広電のLRT化に向けて 制度の壁 【信用乗車方式】

4月は広島駅へ、南道路へ、段原・東雲へ、都市高速5号線予定地へ、横川駅へ…
普段はあまり行かないところまで動きまわったので、現地レポートが非常に多くなった月になりました(笑)
それらが一段落致しましたので、久々に提案系の記事を書いてみたいと思います。
 
過去のシリーズはこちら。
広電のLRT化に向けて 胡町・八丁堀電停統合の提案
広電のLRT化に向けて 『急ぐ時はバス』?
広電のLRT化に向けて サイド/センターリザベーションの提案
 
 
今回のテーマは「制度・法律」の問題です。
事業者である広島電鉄や行政を担う広島市の決断力の無さや決定の遅さはこれまでに何度か取り上げましたが、
路面電車の高度化(LRT化)を妨げるものに、国の法律や制度もあります。
その辺りを、いつもご覧になって下さっているヒロさんのブログ『広島市の都市問題について考える(ヒロさんのblog)』も大いに参考にさせていただきます。
 
 
信用乗車方式についてまとめてみたいと思います。
信用乗車方式とは乗車運賃の支払いを車掌の元ではなく乗客に任せることにより車両のすべての扉から乗り降りを可能にすることを言います。
広島電鉄を含む国内の多くの路面電車では乗車専用の中央側扉と降車専用の扉が別れており、電停での乗客の乗り降りに多くの時間を取られていますが、このロスの解消が期待できます。
広島電鉄でもかなり前からこの議論はあり、2012年2月には社会実験も行われています。
ICカード全扉乗り降り車両乗車記
 
201202hiroden-2.jpg
 
 
 
信用乗車方式の採用にあたって最大の課題になるのが、不正乗車に対する罰則です。
広く信用乗車が導入されている欧州では通常料金の10倍前後の高額な罰金が徴収されますが、現状日本国内においては
鉄道運輸規程及び軌道運輸規程により、
割増運賃(罰金に相当)は通常運賃の2倍以内、元々の通常運賃と合わせて3倍の運賃しか徴収できません。
日本の交通事業者というのは運賃収入による交通事業運営が大原則であり、3倍という低い罰則では抑止力に繋がらないとの思惑から全くと言っていいほど日本では普及していません。
国や自治体が国民の「交通権」を保証し積極的に交通事業者に対して”運営費”の補助を行う欧州とは考え方の異なる部分ですね。
 
この事以外にも、仮に法改正を行なったとして具体的に何倍が妥当なのか(具体的立証は困難)、定着している割増制度を変えることに広く理解を得られるのか、トラブル・訴訟になった場合に行政側や事業者が責任をもって説明できるのか。
といった大きな課題もあるようです。
国交省大臣官房参事官などを経験された西川健氏の論文が、非常に参考になりました。
運輸政策研究所】:信用乗車方式と割増運賃制度について(PDF 約407KB)
 
長年検討はされているものの、まとめ上げるのはかなり難しいようです。
 
しかしながら、市内線での表定速度が12~3kmの広電にとって乗降時の時間短縮は極めて重要です。
一つの提案として、西川氏の資料にはこのようなことが書いてありました。(以下一部転載)

 他方,特定の地域でのみ信用乗車方式の導入を促進するのであれば,信用乗車方式を導入した時の不正乗車を抑止するという観点からは,割増運賃制度という民事上の制裁に過度の期待をするのではなく,地方自治体
で定める条例による行政刑罰や地方自治体の長の定める規則による過料で対処できないか検討の余地があるのではないかと考えられる注12).

(ここまで)
 
“国が定める民事上の罰則にこだわらず、地方自治体で定める条例等によって反則金を徴収できないか”
という案です。
これは実は最初に紹介したヒロさんのブログでも提案されていました。
条例という形では内容によっては強制的に徴収できない場合もあるそうですが、現在の運輸規定の改正があまり期待できない状態の中、大いに将来性を感じます。賛成したいです。
 
ただこちらも簡単ではないでしょうね。
条例を定めなければならないとなれば当然ですが広島市がやる気にならなければ不可能です。
駅前大橋線一つとっても未だに決められていないですし、実現には今とは比べ物にならない程の明確なビジョンとそのための実行力が必要になります。
アストラム西風新都線の延伸意欲をこちらに持ってきていただきたい位です(笑)
 
 
 
