章栄不動産、19階マンションを横川駅近くに建設へ

広島を拠点に「フローレンス」シリーズの分譲マンションなどを開発する章栄不動産は、
西区横川に19階建てのマンションを建設する予定であることが分かりました。

横川エリアには、1989年完成の複合住宅「スカイプラザ横川」を除き、
60mを超えるタワーマンションは建てられておらず、近年では本計画が初めての物件になります。
現地の状況を確認してきました。

コメントで建築計画を知らせる看板が現地に掲示されていると情報をいただきました。
Aさんありがとうございます。

 

 

横川駅から建設予定地へ

現地に向かいます。
横川駅南口を出て左側、東の白島方面に向かいます。

 

 

 

進んできた城北通りと国道183号が交わる「横川3丁目交差点」に面した敷地が、今回の建設予定知です。

 

 

事業概要

建築計画のお知らせを確認しました。

 

名称 ★ (仮称)フローレンス横川3丁目
高さ ★ 59.63m
59.03m(軒の高さ)
階数 ★ 地上19階
用途 ★ 共同住宅
構造 ★ 鉄筋コンクリート造
敷地面積 ★ 767.70平方メートル
建築面積 ★ 361.30平方メートル
延床面積 ★ 5,030.20平方メートル
着工予定 ★ 2022年10月上旬
完了予定 ★ 2024年10月下旬
建築主 ★ 章栄不動産株式会社
設計者 ★ 株式会社ニュートピアプランニング
施工者 ★ 未定

★:現地看板より

 

フローレンスマンションを手掛ける章栄不動産によるプロジェクトです。
建築面積や住戸数は小さめの部類で、現在建設中の「ソシオタワー十日市」よりもやや大きい規模となります。

敷地に隣接する東側には「フローレンス横川駅前プレミアムステージ」が立地しています。
2018年9月に完成したばかりの物件です。
フローレンスが2棟並ぶような形となりますね。

 

交差点の反対側から。

主に自動車修理工場の敷地が対象となるようです。
隣接するビルが対象になっているかどうかは判断できませんでした。

 

横川駅方面を振り返ります。

地上19階分譲マンション「(仮称)フローレンス横川3丁目」は、2024年10月下旬の完成予定です。

 

横川橋のあたり。
県下3位の利用者数(市内では広島に次ぐ2位)を誇る横川。
このところ特に、駅の南側で新築の賃貸・分譲マンションが加速しているように感じます。

7 comments

  1. CCレモン Reply

    マンションの建設がそこそこ都心部に増えてるのは、人口増ではなく全国共通かもしれませんが
    マンモス団地の高齢化が大きいと思います。  
    子供が都心部にでれば、自ずと団地は寂れていき、バスの本数も減り、近くのスーパーも撤退
    してと悪循環に陥り、最後は空家と廃墟だらけになる‥
    広島はそれに加え山が崩れやすい場所も多いので、バブル期に造成された団地から高齢者が
    都心部に引っ越す現象が起きている言われてます。
    自ら高齢になると医療機関への通院や買い物とか考えると、やはり交通便のいいとこに
    住みたいものです。
    そこそこお金のある高齢者は、団地の家を売って横川付近のマンションを購入するらしいです。

  2. バード Reply

    西広島駅の高層マンション計画ってどうなったんですか?

  3. 広島リボーン Reply

    そう言えば 広電本社の辺りも再開発の話しがあったような?

  4. 通りすがり Reply

    広電本社あたりの開発は、出島に車庫移転する頃に具体化するのでは?

  5. 横川ホワイト餃子 Reply

    横川を西方面に行くと4号線の入口辺りまで、
    電線の地中化が進んでます。
    地味にスッキリしているので気づいてない人も多いと思います。
    それだけで地下が上がるんですよね。

  6. タミー Reply

    ここはよく通る場所ですがマンションが建つ気配など全く感じていなかったので驚きです。

    確認すると、まだ営業されている敷地に写真にある「建築計画のお知らせ」がありました。

    城北通を挟んだ東側方向にはヴェルディマンションシリーズの信和不動産の本社がありここに章栄不動産のフローレンスとは粋な挨拶ですね。

    横川地区はエキニシ・ウラブクロと共に広島市内では抜群の利便性と比較的手頃な家賃価格であることも幸いして飲食店を中心に若い経営者が集まり、風前の灯火だった映画館の活用等若者達が主流となった街づくりに移行している様子で、この場所から国道183号線(可部街道)を北上しJR山陽本線潜った右手にあるスーパーのフジは独身・単身赴任者をターゲットに食料品専門店舗で進出したと聞いています。

    横川に本店を構える食品スパーのフレスタとは顧客層の棲み分けを図っての進出と聞きましたが、横川地区にもこうした他地域の企業が進出することは良いことだと思います。

    このマンションについてはワンルーム形式は0戸となっているのでCCレモンさんが書かれている方々もターゲットに幅広い年齢層で街づくりが出来ればいいですね。

    また、横川ホワイト餃子さんからの情報で中広通(ここも結構よく通ります)を改めて見て、電線の地中化など全く気付かなかった自分を恥じ赤面しました。

    電線の地中化で街の景観が随分と向上するものだと改めて痛感しました。

  7. 葉子 Reply

    横川と言えばオレンジ色のバス会社「広島交通」(通称:ひろこう)ってイメージですな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。