上記プレスリリース資料より)

【広島銀行 新本店ビル】
高さ94.94m、地上19階・地下1階建て
構造:鉄骨造、免震構造
敷地面積:4,452.71平方メートル
建築面積:3,285.00平方メートル
延床面積:47,890.00平方メートル
着工予定:2019年1月1日
完了予定:2021年1月31日

 

前回の状況です。

広島銀行は、築50年が経過し老朽化した紙屋町交差点近くの本店ビルの新築プロジェクトを進めています。 新本店ビルは現在地での建て替えとなり地上19階・地下1階、高さ約95m、延約4

Sponsored Link

紙屋町交差点のそごう前からです。

 

真正面の「広島トランヴェールビルディング」(広島電鉄&三井不動産)も2012年にできたばかり。
向かって左手には昨日更新した「損保ジャパン日本興亜広島紙屋町ビル」を建設するタワークレーンが見えます。

広島経済の中心、中区紙屋町で損保ジャパン日本興亜が自社ビルの建て替え工事を行っています。 旧ビルを解体して新築されるビルは「損保ジャパン日本興亜広島紙屋町ビル」。 2020年4

 

そして右手の空き地が「広島銀行新本店ビル」の建設地です。

さらに右側の紙屋町1丁目サンモール一帯にも商業施設・タワーマンションを核とする開発が予定されており、激変を迎えている紙屋町です。

 

鯉城通りを挟み、正面から。

引き続き、工事のメインは地表より下の工事です。
大きな機械が見られません。基礎工事が終わって地下の躯体工事に入っているかもしれません。

 

少し南側から。

高さ約95mの新本店ビルは「トランヴェールビルディング」(約60m)を抜き、紙屋町界隈では最も高いビルになります。

 

本通り交差点から。

繁華街を行き交う人々の活気と合わせて捉えられて、個人的に気に入っている構図です。

 

裏側となる北東側、トランヴェールビルディングすぐ南側に移動しました。

広島銀行本店ビルは2021年1月末の竣工予定、2021年春の開業予定となっています。

Sponsored Link

13 comments

  1. みみずく Reply

    立派な建物になりそうですね。
    地銀1位と2位の横浜銀行と千葉銀行の業務提携などのニュースなどに示唆されるように、業界の先行きには波乱、合従連衡がありそうです。
    この本店ビルは今後の広島銀行の積極的な展開を宣言するものになるのでしょうか?

    隣接する山口銀行も中国銀行も優良行なので、おいそれとは広銀の風下に立ちはしないでしょうが、広銀が中国地方を代表する金融機関として発展することを期待したいですね。

  2. RyoKikuSei Reply

    今更ながら、箱に投資するくらいならその資金を使って顧客にもっと還元する施策を打つほうが優先だったと思います。見栄えの良い立派な本社ビルは経営者や行員(+街再開発愛好家 笑)の満足度は高くなるんでしょうが顧客価値は高まりませんからね。後戻りはできませんので新しい本社ビルで顧客全体の満足度も高められるよう最大限の努力を期待します。広銀の一顧客としての意見でした。

    • オッス!オラ、全斗煥!

      >RyoKikuSei氏
      ちょっと何言ってるのか分かりません。
      高層階はオフィスとして貸し出すのですが、ご存じではないですか?

      思い込みを書き込まれる前にせめて管理人さんの投稿を熟読されてはいかがでしょうか。

  3. サンフレッチェ大好き Reply

    みすぼらしい外見の銀行や保険会社、病院にだれが行きたがりますかね?広島銀行は広島の顔でもありますJR西日本広島支社、駅ビルも建て替えられ ます広島を牽引する企業は特に頑張って欲しいものです。基町駐車場、サンモールの再開発の具体案を早く見たいです。

  4. 社会系 Reply

    オフィスビルは19階建てで、紙屋町地区ではこれまでにない高いビルです。
    あとは、基町駐車場跡地が30階クラスになればいいですが。

  5. OORer Reply

    風の塔みたいなやつ、この写真ではどうなってんのか全く分からないんで早く完成して欲しいですね。でも2021年1月って大学入試真っ只中じゃないか!

