広島バスセンター 2019.11 のりば別の案内装置が稼働を開始!

広島市の交通の要衝の一つ、「広島バスセンター」で、
11月1日からバスホームにおけるロケーションシステムの稼働が始まりました。
のりばごとに新たに設置された発車案内装置で、次のバスの行き先や発車時刻が分かるようになります。
広島駅南口や中心部の主要なバス停にはすでに液晶モニターが設置され、案内が行われています。
巨大交通結節点である広島バスセンターでも同様の案内サービスが始まりました。

実際に見に行ってみたのでご紹介します。

Sponsored Link

 

紙屋町交差点に面する広島バスセンター

紙屋町交差点から全体を撮ってみました。
そごう広島店でおなじみですが、正式には「広島センタービル(アクア広島センター街)」の中に、そごうやバスセンターが入居している格好です。
中四国最大の繁華街、その中でもド真ん中に位置します。

 

早速、3階の広島バスセンターののりばへ。

 

 

ズラリ!!
どこかの私鉄のような横長の液晶モニター(LCD)による案内装置が、のりばごとに設置されています。11番のりばまであるので全11台ですね。

表示は片面のみです。8番のりばあたりがコンコースとの連絡口なので、そこに向くように設置されています。
8番のりばは連絡口真正面なので、車道と平行の方向に設置されました。

 

バスセンターの1日の乗降客数は、約3万3,000人。
JRで言えば横川駅と同じくらいある上、都市間高速バスや空港リムジンバスも乗り入れる交通の要衝です。
今までこういったものがないほうが不思議なくらいでした。

 

詳しく見てみます。

 

 

 

通常案内時は右側に広告スペースが現れますが、シンプルで見やすくて良いです。
感心したのが、画像2枚目や4枚目など。
同じのりばでも行き先が違う場合は2列で並んでもらうのですが、
その際の待つ位置の案内もこの装置が兼ねています。液晶ならではです。

 

バスが来るとこのような感じ。

少し気になったのは、実際にバスを待つ先頭の位置からは少し前方に装置が設置されていること。
戸惑うことがないと良いのですが。

 

リフレッシュ工事が続けられる

今回のロケーションシステムの導入を始め、広島バスセンターはここ数年であらゆるところでリニューアルが進んでいます。

 

 

ダークブラウンに統一されつつある内装。
既存の惣菜売り場や軽飲食をリニューアルした「バスマチFOOD HALL」が昨年春にオープンしました。

木目の内装で落ち着いた店内は、それまでのバスセンターの印象とは一線を画するものでした。
そごうの他、紙屋町で買い物をして帰宅しようという方で、そこそこ利用されているようです。

広島駅と並ぶ、広島の交通の要衝である中区基町の「広島バスセンター」では、 ターミナルのコンコースを新たなグルメスポットにリニューアルする工事が行われてきました。 「紙屋町も

 

リニューアルは続いており、現在は出発ホーム側のトイレが改装のため閉鎖となっておりました。

【広島バスセンター】:広島バスセンター内トイレ改修工事について

ユニバーサルデザインを採用した綺麗なトイレが12月下旬ごろには使えるようになるそうです。

 

出発ホームと、「そごう新館」や「パセーラ」などがある到着ホームとを結ぶ通路もこのように綺麗になっていました。

ビル自体は確かに老朽化しており、将来の建て替えについてもそごうの側から検討されるまでになりました。
建て替えがあるとしても実際にはまだ先になると思われ、
その間も利用客に快適に過ごしてもらおうという姿勢は大きく評価したいですね。

 

昨日の中国新聞にビックリするような見出しの記事がありました。 広島市中区の百貨店「広島そごう」は、将来の店舗建て替えを見据え 利用者ニーズを把握するための小規模な改良を進め

Sponsored Link

16 comments

  1. hima Reply

    バスセンターは日に日に綺麗になっていいですね。案内板もフルカラーで東京の鉄道案内と変わりないですね。リノベーションの仕方も非常によくて、空港に行く時なんかに利用すると、毎度便利になっていくのを感じられます。
    ところバスといえば、世界に先駆けて軌道上でのバスの自動運転が始まりました。どこかやらないかなーって思っていましたが、広大学先駆けて始めたみたいですね。これからの広島から発信するイノベーションに期待してます。

  2. ひろ Reply

    コンコースはガラスで仕切りが無いので排ガスなど空気が悪いので、博多交通センターや天神バスセンターみたいにガラスで仕切りバスが到着したら自動ドアが開く感じのリニューアルはしないのでしょうか?

