ユニクロ八丁堀店が閉店へ 解体予定の天満屋八丁堀ビル

広島市中区八丁堀の「天満屋八丁堀ビル」6階に入居していたユニクロ広島八丁堀店が、
2021年8月1日をもって閉店となる事が分かりました。
「契約が満期を迎えるため」と理由を説明しています。

市の調査で天満屋八丁堀ビルは、「震度6以上で倒壊する危険性のある建物」に指定されており、
当初2020年9月以降に解体に着手する予定でしたが、「2021年9月以降」に延期されていました。

その時期が近づいてきている中での今回の動き。
具体的な開発計画はあるのか、どこまで決まっているのか
非常に気になるところです。

Sponsored Link

 

【公式】:ユニクロ 広島八丁堀店(2021/8/1 閉店予定)

(上記公式HPより)

 

【Yahooニュース】:ユニクロ広島八丁堀店、8月1日閉店 入居の天満屋八丁堀ビル解体計画(中国新聞デジタル)

 カジュアル衣料品店ユニクロで中国地方最大の広島八丁堀店(広島市中区)が8月1日、閉店する。入居する天満屋八丁堀ビルは秋以降に解体する計画がある。ビル内にある家電量販店のヤマダ電機や大型書店の丸善広島店は当面営業を続ける方針でいる。

ビル6階の全フロアを使う広島八丁堀店は2012年9月の開店で、売り場面積約2200平方メートルの大型店。運営するファーストリテイリング(山口市)は「契約が満期を迎えるため」と閉店理由を説明した。従業員は希望に応じて近隣の店に異動させる。

(上記サイトより)

2012年にオープンした同店舗は、当時県内最大の店舗でした。
紙屋町のサンモール内にある紙屋町店は、八丁堀と同時オープンで話題となりました。

 

天満屋八丁堀ビル内のテナントの動向をまとめます。

  • ヤマダ電機 LABI広島店→閉店の発表なし。(2021年5月14日に近隣の「フジグラン広島」内に店舗をオープン。)
  • ユニクロ広島八丁堀店→閉店の発表あり。(2021年8月1日に閉店。)
  • 丸善広島店→閉店の発表なし。(2021年3月13日に隣接する「広島三越」内に文具専門店をオープン。)

 

 

すでにご存じかとは思いますが、
天満屋八丁堀ビルから南へ800mほどの宝町、「フジグラン広島」に
ヤマダ電機 テックランドフジグラン広島店が2021年5月にオープンしました。

天満屋八丁堀ビルの核テナントとなっているヤマダ電機 LABI広島店には、今のところ閉店の案内等はなされていないようですが、
解体に伴う閉店に備えた動きと見るのが自然かと思います。
CMでも「八丁堀まで行かんでええねぇ」と言っていましたね。(そんなこと言わんといて(笑))

 

天満屋八丁堀ビルの7~8階の2フロアに渡って出店している大型書店「丸善広島店」についても、閉店のアナウンスはありません。
しかし、隣接する三越広島の中に、文具専門の「丸善 広島三越店」を今年オープンさせています。

解体のための閉店は遅かれ早かれ確実に訪れるので、
天満屋と各テナントが協議をして事前に動いているものと予想されます。

 

では、9月(秋以降)解体して、すぐに再開発計画が打ち上げられるのかというと、
正直なところあまり明るい未来が想像できない。。。

高齢者を中心にワクチン接種が進んできたとはいえ、現段階での大規模投資はかなり覚悟のいる経営判断かと思います。
隣接する広島三越との一体開発ができれば面白いですが、三越の方は耐震工事を行っており今すぐに建物をどうにかしなければならないわけではありません。
所有する中国新聞社との間で多大な調整が必要になります。

遅かれ早かれ、いずれ商業施設として建て替えを行うのであれば、一体開発とした方が色々とメリットは大きいです。
新築ビルには床面積に応じた附置義務駐車場をを設ける必要がありますが、一体開発であれば共同で確保できて動線も一本化できますし、
あの狭い都心部での施工性などを踏まえても個別と一体だと段違いでしょう。

 

ただ、これまた現実的に考えると、都心一等地に百貨店を含む商業用途のみの大型施設を建てるのは、紙屋町2丁目本通り3丁目の例を見ても難しそうで、マンションやオフィスなどとセットにした再開発も想定されます。
この八丁堀交差点と中四国最大の歓楽街に面する敷地にマンションは流石にやめてほしいので、
基町相生通のようにオフィス・ホテルのようなものであれば本当に御の字です。

 

天満屋は昨年の段階で、下記のように多角的な検討を行うことが明らかになっています。

  • 建物を解体し新たに商業ビルやオフィスビルを建設
  • 現状のまま売却
  • さら地にして売却
  • 耐震補強工事を実施

営業中のテナントの動向に気を配りつつ、少し長い目で見ることも覚悟してビル跡の活用に期待をしておきたいです。

Sponsored Link

17 comments

  1. 瀬戸の多島美 Reply

    三越との一体開発が理想ですね。もっと言えば裏の東劇ビルも含めてもらって八丁堀のランドマークとなる建物(GINZA SIXのような)を期待します。最近紙屋町地区の景色が大きく変貌しているので、余計に八丁堀交差点付近の変化の無さを寂しく感じます。

  2. 旧市内が実家no Reply

    紙屋町や八丁堀近辺の再開発で必要なのは、普段から消費活動をする住民が増えるマンション一体型商業施設の方が良いのではないでしょうか?

