広島駅リニューアル工事 2019.03 地下通路の美装化完了! 今後も続く改良

広島市、JR西日本、UR都市機構は共同で、JR広島駅の大規模改良工事を進めてきました。
①南北自由通路の整備、②橋上駅舎・線路上空店舗の建設、③駅北口ペデストリアンデッキの整備、④北口広場の再整備etc.
これらを一気に整備する”50年に一度”と言っても過言ではない大型プロジェクトでした。

現在はエキナカ商業施設「ekie」の店舗開発が主に進められており、
2018年9月6日には第3期エリアとして、主に新幹線高架下のエリアにおみやげや軽飲食をメインとした48のお店がオープンしました。
最終期となる第4期エリア(旧新幹線名店街)は、2019年秋のオープンに向け、改装中となっています。

前回の状況です。

広島市は、JR西日本とUR都市機構と共同で、JR広島駅の大規模改良工事を進めてきました。 ①南北自由通路の整備、②橋上駅舎・線路上空店舗の建設、③駅北口ペデストリアンデッキの整備

Sponsored Link

まずはちょっとしたご紹介から。

この広島駅自由通路・橋上化プロジェクトが、一般社団法人 鉄道建築協会が定める
2018年度の「鉄道建築協会賞」の特別賞に選ばれました。

【一般社団法人 鉄道建築協会】:特別賞:広島駅自由通路・橋上化プロジェクト


(上記HPより)

 

鉄道建築に与えられる賞の中でも最高位に当たる賞のようで、非常に名誉なことですね。
広島市が専門家を集めデザイン会議まで開いた結果、そしてそれを日々の運行に影響を与えないよう工程を工夫して実現させた関係各位の賜物です!

それにしても、誰も人が歩いていない状態で、すべての照明が点灯した広島駅の姿が美しいです。
普段は「利用してもらう」方の建築物が、主役になる風景は大好きです。

 

ところで、上記のページによると、このプロジェクトの工期は
平成24年4月~平成30年6月
(2012年4月~2018年6月、約6年に及ぶ工事)
と記載されています。

この賞に応募したのは、
”西日本旅客鉄道(株)大阪工事事務所 広島市 独立行政法人都市再生機構”
工事の実施主体です。

これまで我々外部から分かり得る工期が曖昧で、個人的にekie第4期のオープンまでを一連の工事の区切りに位置づけていましたが、この工期を正式なものと捉えることとします。
これに伴い、広島駅リニューアルに関する当連載記事のタイトルから、「広島橋上駅新築工事」の正式名称を外すことにしました。
これまで108回の更新(工期内では104回の更新)にお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

さて、自由通路建設と橋上駅化工事が終わったあとも続く、広島駅ナカのリニューアル工事、及びその他変化をこれからも紹介していきます。

まずは昨年から行われていた在来線改札内地下通路のリニューアル工事です。

 

 

薄暗く、壁面も老朽化していた地下通路を美装化する工事で、昨年11月から通路の半分が通行可能になっていましたが、
予定通り、2018年度内に全てのリニューアルが完了しました。
メイン動線は自由通路のある2階に移り、人通りは少ないことを考えると、十分すぎるくらいの内容です。

北口改札へ上がる階段付近はそのままですが、ここに取り掛かるのはまだ先でいいでしょう。

 

その北口改札付近の状況です。

 

 

改札を出て左手の、旧「新幹線名店街」のエリアは、「ekie(エキエ)第4期」エリアとなっており、
2019年秋のオープンに向けて工事が続いています。
第4期エリアは、通勤・通学客や、出張で訪れた人などが広く利用できる、食料品ニーズに対応した店になる予定です。

 

変わって在来線ホームに移動しました。
線路内に目につくのがこちら。

 

これまで見られなかった、列車制御用のボックスや地上子が確認できます。
広島地区で運用を予定する新保安システム「D-TAS」用のものと思われます。

本来、この春(2019年春)から山陽線広島地区全線で運用を始める予定でしたが、
昨年7月の豪雨災害により2020年春に延期されています。
詳細はこちら。

【JR西日本】:山陽線 白市~西広島間の「D-TAS」使用開始時期の延期

来春の本格運用に備え、昨年できなかったテストがこれから始まっていくと思われます。

 

広島駅といえば、先月我々が待ち望んだJR駅ビルの建て替えに関する公式発表がありました。

広島市とJR西日本、広島電鉄の3者は、15日共同で会見を開き、 検討を進めてきたJR広島駅南口広場再整備事業に関し、建て替えられる新しい広島駅ビルの概要とイメージパースを公開しま

