全面開業した周南市役所 新庁舎 2019.08 交流施設『シビックプラットホーム』など

山口県周南市が2016年から行っていた新市庁舎の建設が今年全て完成し、
2019年6月25日から全ての部門で新しい庁舎での業務を開始しました。
中心部の目抜き通りである「岐山通り」に面して建つ新庁舎は、市内に分散していた機能を集約する地上6階建てで、災害時でも機能できるよう免震構造となっています。

また、「庁舎棟」に隣接し、市民の交流を主な目的とした会議室やカフェが入る「シビックプラットホーム」なる施設も併設されています。

徳山駅の状況と合わせて、新しい庁舎の外観も見てきました。

山口県周南市のJR徳山駅では、2018年2月に、 駅北側(みゆき口)の「旧徳山駅ビル」を解体して整備した新駅ビル「徳山駅前賑わい交流施設」が完成しました。 駅ビル内には「CCC

 

【周南市 / 庁舎建設基本設計をまとめました】:
周南市庁舎建設基本設計書(概要版)[PDFファイル/2.38MB]


(上記資料より)

Sponsored Link

南西側から、来庁者駐車場越しの新しい市役所です。

新庁舎は地上6階建て、延床面積2万930平方メートルで、免震構造を持った建物です。
右手に伸びている低層の建物が「シビックプラットホーム」。後ほどご紹介します。

 

駐車場の車いす使用者駐車スペース付近から、エントランスへ。

 

黒を基調としガラスを多様したシックなデザインは、まるでマツダディーラーのようです。

 

エントランス付近から、西側の「岐山通り」側。

 

コンクリートの柱に支えられた建物がピロティとなり、歩道との連続性を確保しています。
メチャクチャ洒落てます。

 

岐山通りから。

 

先程のピロティのようになっていた部分から、南へ伸びる低層棟が「シビックプラットホーム」と呼ばれる部分です。
市民の交流を目的とした会議室やカフェが入ります。

 

最も南側のカフェ。

 

【公式】:ORANGE CAFE(オレンジカフェ)

「オレンジカフェ」と言います。今回は時間の都合で入りませんでしたが、いわゆる”役所に併設した利便施設感”は一切なく、本格的で驚きました。
元々市内の別の場所で営業されていたお店がここに移転したようです。
こうして休日でも営業しています。

 

シビックプラットホームと市役所庁舎棟。

 

 

岐山通り北東側から。

 

 

交流施設として思い切った「シビックプラットホーム」に対し、庁舎棟自体はオーソドックスな構造に見えます。
新しい公益施設のあり方を見せられた気がして、刺激になりました。

 

「シビックプラットホーム」には開庁日のみコンビニも営業しています。
ポプラが運営する「生活彩家」が入っていました。

Sponsored Link

12 comments

  1. B Reply

    ここの前市長の発言によれば、御幸通りを挟んで向かい側の敷地(市民ホール跡地、現臨時駐車場)に、
    市内に点在している国の出先機関を集約するための、合同庁舎も検討しているとのことです。

    対象として挙がっているのは法務局、税務署、ハローワーク、労基、年金事務所など。
    11カ所18機関あるうち市民に利便性の高そうなものを選別。
    コンパクトシティ化の流れを感じますね。

    • B

      御幸通りではなくて岐山通りでした
      失礼しました

  2. 三原のたっこん Reply

    山口市や周南市とか防府市の山口県中部は広島も福岡も遠いですからベッドタウンを目指す事は出来ないのでコンパクトなサイズに纏めつつ必要な物は薄くても誘致する事が都市開発に大切な気がしますね。

  3. NOVA Reply

    周南市は、名称を徳山市に戻すべき!
    未だに関東では認知度が低い!
    市にとってマイナスでしか無い!

    • blk

      徳山市に改名するか、徳山駅を周南駅に変えるかどちらかですね。

      さいたま市も埼玉市にすべき。
      自治体名が平仮名はダサい。

    • まつ

      山口県はもともと東京寄りの考え方が多数を占め、徳山は出光など関東との繋がりも強いため、新しい考え方を取り入れやすい土地柄です。対して広島市は独自の街の発展と利権優先により、再開発がうまく進んでいません。広島市の実力ならば、もっとまとまりのある都市を作れるはずなんですけどね。

      徳山市のトポスや、しおむらがあった時代が懐かしい。

    • 無印不良品

      広島市が独自性を保っているのは、地場産業を守る為です。あれを開発を進めると一気に地場産業がやられてしまいますし、進めたところで福岡の二番煎じになり、売上が落ちると規模に優る福岡に吸い取られ、中心部の空洞化が一気に進みます。中々難しい所なんですよ。

    • ああ

      イズミは、九州の売上は大きいと思いますが、本社は広島ですから、
      むしろどちらかというと福岡や九州から吸い上げている状態ですね。
      そして物価、賃金等、中心部の経済水準は地方圏でもトップですから
      実態は逆ですね。

    • 無印不良品

      >>ああさん
      すみません、言葉足らずでした。私が言いたかったのは、開発を一気にやると中心部の本通りだとかの地場の小売とかが進出した中央資本にやられて、福岡の二番煎じになるということです。そして売上が落ちると撤退とか、或いは福岡の支店に統合とかを懸念するという意味です。私も広島の地場産業は福岡に負けているとは思いませんし、寧ろ札幌仙台広島福岡の中でダントツ、そればかりか東名阪でも相手に出来る、いや寧ろ並びは東名阪広、札仙福と思っています。また聞くところ寄りますと全国展開する企業の広島支社・支店は東名阪を除く地方では福岡を退けダントツの売上を誇るそうなので都市としての価値は高いです。しかし、それだけストローされているとも取れるので、是非とも地場産業の皆様には自主開発等再考して貰いたいものです。長々とすみません。

  4. 社会系 Reply

    近年、駅舎とセットで、市役所庁舎も再開発が進んでいます。

    尾道も駅舎が新しくなりましたが、市役所庁舎も新しくなります。
    また、レポートよろしくお願いします。

  5. ミトコンドリア Reply

    周南市役所のロビーの家具はイタリアからの輸入品です。抜群のセンスの良さです。さすが日建設計です。駅東の再開発が進行中で徳山駅周辺は熱い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。