広島銀行本店 建て替え新築工事 2019.11(Vol.11) 速報版 タワークレーン登場!

広島銀行は、築50年が経過し老朽化した紙屋町交差点近くの本店ビルの新築プロジェクトを進めています。
新本店ビルは現在地での建て替えとなり地上19階・地下1階、高さ約95m、延約4万8,000平方メートルを誇る、巨大な免震構造のビルが建設されます。
建物四方に配した風の塔により自然換気効果を高めた「エコボイド」といった環境技術も採用。
2021年1月の竣工予定です。

建設期間は南区西蟹屋町の「旧ひろしまMALL」跡に、本店機能を移して営業を続けています。

【広島銀行】:新本店ビルの建設について

 

完成イメージ(上記プレスリリース資料より)

【広島銀行 新本店ビル】
高さ94.94m、地上19階・地下1階建て
構造:鉄骨造、免震構造
敷地面積:4,452.71平方メートル
建築面積:3,285.00平方メートル
延床面積:47,890.00平方メートル
着工予定:2019年1月1日
完了予定:2021年1月31日

前回の状況です。

台風19号により犠牲になられた方々へのご冥福をお祈りします。 また、家屋等甚大な被害を受けた方にもお見舞いを申し上げます。 昨年は豪雨災害で西日本の被害を目の当たりにしているだ

 

前日紙屋町を立ち寄った際に、タワークレーンが登場したのを確認しました。
今回は簡単ですが、速報版としてご紹介します。

Sponsored Link

 

紙屋町交差点から。

地下躯体工事が続けられていた現地に、タワークレーンが立ち上がりました!!

 

南西側から。

 

いよいと鉄骨工事が始まり、紙屋町の景色が大きく変わり始めますね。

 

本通交差点から。

多くの人が行き交い、広島一賑わうと言っても過言ではないこの交差点からも、
このように確認することができます。

 

南側、袋町の歩道橋から。

思ったほどは見えませんでした。^^;
立ち上がってくれば、手前のビルより頭2つも3つも高くなりますね。

 

広島銀行本店ビルは2021年1月末の竣工予定、2021年春の開業予定となっています。

Sponsored Link

16 comments

    • しましま

      そりゃ好かれてないのに悪目立ちを恐れたとしか

  1. まさし Reply

    それは別に広銀として100メートルにこだわる理由もないからでしょう。容積率の関係もあると思います。

  2. サンフレッチェ大好き Reply

    何回も同じ事を書き込みますが道路挟んでサンモール再開発どうなってるんだろ?広島銀行は個人的にはお世話になってますが地場の銀行として他行では目の行き届かない所まで神経をくばり広島を引っ張ってもらいたい。用事が無いと入りにくい銀行ですが、この新店舗が親しみ安い店舗になる事を期待します。

  3. CCレモン Reply

    この写真を見ても広島市内は古いビルが多すぎる 
    特定都市再生緊急整備地域に指定されたら
    低層階でもいいので洒落たビルが欲しい
    できれば一帯型の再開発とか出てこないかな~

  4. タミー Reply

    ブログ更新お疲れ様です。

    広島都市圏内の企業が資金調達をする場合には、銀行等の金融機関からの借入による間接金融については、多数の金融機関が広島に店舗を構えているため非常に便利です。

    しかし、増資等株式市場による直接金融となれば、広島証券取引所に続きその機能を受け継いだ大阪証券取引所も閉鎖され、現在では東京証券取引所に集中しています。

    勿論、名古屋に一部二部・札幌・福岡に地方取引所が残っていますが、特にリニアの名古屋先行開業で東海道メガロポリス化が一気に加速し、西日本が国内経済から取り残されてしまう懸念が強くあります。