    広島市120万人の内、旧市内(中区・南区・東区・西区)は60万人、
    郊外(安佐南・安佐北区・安芸区・佐伯区)も60万人。

    その中で中区の居住人口14万人(8万世帯)に対して必要な商業施設数や規模というものがあると思います。

    中区の商業施設数や規模が居住人口に対してオーバーストア状態なのではないでしょうか?

    ネット通販や中区以外の他区住民の消費行動、コロナ過によるインバウンド消滅、テレワーク等の通勤通学形態の変化。アフター5の消失。

    中区の昼夜間人口のドーナツ化問題。
    建て替えが必要な多数の老朽化ビルと高齢化が進み中小ビルの建て替えの資金が心もとない、意欲の減退した細切れになっている地権者達。

    天候に左右されず駐車場が無料な屋根のある郊外大規模商業施設が現代の商店街という考え方もあります。

    鯉党さんも指摘されていた「八丁堀まで行かんでええねぇ」という言葉に全てが集約されているのではないでしょうか?

  3. むーばす Reply

    ついに解体へのカウントダウン開始ですか?
    建物が古いだけに改修という選択はないでしょう
    から、建て替えをどこが行うのかということに
    なってくるのでしょう。

    天満屋としては、本店の岡山表町への投資を集中
    させたいのではと思います。となればどこか第三
    者の建設会社がディベロッパー系が買い取り等
    で事業を引き継ぐことになるのかと思います。

    一方の三越伊勢丹Gは東京の本店の再開発に乗り
    出すという報道がタイミングよく出てきました。
    とても地方店へ資源を割く余裕もないでしょうから、
    一気に複合開発へと舵を切る可能性も出てくるの
    ではないでしょうか?期待半分ではありますが。

    新ビルへのテナント入居になれば、ハードルは
    下がるはずです。やはり政令都市には三つ程度
    の百貨店は欲しい。しかし八丁堀には福屋が
    すでにあるということで、業態を変えた新時代に
    マッチする売場の提案をしていく必要もある
    でしょう。

    紙屋町のそごうの動向にもよるかもしれません。
    何はともあれ八丁堀の再生には待ったなしの
    再開発計画として、ホテルなどの複合化への進展
    も期待するので、早急に計画の具体化を希望
    します。このタイミングで具体化していければ
    広島の都心再生のシンボル的存在にきっとなる
    と思います。

  4. ドンちゃん Reply

    サンモールの再開発の詳細がまだな状況の中、サンモールと同様に気になるのが、
    旧ウィズワンダーランド。
    こちらも天満屋ビル同様、耐震化されていない建物のひとつであり、
    いづみ時代から増築を繰り返してきた建物です。
    紙屋町八丁堀地区において、更新時期を迎えるビルが
    同時期にここまで出てくるとは思いませんでした。

    そういえばそごう広島店も建て替えの計画がありますね。
    コロナ禍の昨今、テナントの動きも気になります。

  5. デベロッパー Reply

    百貨店経営はどこもしんどい状態で、新業態への転換期になっていますね。天満屋の岡山表町本店も
    イオンモール岡山の影響でかなり痛手を負っています。三越も全国各地で閉店が相次ぎ、広島三越は
    狭い店舗面積ながら色々と頑張って何とかやっている状況です。天満屋と三越を一体化するとして、その大きな箱物をどう再開発するか…商業施設にホテル、オフィス、高層マンション…大型駐車場を完備した郊外のモール型商業施設に立ち向かえるような箱物になる方法って中々…。皆さん、いいアイデアないですか?(笑)。

  6. 広島リボーン Reply

    広島市内には遊ぶ所がないと良く聞きますが同じように福岡、札幌、仙台には何があるのかな120万人都市広島で何も無いは理解に苦しみます。プロスポーツ、飲み屋街、商店街立派なコンテンツは沢山あります昭和の古臭いビル群がイメージを悪くして人を遠ざけているんじゃないでしょうか新サッカースタジアムを含め新駅ビル、都心部再開発によるオシャレでファショナブルな場所が出来れば市内に人は集まって来るでしょう。人は華やかな所が好きですから、私は鍵を握るのはサンモール再開発だと思います数年前に発表された物に近い物が出来ればですが。広島は凄いポテンシャルがありますコロナ終息時と同時期に再開発を一気に加速させ次は130万人都市を目指して欲しい。