今回は制度面について考えてみましたが、電停の統廃合やセンターリザベーション・サイドリザベーションと違って、
基本的にソフト面で対応できる話であり初期投資も少なく済むものです。
本気になって取り組めば、比較的短期間で実現できるはずです。
国内の高度路面電車=LRTでは広島は完全に富山の後塵を拝するようになってしまいましたが、
挽回のためにもどうか積極的に検討していただきたく思いますね。

スポンサードリンク


 


この記事をシェアする

11 件のコメント

  1. びたみん 返信

    別の案として、乗り降りの多い停留所には券売機を置く、というのはどうでしょうか。(広島駅のとこにはまだあるんでしたっけ?)海外からなどの慣れない観光客にも安心ですし、普段現金で利用する人も電車が来るまでに時間があれば「買っておこうかな」という気になるのでは。ちなみに、とある国の信用乗車式LRTは切符が必携で、私服の係員が抜き打ちで乗客の切符チェックをしていました。
    他にも、たとえば親子(大人+子供)専用のPASPYがあれば、乗務員の操作の分だけ降車時間が短縮されますね。とにかく色々試して欲しいです。スピードアップが街を活性化するのは間違いないので。

  2. たぬき 返信

    広島を離れて随分経つので、現状を良く知らないのですが、磁気カードの利用が普及すれば、それだけで乗降時間はかなり短縮するような気がします。
    観光客、高齢者の存在がネックになっているのでしょうか?
    一方、信用乗車に関しては、事業主にとって重要な運賃収入が目減りするリスク、そして揉め事は極力、避けたい日本人の気質から、個人的には実現は厳しいかなぁと
    思っています。
    ただ本件に限らず、広島の都市開発で、一番、問題なのは、当事者である広島市に問題意識並びに、こういう街にしたい、という明確なビジョン、熱意が欠如している点だと思います。
    東京に比べて企業のうまみが少ない地方の都市開発を推進するには、なおさら強いリーダーシップを発揮する存在が不可欠なのですが、果たして救世主はあらわれるのでしょうか?
    正直、歯がゆい気持ちでいっぱいです。

  3. たく 返信

    これだけ普及したlCカード。切符のように使い捨てにできれば現金利用がなくなり、より信用乗車制度を推進しやすくなるかなと。
    『広電のLRT化、ましてや、信用乗車など、できるはずがない。』と、某掲示板で断定される始末。見返すためにも、広電はもちろんのこと、広島市などの行政にも、ネットの意見フォームなどて訴えたいものです。

  4. BW'S 返信

    信用乗車方式の話は大歓迎です。
     
    別のスレッドにもコメントしましたが(西広島バイパス混雑緩和のです)
    不正乗車対策として高額の違反金を設定し、以後違反がなければ半年後に返金。
    もし、また違反が繰り返されたら返金せずで、理解は得られるのではないでしょうか。
     
    あくまで違反金徴収が目的ではなく、不正対策なのですから不正がなくなるのなら返金です。
     
     
    しかし、壁は高いですね。
     
    肝心の広電は前の越智社長(というか太田会長)は信用乗車を視野に入れていたのでしょうが、現在の社長さんは明確な態度を全く示しておられませんし(報道されないだけかもしれませんが)、広島市の意向に従うの言葉のみでビジョンも不明。
    今現在も車掌職の求人をしているので、車掌廃止の信用乗車は考えていないものと思われます。
     
    それに気を付けないといけないのは、現在の車掌さんたちの生活も考えないといけないことです。
    信用乗車だから解雇ということはないでしょうが、覆面検札員になるにしても抵抗が起きないようにしっかりと考えなければならないと思います。
     
    そして大事なことですが、現行パスピーは複数人利用を認めている点です。
    信用乗車にするためにはICOCAのように一人一枚を原則とするべきです。
     
    以前、広電は全扉乗降実験を行いました。鯉党さんが写真も掲載しておられますが、入り口扉に降車用リーダーを設置していました。実験のためだとは思われますが、扉付近の様子は録画されていました。
    いまだにあの社会実験の結果のようなものは公表されていませんが、どうだったのでしょうか?
     
