広島銀行本店 建て替えプロジェクト 2020.03(Vol.15) 2本目のタワークレーンが設置

広島銀行は、築50年が経過し老朽化した本店ビルの建て替え工事を進めています。
新本店ビルは紙屋町の現在地での建て替えとなり、地上19階・地下1階、高さ約95m、延約4万8,000平方メートルを誇る、巨大な免震構造のビルを計画しています。

国土交通省が定める、業務・商業を中心とした都市機能の強化を目的とした「民間都市再生事業計画」に認定され、金融・税制の支援措置が適用される事になっています。
(本来1ha以上の大規模開発に対し認定するもの。近接特例を活用し、比較的小規模であっても優良な民間都市開発事業を認定した全国初の案件。)

建物四方に配した風の塔により自然換気効果を高めた「エコボイド」といった環境技術も採用。
2021年1月の竣工予定です。

建設期間は南区西蟹屋町の「旧ひろしまMALL」跡に、本店機能を移して営業を続けています。

【広島銀行】:新本店ビルの建設について


完成イメージ
(上記プレスリリース資料より)

【国土交通省】:民間都市再生事業計画(広島銀行新本店建替えプロジェクト)を認定

【広島銀行 新本店ビル】
高さ94.94m、地上19階・地下1階建て
構造:鉄骨造、免震構造
敷地面積:4,452.71平方メートル
建築面積:3,285.00平方メートル
延床面積:47,890.00平方メートル
着工予定:2019年1月1日
完了予定:2021年1月31日

前回の状況です。

広島銀行は、築50年が経過し老朽化した本店ビルの建て替え工事を進めています。 新本店ビルは紙屋町の現在地での建て替えとなり、地上19階・地下1階、高さ約95m、延約4万8,000

Sponsored Link

 

1月ごろから地上部の鉄骨建方が始まっている広島銀行新本店ビル。
タイトルの通り、先日通りかかった時に2本目のタワークレーンが設置されているのを発見しました!今回もまたミニ更新です。

 

 

これぞ大規模開発といった様相です!

 

2本のタワークレーンで建設されるのは、広大跡地の「hitoto 広島 Ther Tower」以来ですかね。

 

そのタワークレーンによって、鉄骨建方も進みます。
こうしてみると、ワンフロア面積はかなりデカイです。

 

以上、ミニ更新でした。
広島銀行本店ビルは、2021年1月末の竣工予定、2021年春の開業予定です。

Sponsored Link

8 comments

  1. 社会系 Reply

    今後は、オフィスビルやホテルといった再開発も、20階クラスが中心となってきます。

    ただ、銀行に関しては、百貨店、新聞同様に、衰退産業であり、
    天満屋(八丁堀・アルパーク)閉店、中国新聞夕刊廃止に続いて、
    広島銀行も大幅な撤退が予測されます。

  2. タミー Reply

    広島銀行の前身(主流)芸備銀行の源流は尾道の鉄道会社。

    天満屋はリゾートホテル、ゴルフ場、中国新聞社はラジオ・テレビ(RCC)と長い歴史の中で企業は多角化するものです。

    確かに、同じ製造業の中でも連結で純資産20兆5千億円超(2019年3月期)のトヨタ自動車と並び称されていたパナソニックは連結で2兆円超(同)、マツダが連結で1兆2千億円超(同)と資産形成に於いて自動車と電気(造船・鉄鋼以外でも)との格差が鮮明になってきています。

    トヨタ自動車系企業の商社である豊田通商がトーメンを呑込み、双日を凌ぐ巨大総合商社に成長する等、トヨタグループは旧財閥系から盟主の座をうかがう巨大企業グループになりつつあります。

    それでも、豊田社長は資本の論理ではなく仲間としてパナソニック・マツダの両社と提携する姿勢が嬉しいですね。

    広島銀行さんには地場企業を育てるとともに、広銀グループさん自身の多角化による更なる繁栄も合わせて願いたいと思います。

    • ああ

      マツダはデザインは素晴らしいし、品質も良いほうだと思います。
      課題は、営業販売力でしょうか? 特に海外。
      そのへんは、トヨタに教えてもらうのがいいと思います。
      むこうが許せば、その分野に強い、戦略に長けた人材を
      招き入れるとか?

    • タミー

      マツダの世界販売担当部門の商社化による多角化という展開となれば広島広域都市圏内及び周辺都市圏の地場企業達の世界戦略にとっても非常に心強いですね。

      また、広島証券取引所の閉鎖後、頼りの大阪証券取引所も閉鎖となってしまい、広島の特にベンチャー企業にとっては辛い環境が続いています。

      広銀グループの証券会社が中心となって地元で振興証券市場の開設となれば、緊急時に東京まで交渉に飛ぶ必要性もなく、特に地場零細・中小企業にとっては心強い存在となる様に思います。

      妄想するのは簡単で実現となると一筋縄では行かないことは十分承知していますが、それでも、期待せずにはいられません。

    • タミー

      連投失礼します。

      広島での振興証券市場開設には地元呉発祥の東洋証券さんにも一肌脱いでいただけばと勝手に妄想しています。

  3. のーてんき Reply

    広島市中心部を歩いてみると
    あちこちで、ボーリング調査やこれから重機搬入がはじまりそうな更地になっているところがありますね
    管理人さんの更新が間に合わないぐらい建て替えや新築があるといいのですが

  4. タミー Reply

    マツダの世界販売担当部門の商社化による多角化という展開となれば広島広域都市圏内及び周辺都市圏の地場企業達の世界戦略にとっても非常に心強いですね。

    また、広島証券取引所の閉鎖後、頼りの大阪証券取引所も閉鎖となってしまい、広島の特にベンチャー企業にとっては辛い環境が続いています。

    広銀グループの証券会社が中心となって地元で振興証券市場の開設となれば、緊急時に東京まで交渉に飛ぶ必要性もなく、特に地場零細・中小企業にとっては心強い存在となる様に思います。

    妄想するのは簡単で実現となると一筋縄では行かないことは十分承知していますが、それでも、期待せずにはいられません。

  5. タミー Reply

    連投失礼します。

    広島での振興証券市場開設には地元呉発祥の東洋証券さんにも一肌脱いでいただけばと勝手に妄想しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。