    • Kazu

      ファッションとは程遠い店舗ばかりになってるZERO GATE(宝塚会館跡地に建ったビルの低層階)に3フロアぶち抜きで入ってくれないかなーと思います。
      元々ユニクロは長い間宝塚会館の2Fに入っていたので、原点回帰という意味でもいいかなと。

  7. タミー Reply

    「百貨店は街の顔である」とよく言われます。東京銀座とえば松屋銀座本店、三越銀座店、話題が出たGINZA SIXとなった松坂屋と言えば名古屋栄本店です。

    広島八丁堀と言えば福屋八丁堀本店、三越広島店、天満屋と言えば岡山表町本店なので、むーばすさんが書かれている様に、天満屋としては近年岡山では駅周辺地域の台頭が顕著なので先ずは本拠地である岡山表町を磐石にしたいところだと私も思います。

    しかし、天満屋自身のブランド力の維持の為にも松坂屋がGINZA SIXに業態を変えて銀座に残った様にその地方版的に、天満屋八丁堀ビルを売却し撤退するよりも八丁堀に残って八丁堀の再開発事業に加わった方が良い様にも思えます。

    松坂屋銀座店は松屋銀座本店と三越銀座店に押されいた印象が強くありましたが、GINZA SIXの登場で松坂屋のブランド力の維持に成功した様に見えます。

    これからの百貨店は地域一番店しか生き残れないと言われていますが、それと共にその街のブランド力維持が百貨店の生き残りの鍵を握っている様に思います。

    裏返すと八丁堀のブランド力をどう再構築するかに懸かっている様に思います。

    天満屋が広島八丁堀を魅力ある街へとブランド力を高めてくれれば、その力量が評価され天満屋自身のブランド力が高まり、本拠地である岡山表町のブランド力向上に繋がり、瀬戸内地域全域のブランド力の強化が図れることになりそうです。

    長年、八丁堀の発展に貢献してきた天満屋を八丁堀の地域全体・広島全体で支え、支えられて今後の街づくりが進んで欲しいと願っています。

  8. アホウドリ Reply

    よく行きましたが、何故か
    見ようと言う気もそこそこに無くなり、直ぐに立ち去り
    1回も買ったことがない。
    狭い、みとうしが効かない、
    セール商品が無い。やはり狭いです。
    サンモールは、買いますが。
    GUも。今は、某郊外のGUです。とんでも無いセール商品があり、490円のセール商品を100円で売っている事があります。
    やはり、三越と合併しないと無理です。
    今原宿も人が少ない。日本は、欧米に比べ極端に若者が貧乏な状況に追われており、ファションを作り出せない。
    つまり、標準的に安く、品質の良いオーソドックスなユニクロの商品を買う。ユニークやダブル商品は、売れ残る。
    若い女性は、今、新大久保の韓国街の食べ物屋でごった返ししています。
    しかし、今から状況が変わる可能性があり、今のユニクロ、GUは、下火になると
    思います。
    その時になると三越の合併もあり得ると思います。
    先進国の多くは、ここ10年給与が上がり、休みも増え続けているそうです。
    イギリス、フランス、アメリカなど「どうした、日本」と言っているそうです。
    半年ぐらい休みで給与は、同等か、多いぐらい。
    理由は、知っていますが、言いません。
    もうすぐ日本も、是正されるとの事。
    そうなれば良いてすね。

  9. なよ Reply

    せっかく建て替えるなら今までのような昭和チックな外観ではなく、そごうやバスセンターも利便性とデザイン重視でお洒落な感じにして欲しいなぁ。

  10. CCレモン Reply

    中国新聞の再開発マップをみても、天満屋跡地だけの再開発になりそう
    野村不動産主体でやる本通りの再開発計画も、三井住友銀行と一緒に再開発してくれたら
    よかったのですが、なかなか思い描いた通りになりませんね

  11. タミー Reply

    ユニクロは山口県宇部市出身の創業者の方が広島市中区袋町で一号店を開店してその後世界的企業に成長した企業でファーストリテーリングの本店登記は山口市になっています。

    創業の地である中区袋町の一帯は現在では「うらぶくろ」として個性豊かな起業が可能な風土を持合せた、まさにユニークな街になっており、ユニクロのレガシィも大いに貢献している様に思えます。

    八丁堀ブランドの再構築・新しい街づくりに、岡山の天満屋、山口のユニクロが本気で加勢してくれれば、地場の福屋、イズミ、大創産業(ダイソー)・エディオン(ライバルのヤマダデンキが絡んでいるので八丁堀では微妙な立場ですが)と役者が揃い瀬戸内地域の民間資本主導でユニークな街づくりが期待出来るかもと妄想しています。