シネコンを含む大型商業施設や、地上20階・高さ100mのホテル、そして2階に高架で乗り入れる路面電車など、
一連の広島駅リニューアルの総仕上げ、最終章にあたる内容です。

この発表を受け、改めて現在完成している橋上駅舎を収めてきました。

1番のりばから見上げる橋上駅舎。
駅ビルの建て替えを見据え、ホーム上を覆うのは2番のりば上空までとなっており、
その躯体には将来駅ビルとの直結にも対応できるよう、鉄骨が張り出しています。

 

1番のりばの自由通路の真下付近。

 

 

以前は南口改札があった付近です。
他ののりばと比べ、明らかに目隠しや美装化が最低限のレベルに抑えられており、
これも将来駅ビルと一体化するためであると予想できます。

見上げて、この2階のすぐ近くまで路面電車が乗り入れてくることの壮大さには、改めて驚きです。

 

1番のりばの岩国方から、橋上駅舎を振り返ります。

こちらも、鉄骨が張り出す箇所があります。
方角でいうと西側に当たりますが、イメージ図によると、こちら側に20階・400室の「ホテルヴィスキオ」が予定されており、その付近に接続されるエリアになると思われます。

造ったばかりの躯体をどこまで利用するのか、あくまで別棟のような形態になるのか、まだ想像できません。

一段落ついたかに見える広島駅の開発、まだまだ変わりますね。

 

先程紹介した、在来線改札内地下通路の、南口駅ビル接続部。

駅ビルが建て替えられるわけですから、ここもまるっきり新しく生まれ変わるでしょうね。

 

新広島駅ビルの建て替え計画は、以下のようなスケジュールになっています。

 

2020年3月末:現駅ビル閉館
2020年4月:現駅ビル解体着手
2025年春:新駅ビル開業予定

 

Sponsored Link

25 comments

  1. 貨物広島 Reply

    こんばんはです。
    広島駅の工事も、まもなく本丸の駅ビル工事へ進んで行きますね。
    因みに広島駅構内のD-TASですが、軌道にも新しい地上子(緑色)が設置されています。最も駅間は未だですが…。

  2. 広島心 Reply

    仕事で関東に行くのですが、近い将来には広島に戻ろうと思っています。その時には大都会広島が待っていると勝手に期待を膨らませているので楽しみです。笑

  3. 社会系 Reply

    高架駅舎であれば、2階ホームから1階改札という1層ですが、
    地上駅舎であれば、2階改札に加え、1階ホームから地下改札という2層になり、
    新宿駅、池袋駅、京都駅と同種タイプで、日本最大規模駅になります。

    新保安システム「D-TAS」は、
    2020年春ダイヤ改正で、227系が活かせる所要時間短縮が見込まれます。

    • Shima@北海道

      D-TASによる安全で時間短縮ダイヤが楽しみですね。

  4. モミジ Reply

    あれよあれよと綺麗になっていく広島駅。
    気づけばもう、全く別の駅になっているような感じがします。

    あとはホームドアの設置で、プラットホームは終了になるんでしょうか。

    車両も全て227系で統一されているということで、
    近未来感半端ないですね。

    ワクワクします!

  5. どわいごろ@品川区 Reply

    あんなに毎日お世話になった広島駅も、関東に引っ越してから広島に帰る時は岩国空港をつかっているので、もう3年間ご無沙汰です。
    久しぶりに広島駅に行ってみようかな。

  6. OORer Reply

    ホームの側面が汚い石(レンガ?)なので綺麗にして欲しい

    • ASCEN

      私も広島駅の映像を見るたびにいつも思います。
      綺麗にタイル張りされたホームとのギャップがありすぎですよね。

    • 貞山1号

      個人的にはあの石積みが歴史を感じさせて良いと思うのですが。

    • まさし

      全体がぼろいときには何とも思わないけど、周りが綺麗になって、都会になるとああいう古い物の価値が増すのは不思議。全てが綺麗になりすぎるとあまりに無機質で味わいが無くなる。パートパートに古い物が歴史の重みを感じさせていいアクセントになる。

    • 東区民

      時代とともにホームをかさ上げしてきたため、あのような不揃いに石が積まれた見た目なのだそうです。
      改良工事に合わせてそういった部分も随時リニューアルしてもらいたいですね。
      何にしろやるからには徹底してくれないと新鮮な雰囲気が生まれません。
      個人的には、現状は他県でリニューアルされた駅のイメージにあと一歩追いついていない気がします。