  6. のーてんき Reply

    今の超低金利時代に個人客の預金なんて
    銀行にとっては屁みたいなものであって、むしろ邪魔な存在じゃないんですかね?
    こっちもローンやしょうもないおまけを勧められても、めんどくさいだけですし

    新しい広銀本店は、土日もオープンしている商業施設を1階と2階に持ってきますし、
    それ以外のフロアもオフィスビルとして貸し出すでしょう。
    オフィスビルを賃貸することは、
    まわりまわって中心部の賑わいをもたらすことにもなりますので、
    今回の建て替えは、地域への還元の意味も少なからずあると思いますよ

  7. NM Reply

    テナントが入るなんて話、あるんですかね?
    今回は広銀の持ちビルっぽいので、銀行法の規制から他に貸せない、っていう話を聞いたことがあるような。

    • hima

      ちらっと調べましたが、そうみたいですね。カフェやイベントスペースが入るみたいですが、どうなっているのでしょう。あと、高層階は貸し出し?というのがニュースやホームページ等では見当たらなかったのですが、グループ内での貸し出しでもするのでしょうか。

  8. hima Reply

    真面目な話をしますと、顧客本位なんて金融庁が言い初めて数年経ちましたが、地銀はマイナス金利で火の車なんですよね。広銀だって必死なはずです。だからとりあえず確実に収入が得られる不動産に着手した結果が、本店建て替えなのではないでしょうか。これからネット銀行やら都市銀・大型地銀なんかが進出して本業をやってられなくなるので、とりあえず本業がダメでも構えていられる本陣を建てるって感じでしょうか。素敵なビルが建つ裏側には、地方の危機が隠されているように感じます。

  9. RyoKikuSei Reply

    himaさんがおっしゃる通り、これからの銀行ビジネスは本当に大変でしょうから、今のうちにいろいろな手を打って備えておかないといけませんよね。でも、じゃあ天守閣を建て直すことが今の広銀にとって重要事項かといわれると個人的には納得出来ないんですよね。ネットバンキングや過疎地域の支店活用などはもっと投資して改善すべきことがほかにたくさんある思うのは私だけでしょうか。とはいえ、すでに賽は投げられたのでこの資産を有効活用して顧客価値と地域貢献を最大化してもらうことを期待してます。テナント収入料が顧客価値改善に結びつくとはいまだに理解できませんが(苦笑)、このブログの本題である街開発愛好家の一人として単純に広島市に素敵な建物が増えることは大歓迎です。がんばれ広銀。

    • hima

      RyoKikuSeiさん
      あえて言及しなかったのですが、私も同様に思う所はあります。しかし、実は途中まで書いたのですが、現実的な事を書くとネガティヴだと言われかねないので、やめました笑。ネットバンキングなり、フィンテックなり、なんでもいいですが、根本が解決しないんじゃ先が怖いですよね。
      私もビルが出来ることには嬉しく思っています。中心部っぽい綺麗なガラス張りの、ひろぎんのマークが映えるデザインで。

  10. タミー Reply

    広島銀行本店が、紙屋町のシンボル的存続になれば意義深いと思います。

    過去を振り返かえれば、地元で地場企業の東洋工業(現マツダ)を支えきれず、住友銀行傘下となり、金融支配色が強まる中、大蔵官僚出身で広島銀行頭取に就任した橋口収氏がフォードとの橋渡しをし、金融資本からメーカー資本に変えました。その後、リーマンショックで経営危機に直面したフォードがマツダ株を手放し独立した直後は円高に苦しみましたが、企業努力とその後の円安も幸いし、現在ではマツダは無借金企業へと成長して、国内最大メーカーのトヨタとの資本を含めた連携を深めています。
    トヨタと共同でアメリカ合衆国内での生産に向けて、トヨタ系とマツダ系の同種の自動車部品サプライヤーごとの連携も強まっている旨の情報を耳にします。
    広島の基幹産業である自動車産業は、マツダを頂点として、部品サプライヤーが一次・二次・三次と裾野が広く、特に地場中小・零細企業ではこれから自動制御・電動化への変化の激流の中、銀行等の間接金融の需要は高まる可能性を感じます。
    同じ紙屋町に本店登記しているエディオンは旧デオデオの流れからエリア内では振込先を広島銀行本店指定としているなど、地場企業の振込先・支払決済、更には従業員の給料・住宅ローンに至るまで需要は尽きないとも考えられます。
    広島に限らず、金融支配によるピンはね業から、地場企業が成長するに従って地域金融機関も成長するという構図に本気になって街全体で移行する必要性を感じます。

    ある程度成長した地場企業の、本社・総務機能が紙屋町周辺に集結し、新広島銀行本店ビル等で働きたいと若い人達が集まってくれるならば、大変結構なことだと期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。