    勿論、三越やパルコ・東急ハンズ等の全国ブランドもパワーアップして八丁堀ブランドの構築を支えて欲しいと願っています。

  12. TA☆KA Reply

    天満屋八丁堀ビルの今後についてはコロナ禍と需要の減退が加わり、あまり明るい見通しは無さそうですね・・・。
    ビルを所有している百貨店の天満屋は「地方百貨店の雄」といわれるほどの長い歴史と店舗網を誇っており、創業者一族から輩出された現役県知事もいるほどですが、約10年くらいの間に他県店舗の閉店が相次いでいます。

    今後は、地元岡山県と米子・福山地区で態勢の立て直しをしているように見えます(ここ福山地区には元町店・ポートプラザ店・府中店もあり、ブランド力は絶大で年配層を中心に支持者が多いです)し、とりまく状況の厳しさから、広島地区は最悪「すべて撤退」もあり得るかと思われます。

    悲観的な見方ですが、そうなった場合も想定して八丁堀の再開発を地元資本が中心となって乗り切るプランを準備しておいたほうがよいかもしれません。
    広島市は広島県の最大中心都市なので、なんとしても踏ん張ってほしいところです。

  13. ああ Reply

    やはり三越のビルとの一体開発をしてほしいですね。今の規格だと横が狭すぎます。
    中心部のランドマークになるような土地は民間任せにせず、市や行政側が
    積極的に関与するべきだと思います。将来の都市としての生き残りを考えたとき
    地方都市は民間主導の街づくりだけでは限界があります。
    中心市街地は郊外からの客を引き寄せないといけませんが、正直な話LABIでは
    弱い気がします。都市型とはいえヤマダ電機ですから。ヨドバシ誘致の方が
    いいでしょうね。儲かってるなら新ビルでもLABIは入りたがるかもしれませんが。
    三越は食品や飲食関係を充実させれば、やっていけるんじゃないでしょうか。
    再開発ビルは、立地がいいので最近よくあるように上層部はホテルにしてもらいたい。
    五つ星ならいうことないですが、進出希望を表明していたハイアットセントリック
    とか、少なくともグレード高めの宿泊主体型でいってほしいです。

  14. 南区在中 Reply

    この場所はまさしく広島の顔と呼べるところなので、外見も中身も充実しものになって欲しいと願います。安価なものは郊外のモールに任せて、三越か伊勢丹での開発ならば良いと思いますが、福屋でもいいかな。富裕層は広島にも一定数おり、それらの層は特に、広島はハイブランドの店が少なく、物足らないと感じているそうです。
    まあ僕は見るだけになるかも知れませんが、それも都市の幅だろうと思うのです。

  15. タミー Reply

    なるほど、大阪心斎橋「大丸心斎橋本店」隣の「そごう心斎橋本店」が大丸別館となっていますから、ここに福屋もありかも知れませんね。
    大丸は大阪駅前にも進出していますし、本店の歴史ある建築物を腰巻ビルとして見事に建て替えグレードアップに成功していますから勿論規模は異なりますが、福屋にとっては類似性が非常に高い好事例と言えそうです。

    現役最大級規模の被爆建物で歴史的価値が極めて高い福屋八丁堀本店本館ビルの建て替えが八丁堀地区再開発事業のメインイベントとなることは間違いないと思います。

    かつて、広島では地元企業の創業家の方々が二葉会を結成しての広島公会堂(現フェニックスホール)や旧広島市民球場等を民間中心で建設したり、苦しい時は、お互いの企業を助け合ったりした歴史があります。

    時代は変わり、それらの企業の中には創業家の手から離れ、更には地場企業ではなくなっている企業もあり、二葉会はかつての輝き・馬力を失っている様に私には見えます。

    今日では、イズミ、大創業産業(ダイソー)、エディオン等の新しい非常に馬力があるオーナー地場企業群がマツダや中国電力、中電工等と共に広島のスポーツ界振興等を支えています。

    マツダスタジアムやサッカースタジアム建設の一連の動向等から見えてくる広島の街づくりに対する新しいオーナー企業群の熱意は本当に心強く感じます。

    先日、所有株式から見る国内ランキングの発表で、ソフトバンクの創業者(オーナー)に次いでユニクロの創業家(オーナー一族)が第2位で3位以下を大きく離していましたね。

    広島八丁堀には天満屋と交差点を挟んで中国銀行(岡山市)広島支店のビルもあります。
    天満屋(岡山市)が、広島が創業の地であるユニクロ:ファーストリテーリング(山口市)と共に、広島の地場企業群と八丁堀の街づくりに力を合わせて瀬戸内地域を牽引していただきたいと願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。