広島駅リニューアル工事 2019.08 台風直撃で人がいない自由通路

広島市、JR西日本、UR都市機構は共同で、JR広島駅の大規模改良工事を進めてきました。
①南北自由通路の整備、②橋上駅舎・線路上空店舗の建設、③駅北口ペデストリアンデッキの整備、④北口広場の再整備etc.
これらを一気に整備する”50年に一度”と言っても過言ではない大型プロジェクトでした。

現在はエキナカ商業施設「ekie」の店舗開発が主に進められており、
2018年9月6日には第3期エリアとして、主に新幹線高架下のエリアにおみやげや軽飲食をメインとした48のお店がオープンしました。
最終期となる第4期エリア(旧新幹線名店街)は「ekie KITCHEN(エキエキッチン)」と名付けられ、
デリカ、スイーツ、ドリンクスタンドやスーパーマーケットなど36店が2019年10月2日にオープンする予定となっています。

前回の状況です。

広島市、JR西日本、UR都市機構は共同で、JR広島駅の大規模改良工事を進めてきました。 ①南北自由通路の整備、②橋上駅舎・線路上空店舗の建設、③駅北口ペデストリアンデッキの整備、

Sponsored Link

お盆の連休真っ只中の8月15日、豊後水道を進んできた台風10号が広島を直撃することが確実となり、
公共交通機関にも大きな影響を与えました。

駅ビルの建て替えを前に、エキエ第4期のオープンの準備が進む広島駅ですが、
近郊の在来線の全路線と新幹線新大阪~小倉間が始発から全て運休となり、
帰省などで大きく賑わうはずの広島駅から人が消えました。

幸い私は動ける状態かつ、雨風も予想されたほど酷くはなかったので、
リニューアルの状況の確認も兼ねて、広島駅に行ってみました。

 

自由通路の南側終端、駅ビル内1階の状況です。

 

 

駅ビル「ASSE」と「ekie」は全て閉店して、お盆休みとは思えないほど閑散としています。
ですがこれ、駅ビルの建て替え時には商業施設は全てエキエに集約されるので、
ASSE閉館後はこれが日常になるかもしれませんね。
(ASSEは2020年3月に閉館します。)

 

自由通路の大階段です。

 

いつもは多くの人が行き交う階段ですが、ほとんど人が写りません。

現状は、自由通路が現駅ビルの手前で1階に降りる形となっていますが、
駅ビルの建て替えにより路面電車が2階に乗り入れ、自由通路も2階にメインに接続する形に切り替わります。
2015年供用開始のできたばかりの区画ですが、構造としてはよく見ると簡素にできています。
空間が駅ビルに吸収されるとともに、大幅にレイアウトが変わることが予想されます。

 

さて、自由通路です。

さすがにゼロではありませんが、これだけ人が疎らな広島駅も珍しいです。

 

JR在来線中央口。

 

全路線動いていないので、柵がされそもそも入れない様になっています。

 

きっぷ売り場など。

 

自動券売機は、このようにしてシャッターが閉まるようにできているのですね!知りませんでした。
有人のみどりの窓口は営業しており、きっぷの払い戻しや振替の対応をされていました。

 

向かい側の自由通路に面する「エキエ」の店舗。

 

 

デジタルサイネージには臨時休館を告げる案内。
セブンイレブンを含め、全ての店舗が休館しています。不思議な感覚だ…。

 

自由通路を進み、新幹線改札へ。

 

ガラガラです。普段、深夜以外は絶対撮れないですよ。

 

自由通路を北口に渡り、1階コンコースまで移動しました。

エキエ第4期となる「ekie KITCHEN」(旧新幹線名店街跡)の内装工事が進んでいます。
照明が点灯していますね。

「ekie」開発の総仕上げ、そして駅ビルの建て替えに繋がる「ekie KITCHEN」は2019年10月2日オープン予定です。

 

 

この先の様子がおかしいので続けます・・・

 

 

こんな状態は初めて見た…。
普段は仕切りのないエントランスが、2/3ほどシャッターが降りています。
これだけ開口が広いので、台風のような天候では雨風が入り込むのでしょうね。

 

少し移動して、北口ペデストリアンデッキから広島駅全体を眺めてみました。

 

