JR西広島駅の自由通路・橋上駅舎が12月19日より供用開始へ

JR西日本は、改良工事を行っていた山陽本線の西広島駅について、2021年12月19日(日)に自由通路と橋上駅舎を開業することを明らかにしました。

自由通路上にはセブンイレブンハートインとむすびのむさしも同日にオープンします。

当初は2022年3月に供用を始める計画でしたが、作業の効率化でおよそ3ヶ月前倒しでの完成・供用開始となります。

広島の都心への西の玄関口である西広島駅。
他の駅に遅れを取っていましたが、アストラムラインの延伸決定を期に改良が進みました。バリアフリーにも対応した真新しい駅舎がいよいよ開業します。

 

Sponsored Link

 

【JR西日本】:西広島駅自由通路・橋上駅舎及び店舗の開業について(PDF, 327KB)

平面図(上記資料より)

 

(上記資料より)

 

最新の状況はこちらの記事からどうぞ。

JR西広島駅自由通路等整備 橋上化工事 2021.11(Vol.16)

 

【西広島駅自由通路等の整備】

自由通路等の概要 ・延長:約110m(うちJR山陽本線横断部 約40m)
・幅員:8m(一般部)、2.5~3.0m(階段部)
・昇降設備(自由通路):エレベーター2基、エスカレーター4基
・昇降設備(橋上駅舎):エレベーター2基、エスカレーター4基
デザインほか ・内装には天井や壁の一部に木材を多様し、木漏れ日のように太陽光が差し込む
・外観は地名「己斐」の由来となった黒い鯉の言い伝えをもとに、黒に近い灰色を基調に
・自由通路に面した西側にはJRが店舗を誘致
着工 2019年度
開業予定 暫定開業:2021年12月19日(日)(自由通路・橋上駅舎)
全面開業:2022年度末(横川方のホーム階段など)
事業費 約59億円

 

 

かなり完成に近づいたように思っていましたが、まさか3ヶ月も開業が早められるとは驚きました。
関係者の皆様には頭が下がりますね。

自由通路に面した店舗も同時開業となります。
これまで改札の横にあったセブンイレブンハートインとむさしが入るようですね。
3~4店舗入るものかと思っていました。

 

プレスリリースの資料には、木材を多用した自由通路の内装の写真があります。
かなり見ごたえがありそうですね。非常に楽しみです。

自由通路の開業後は、2022年度末の全面開業に向け、現跨線橋の撤去とそのスペースを利用してホームへの階段・エスカレーターの設置を行います。

また、北口の東方面への階段は、すでに躯体は完成しているものの、供用は2022年度末になるようです。

 

今回更新された平面図に、自由通路南端から南の広電西広島駅方面へのペデストリアンデッキが無くなりましたね。

平面図(上記資料より)

現時点で決まっているもののみ記載したからか、計画そのものが無くなったのか…。

西広島駅前の再開発にも関わってくるものなので、今後注目しておきたいですね。

 

JR西広島駅の自由通路と橋上駅舎は、2021年12月19日(日)の開業予定です。

Sponsored Link

2 comments

  1. ASCEN Reply

    3か月も前倒しなんて、驚きですね。
    まあ、早く共用できることに越したことはありませんが。
    開業が楽しみです。
    それと、アストラムラインが延伸されればJR駅舎の横川寄りに駅舎が作られるものと思われますが、その際には一旦外に出ずにJRのホームから直接乗り換えのできる乗り換え改札口ができれば便利だと思うので、期待したいです。

  2. いのっち Reply

    11月27日可部線下祇園駅の線路移設改修工事。運休有ります。バスによる代行輸送あるそうですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。