  3. LED Reply

    最近はバスの方向幕(行き先表示)もフルカラーLEDに転換しつつあり、
    益々、識別しやすくなっています。
    路面電車の方向幕も、そろそろフルカラーLEDに変わるかもしれませんね。
    新型車両のGreenMoverエイペックスは白色LEDですが、単色です。

  4. Reply

    これは今に始まったことではないですが終点を表示するのではなく、主な行き先を表示して欲しいと思います。

    例えば阿賀駅前じゃなくて「呉・阿賀駅前」等

  5. サンフレッチェ大好き Reply

    当分、SOGO、バスセンターの建て替えはないという事ですかね。

  6. スラサン Reply

    今さらそごうに建て替える力はもう無さそうですけど可能性はまだあるのでしょうかね

    • Kei

      関西のそごうが阪急に変わって博多駅にも阪急が出来たので、将来的には広島もそごうから阪急に、という話が出てくるかもしれませんね。

  7. TOM Reply

    そういえば、バスセンターを球場跡地に移してそごうを建て替えするって話でしたよね。
    これだと、そごう建て替えは10年後、球場跡地は20年後くらいになりそうですね。
    広島よ…。もっとスピーディーに動けないですかね。生きてるうちにJR西日本跡地の完成はみたい。

    • オッス!オラ、全斗煥!

      >TOM氏
      簡単に言うけど、セブンアイの動向も考えるとそりゃ時間はかかるでしょうよ。イベントな代替地の確保、仮にそごうが撤退するとなるとどこに来てもらうか、そしてどのタイミングで建て替えするのか、決めることはたくさんあります。
      シムシティやってんじゃないんですから。

  8. 張さん Reply

    そごうの経営方針の事は存じ上げませんが、関東以外の店舗は広島以外全て消える辺り、将来広島店も消えると考えています。
    ただ、売上はよく、地域一番店なので大丸や阪急といった形で引き継がれると思います。

  9. どわいごろ@品川区 Reply

    バスセンターは既に到着時刻表示なんですね!
    山手線も発車時刻表示から「あと○分」の到着時刻表示に変わるってニュースを先月見ました。

  10. TOM Reply

    大黒字のそごう広島店を西武が引き上げ、阪急や大丸に変える必要はないと思いますが…。
    阪急はご存知阪急電鉄。そごうは西武電鉄。提携してないし、変わることはないと思いますよ。
    神戸そごうは売り上げが悪く西武が売却し、その後に阪急が入っただけですよね。

    • オッス!オラ、全斗煥!

      >TOM氏
      そごう西武が首都圏以外の店舗をほぼ閉鎖するということの意味をどう捉えるかですよ。
      百貨店が消滅する県を出してもお構い無し、創業者の出身地の店舗を潰しても(=のれんを汚す真似をしても)知らん顔、そんな会社がいつまで責任持って百貨店やってくれるか疑わしいもんです。
      そもそも神戸そごうは基幹店で売り上げはそこまで悪くなかったのですが。それにそごう西武の品物の流通をどうするかという問題も出るでしょう。

      そもそもそごうは元々大阪御堂筋の百貨店であり、西武電鉄の持ち物ですらありませんが。あそこがくっついたのはそごうと西武百貨店が経営難に陥りセブンアイが一括で引き取っただけだと記憶していますが。西武百貨店は西武電鉄発祥ではありますが今は別物ですよ。
      セブンアイグループというのを忘れたら何の話もできません。

      先のことを考えたら、大丸か阪急か高島屋に買い取ってもらう方が紙屋町界隈にとっても幸せな気がしますが。特に大丸は紙屋町に進出する寸前までいってましたからね。

  11. OORer Reply

    五日市駅のバス乗り場も随分前からLCD表示があります。(小さいですが)その表示と似た感じになってるなあと思いました。主要なバス乗り場への設置を続けて欲しいと思います。

  12. タミー Reply

    そごうについての話題ですが、市民球場移転を境に広島駅前に進出した福屋にスタジアムに近いというアドバンテージを奪われてしまい、呉店閉店と重なり広島地区百貨店売上高首位の座を福屋に明け渡したという流れがあります。

    そごうは広島バスセンターのターミナル百貨店としてスタートしていますが、アストラムラインの駅が県庁前・本通駅と紙屋町交差点を跨いだ配置となった為紙屋町のターミナル機能は分散されてしました。

    近年では、特に百貨店業界はターミナル型が主流で、東京銀座の老舗百貨店である松屋でさえ厳しい経営環境が続いている様に見えます。

    広島でもターミナル型の繁華街として広島駅周辺の再開発が急速に展開されており、高速バスの終着拠点も紙屋町と二分化される勢いです。

    広島への高速バスの乗り入れに周辺地域のバス会社やJR系は積極的なのに対して広島側では広島交通系がある程度対応している以外は極めて消極的です。

    バスセンター強化には、広電や広島バス等の広島側のバス会社の積極的な高速バス路線の開拓が必要だと思います。

    また、比較的近い中央公園に建設が決まったサッカースタジアムを紙屋町の賑わいにどう生かすのかにも注目したいと思います。

    セブンアイグループでは西日本から相次いで大型店舗の撤退が続いており、本業の総合スーパー部門についてはセブンアイグループと提携したイズミが店舗を引き受けており、西日本で孤立化するそごう広島店は、イズミとの連携も重要になってくると考えられます。

    紙屋町のサンモールは現在核テナントとなっているのがイズミなので、大型再開発として注目されているサンモールの建て替えで地場流通大手企業であるイズミがどう展開するのか、大変興味深いところです。

  13. blk Reply

    バスセンターのホームにあったバスへの発車信号がいつの間にか無くなってますね。
    バスセンター側で管制しなくなったという事なんでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。