広島アンデルセン建て替え工事 2019.08(Vol.5) 地上工事始まる

地元ベーカリー企業のアンデルセンは、広島の商業の中心軸、中区本通商店街の中で営業を続けていた、
「広島アンデルセン」の建て替え工事に着手しました。
地上5階で、営業していた頃と同様に1階のベーカリーの他、2階より上はレストランやパーティーが開ける開場などが設けられます。
被爆建築だった従来の建物の外壁の一部が、新しい建物の2階の外壁に継承されることになりました。

【アンデルセン・パン生活文化研究所】:広島アンデルセン 2020年8月オープンに向けて建て替え工事着工

広島アンデルセン完成イメージ(上記HPより)

前回の状況です。

地元ベーカリー企業のアンデルセンは、広島の商業の中心軸、中区本通商店街の中で営業を続けていた、 「広島アンデルセン」の建て替え工事に着手しました。 地上5階で、営業していた頃と

Sponsored Link

 

本通り商店街を挟み、全体です。

今月初旬にも更新していますが、ここから見える変化がありました。
建物を支える柱の鉄筋が構築され始めています。

 

商業施設「本通ヒルズ」2階から見てみました。

早いですね。地上工事が始まりました。

 

敷地南側には巨大なクローラークレーンが鎮座しています。

こんな狭い路地によく入れましたね。

 

広島アンデルセンは2020年7月竣工、2020年8月オープンの予定です。

Sponsored Link

6 comments

  1. hima Reply

    アンデルセンとは異なる話題で申し訳ないですが、ついにタイ便が決まったのですね。以前からタイへの航空路線の話はありましたが、ノックエアとは意外なところが来ましたね。ノックスクートの乗り入れはありますが、ノックエアは日本発では。フルキャリアのタイ国際航空ではなくて少し残念ですが、それでもシンガポールに次いで国際線が増えることは、知名度とインバウンド増にもつながるので、嬉しい話題ですね。

  2. 社会系 Reply

    アンデルセンは、近年、全国で出店が加速しています。
    このような企業が広島にはあるので、広島が本店経済都市と言ってもいいです。

    また、広島空港に、バンコク便が復活するようです。
    本店経済都市にふさわしい、国際空港になって欲しいと思います。

  3. サンフレッチェ大好き Reply

    サッカーの話しで申し訳ないがコンサドーレ札幌にタイ代表の素晴らしい選手がいます。彼のおかげで札幌はタイの観光客がかなり増加してます。サッカーはワールドワイドなスポーツですからサンフレッチェにも新たにタイ代表クラスの選手が入ればタイからの観光客の増加に繋がるでしょうね。タイ人はサッカー大好きですから。

  4. うおっちゃー Reply

    クローラークレーンだったのですね。やけに南側に偏ってると思いました。解体される前の建物は、歴史的価値はあったのでしょうが、いかにも使い勝手は悪かった。柱によって視線が遠くまで届かないのです。私は紙屋町の店も決して悪くないと思ってます。特に灯りがともる夕方頃の感じは良いです。なんで、そっちも残せば良いと感じてますが、まあ、、、無理でしょう。残念な感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。