  7. とある土木屋 Reply

    ホームの側面が汚い(石とブロック積み?)なのは、盛土構造のホームであることが理由ですが、盛土構造のホームはホームドアを設置するには、不向きな(コストが掛かる)構造とされています。実際にドア設置済の駅ではホームの補強工事や一部盛土部分の撤去が行われている例があります。(ホームドアの基礎埋設部と盛土を抑えているブロックなどが干渉してしまうため。)
    そう考えると、駅舎の整備に重点が置かれている現状では、ホームの改良を伴う可能性の高いホームドアの設置は期待薄なのかなと考えてしまいます。

  8. 駅利用者 Reply

    大阪の高槻駅のようなロープが昇降するホームドアが、
    広島駅に設置のようですが、あのタイプは正直安っぽくて嫌ですね。
    ホームドア自体のコストと、軽量な構造のため、ホーム補強がいらない点が
    メリットなんでしょうけど、微妙ですね。

    1番いいのはアストラムラインのようなフルスクリーン型が理想ですが、
    せめて山手線のようなきちんとしたものを採用して欲しいですね。

  9. 社会系 Reply

    高槻駅のようなロープが昇降するホームドアは、
    大阪駅新快速ホームにもあったと思いますが、どうでしょうか。
    JR西日本は、新快速クラスはロープが昇降するホームドアかもしれません。

  10. 一人の鉄道ファン Reply

    かつて鉄道ファンから古さを揶揄されて「國鐵廣島」と呼ばれてたようですがここ数年の
    変化には驚かされますね。設備も車両も良くなって利用者としても嬉しいです。
    行政もJRも都市の魅力アップに引き続き取り組んで欲しいなと感じます。

  11. MT Reply

    コストの面から言っても、高槻駅にあるようなロープ昇降式になるのではないでしょうか。
    ただ、あれはドア枚数が異なる車両に対して柔軟にコストアップせず対応する為という側面もあるので、実際にはどうなるかはわかりませんが。
    広島地区は既に3扉に統一化されているので、他にも何か安く済む方法があるかもしれません。
    乗降客数の多寡に応じてホームドアのグレードを変えるという可能性もあります。
    そうなれば広島駅は本物のホームドアになるかもですね。
    少ない駅は今の広島駅新幹線ホームみたいな簡易的な柵で済ませられるかもしれません。

  12. よそ者 Reply

    広島駅は主要都市玄関駅の中では
    とてもシンプルでコンパクトな非常に使いやすい駅だと思います。
    再開発でその良さが失われないことを願います。

  13. ああ Reply

    駅ビルは建て替えられますが、地下部分は変わらず、あのままなのでしょうか?
    ユアーズが入ってますが、小規模で品数が少なすぎます。
    地下部分を拡大して、ユアーズも大きくしてくれると、生活の場として
    駅周辺の魅力(特に南側)が、さらに向上すると思うのですが。

  14. NOVA Reply

    広島空港も民営化が決定したので、ターミナル拡張や路線拡大を期待したい!

  15. 広島に縁がある福岡県民 Reply

    改札口を通るために階段で地下に降りて、電車に乗るために階段で地上に登るのは、ちょっと不便な気がするのですが、そこそこ利用者がいるのでしょうか?
    混雑解消のためなのかな?

  16. サンフレッチェ大好き Reply

    今日の広島駅はいつもに増して欧米人の観音客が多い。在来線の車内も英語のアナウンスも必要ですね。観光客は益々増えますハード面以上にソフト面の充実が必要ですね。駅ビル建て替え中の食事飲食店の不足や観光客へのサービスは外国人の増加を目の当たりにして不安になりましたね。日本人の方が可部線の4番乗り場で尾道へは行きますかと駅員に訪ねていたのには驚きました。

    • ASCEN

      そう言えば、今ではもう在来線で広島から尾道まで乗り換えなしで行けなくなっちゃんたんですよね。同じ広島県内なのに尾道や福山に行くには現実問題として新幹線を利用せざるをえない状況になってしまいました。今思い起こせば40年前に高校の部活の大会が福山であった時に鈍行で行った記憶があります。懐かしいですね。

  17. FK Reply

    ホームドアの件ですが
    電車は227系で統一されてるとはいえ
    ホーム数が少ないので、特にホームを選ばずに気動車や瑞風のような車両も停車することもあるということを考えると、高槻駅タイプになるでしょうね。
    岡山駅なども同様でしょう。

  18. 日本の首都は岡山じゃ Reply

    大阪駅の場合4枚ドアが確定している緩行電車の6、7番ホームは通常タイプで、快速、新快速の5、8番ホームはロープタイプです。
    このようにホームによって使い分けという選択肢も大いにあるのではないはないかと思います。
    例えば、1番ホームは普通電車しか来ないので3枚ドアの通常タイプ、2番ホームは様々な列車が来るのでロープタイプという感じです。

とある土木屋 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。