何度も書いてますが、これだけ人と車両がいない広島駅も珍しいです。
高速バスは動いているかと思いましたが、ほぼ運休になっていたようですね。

この8月15日は、広電の路面電車やアストラムラインまで始発から運休しており、
かなり大きな影響を与えました。
実際の天気はそれほど大騒ぎするほどの嵐ではなかったため、「神経質になりすぎでは?」と対応を疑問視する声もあったようです。

気持ちは分かりますがそれは結果論ですよね。広島は特に大規模な災害を何度も経験していますから、妥当な対応と言えると思います。
利用者や職員の安全を第一に、対応や予測の改善を続けてほしいですね。

Sponsored Link

9 comments

  1. hima Reply

    この度は冷や冷やしましたが、本当に何事もなくてよかったですね。昨年の教訓もあってか、事前に運休等の対策が取れたことが非常に素晴らしいと思いました。もちろん何事もなかったのでよかったわけですが、台風等はいつどのような災害に繋がるか、要注意ですので。
    もちろん鯉党さんも、雨足が弱かったとはいえ、強風等の災害もありますので、こういう時は無理に喜んで撮影なんかなさらないように笑。

  2. blk Reply

    バス含めて公共交通機関全面運休は初めてです。

    ある意味貴重な写真ですね。
    もしかしたら、二度目は無い写真かも知れませんね。

  3. なみら Reply

    新幹線に関しては、もし運休してない場合、どこか1カ所でも徐行や一時運転見合わせをすると東京から鹿児島中央まで遅れが波及する恐れがあるため、はなから動かさないようにしたのは大正解だと思います。
    もし動かして途中で遅れが発生した場合、払い戻しなどの対応を通常業務と平行して行う必要があるため、現場はパンクすると思います。
    在来線に関しては従来なら動かしたのかもしれませんが、福知山の事故から年々増してきた安全に対して強い思いと、西日本豪雨からの教訓からこうした対応をとったことは十分に理解できます。
    もっと一般の人にもこうしたJRや他の交通事業者の取り組みに対して少しずつでも理解を深めてほしいですね。

  4. むーばす Reply

    この日のテレビニュースを見ていますと、駅にやって
    来ていたのはほぼインバウンド観光客ばかりでした。

    海外からの観光客は日本に来てどんなサイトで情報が
    得られるのかは知りませんが、移動中の観光客に対して
    全く計画運休の情報が流れていなかったというのには
    ビックリしました。これだけ多くのインバウンド客に
    来ていただけているのですから、なんらかの手段が
    あれば、駅に来て途方にくれるという光景は見ずに
    済んだと思うと、少々残念に思いました。

    国によってはハリケーン自体を知らない人もいるので
    はと思うので、なかなか難しいのかもしれないですが。
    鯉党さんが見られた時にはそんな感じの観光客はいな
    かったでしょうか?

    • hima

      正直この件に関しては難しいですよね。外国人旅行客は、旅行中とはいっても別に日本のニュースを見ているわけではないですし、普段見られている海外のニュースにも、台風情報なんて出てないですからね。私も丁度先々週に知り合いがアメリカから来ていたので、台風が来るから西日本にはいけないと思うと伝えると、台風自体が来ることも、運休等の対応についても、全く無知でした。香港のように、一定の規模の台風だと自宅待機命令が出るのであれば、まだわかりやすいのかもしれないですが。一番いい対策は、宿泊施設が情報を提供することにあると思うのですが、そこまで今回手がまわってなかったのでしょう。正直、自己管理能力の問題でもあるのでなんとも言えないですが、最低限の情報提供をできるような体制ができればいいですよね。

  5. ミラ Reply

    前日からアナウンスされてたから大きな混乱がなくてよかったです。
    広島市は団地が多いのでバスの運休が一番痛いですね
    話が変わりますが、一昨日のゲリラ豪雨の雷が原因で中区一帯が停電となりました。
    今の時代停電が起きるのも本当に珍しい
    数分で回復したもののインフラが軟弱である事を露呈してしまった
    こういう所も広島らしいと言えばそうなんですが、、、
    そろそろインフラの更新と電線の地中化も含めて検討してほしいです。

  6. たいふーん Reply

    運休に対して一部、批判があった模様ですが、安全に変えられるものはない。
    天候ですからしょうがないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。