    でも、全扉乗降は信用乗車ではないなぁと思います。
    乗り降りの際にカードをタッチしなければならないのはせっかくの信用乗車の目的である乗降時間の短縮には合いません。電車に乗っているとしょっちゅうエラー音が鳴っています。
     
    運賃の仕組みを根本から変えて、タッチは一日一回で済むくらいにしないとダメだと思います。
     
    電車の中にはリーダーなし・運賃箱なし・両替機なしで無駄に場所を取っているものをのければ車内は広くなりますし、連接車の場合は、街なかのお店にあるようなワンタッチ式自動ドアのようになっている海外のトラムも理想ですけど、高齢者や障がい者もいることだし車掌さんのいる信用乗車が日本的かなと思います。
    (ただ、最近のJRでは車内保温の名目で各扉にボタンがあって乗客が押すようになっています。広島の人も違和感なく使っておられるようですが・・。)
    電停でタッチすれば乗るときも降りるときもタッチはいらない、扉の開け閉めと案内放送は車掌さん、もちろんどの扉からでも乗降可能。
    車掌さんがいれば不正の抑止力にもなるし、職も確保できるでしょ。
     
    ながながスイマセン

  5. syunji 返信

    市内線乗車時は入り口での1回タッチだけでいいような気がします。
    乗り換え時や運賃の違う白島線、宮島線への乗越時に問題になるかもしれませんが。

  6. BW'S 返信

    今日9日のRCCラジオ「ひびかん」でRCCテレビニュース6の編集長が、広島の交通問題解説をしておられました。
    タイミング悪く後半しか聞けませんでしたが、後半はアストラムライン延伸の話でした。
    どうやら前半は広電環状線の話だったようで、聞き逃したのが残念です。
    ネットで後から聞く方法無いのかなあ?

  7. 匿名 返信

    >BW’Sさん
    連接車は車掌が扉の開閉をするので信用乗車制度=車掌の失業とはなりませんよ

  8. ヒロさん 返信

     久しぶりのコメントします。罰則金規定の改正、条例の制定だとどうしても時間がかかります。これは中・長期的な課題として、短期的には擬似信用乗車的な対応が必要かなと思います。現在も各扉に乗車用と降車用のカードリーダーが設置されていますが、各電停に乗車専用のカードリーダーを設置すれば現在よりは、乗降時間の短縮が多少ですが、見込まれると思います。
     
    ただ、紙屋町西・東電停等の混雑電停で、信用乗車のみの対応で乗降時間の短縮が図れるかと言うと、難しいでしょうね。この混雑電停の場合は、2線3面式の乗降別の電停化するしかないのかなと思います。乗降別にすれば両面8扉が同時に乗降車で使えます。降車専用ホームに有人簡易改札台設置かイスタンブールのLRTの様に、簡易式の自動改札を設ければ、問題は無かろうと思います。
    これをやるには、今の車線を1~2車線潰す必要が出てきます。
     
    他の方も書かれていますが、問題としては広電自身が、経営陣が変わって前社長・前会長が推進した先進的な取り組みをほぼ白紙撤回している感があり、信用乗車自体やる気が無くなったようにも見えます。10年以上前に、広電の役員の方が、不正乗車が10%を超えたら経営危機となるとの発言を聞いたことがあります。人件費の削減にもなり、信用乗車方式の採用は必要かと思うのですが。
     
    信用乗車方式の採用で大失敗した例として、オランダのアムステルダムがあります。ここは、既存のトラム路線、地下を走る快速トラム、郊外の新設LRTを相互に乗り入れさせていますが、都心部のトラム路線の車掌制を廃止して、信用乗車方式の採用を導入したら不正乗車が30%超えたそうです(笑)アムステルダムは欧州では、珍しく全面的な信用乗車方式の採用はしておらず、一部に留まっています。
     
    いずれにしても広電のやる気のなさがある限りは、どうなんだろうと思いますね。それこそ、アストラムの東西線建設をちらつかせて、無理やりにでも奮起を促すしかない様に思いますね。
     
    現在、こちらで平成26年度のLRT整備についての意見募集をしています。http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/0000000000000/1398682080325/index.html
    長々と、失礼しました。

  9. 鯉党α 返信

    >皆様へ
    コメントありがとうございます。
    電停に単なる乗車用カードリーダーだけではなくて、券売機を設置するのも有効な一手ですね。特に距離別運賃となる宮島線での効果は大きいかもしれません。
     
    車掌さんについてのコメントがありましたが、私は本当の最終的には欧州のように乗務員は運転士のみで人件費の削減を図るのが良いと思います。不正乗車によるマイナスの穴埋めにももしかしたらなるかもしれません。
    ただ、いきなりそうなるのも混乱を招くので、
    車掌ありの全扉乗降方式から段階的に進めていくべきだと思います。
    罰金(反則金)を誰が徴収するのかはまた考えなくてはなりませんね。
    車掌さんがこのポストになるのか、市の職員がやるのか…など。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。