    広島に続き大阪も閉鎖となった背景には色々と憶測もありますが、とにかく現状では直接金融での資金調達は東京に依存しています。

    今日では遠隔地でも瞬時に操作ができるので通常業務には問題ないとされていますが、トラブルの発生や差し迫った相談事になると直接対面して訴えたいのが人情です。

    現状ではリニアの延伸計画については大阪迄となっており、京都が路線で外れると話がややこしくなります。

    ましてや、更に遠隔地である広島は蚊帳の外であり続けるのである程度経済的な独立を求められると憶測しています。

    銀行等からの間接金融の時代は終わりを告げると言われて久しいですが、広島都市圏ではまだまだ必要不可欠な存在であり続ける可能性が高いと思います。

    広島銀行には広島都市圏内の財務基盤が未熟な企業であっても事業計画が綿密で勝算の高い企画については様々な制度を利用して積極的に支援を。していただきたいと思います。

    そして、その相談窓口として敷居が低く、新しい見た目も中身も揃った本店の登場に期待しています。

  5. ちょいと Reply

    要するに、相談窓口として使い易くて、必要にして十分な本店を期待するってこと?

  6. OK Reply

    まさに繁華街の真っ只中で銀行の本店とするには少しもったいないような立地です。
    商業施設中心の複合ビルに相応しい場所だと思うのですが。

  7. タミー Reply

    そうですね。

    経営相談の窓口の充実は是非ともお願いしたいと思います。

    勿論、本店なので審査機能や各支店の経営相談へのより充実した対応が出来る体制づくりにも期待したいと思います。

    資金調達の体制に於いても、東京一極化が加速している中、東京との距離的ハンデをカバーする為には、地域内での稼ぐ力は今後ますます重要になってくるので、広島銀行に期待するところは更に大きくなると思います。

    駄文失礼致しました。

  8. みみずく Reply

    これからの金融機関に都市の中心部の立派な本店ビルが必要なのかは疑問のあるところです。

    ですが、街づくりの観点からは、地方銀行の先行きが厳しいこの時代に広銀がランドマーク的な建物を作る余力があることに感謝すべきでしょうね。

  9. いぃ Reply

    広島の都市規模では致し方無いかもですが
    繁華街にオフィスビルが点在していて
    賑わいが途切れてしまいますね。
    低層は商業施設にして欲しいのですが
    銀行ビルはムリとのことらしいですね。

  10. DK Reply

    話が逸れてしまいますが、この再開発が活発な内に、旧日銀ビルの再開発もして欲しいなと個人的に思います。
    今の古いビルは出来るだけそのまま活かして、上層部に高層ビルを建設、低層部はショップ、上層部はホテルとして使う。
    現状、あまり有効活用されていないと思うので、思い切った開発をして、都心部の新たな魅力となって欲しいなと思います。

  11. タミー Reply

    個人的な考えで恐縮ですか、紙屋町・鯉城通は典型的な中心業務地区(CBD)を形成しているので、オフィス空間の繁華街化は最小限に抑えて、ターミナル機能に付随する地域及びその周辺地域以外は出来るだけ業務空間の拡充を図るべき地域だと思っています。

    紙屋町での商業活動の基盤は、鯉城通沿いに広がる広島都市圏最大の(職域)業務地区なので、その基盤を毀損してまで繁華街化を図るのは本末転倒だと思います。

    相生通の繁華街化・オフィスと商業施設の混在化は避けて通れないし、むしろ繁華街化を促進すべき岐路に立っていると思います。しかし、鯉城通には今後も中心業務地区としてオフィスの充実を図って欲しいと思います。

    金融街・業務地区としての鯉城通を牽引するのは広島銀行であって欲しいと願っています。

    • 牧田和久

      広島駅や新白島駅がオフィス街になればなぁ。紙屋町や大手町にある老朽化したオフィスビルを広島駅前に移転させたら、無駄な競合もなくなるし、ビジネスの立地としても最高だと思います。

  12. ちょいと Reply

    広島駅はともかく、新白島駅にビジネス街を求めるのは、立地上無理がある。

  13. タミー Reply

    街づくりとして、広島都市圏内でのビジネス街形成については広島駅周辺が最適だと思います。新白島駅周辺が住宅地区であり続ける事については、その利便性から考えると、自宅兼事務所の様な形式から徐々に変化する可能性は有りそうに思います。

    山陽本線沿線には稼ぐ力を持った地場企業の本社が多数存在しており、アストラムラインは鯉城通を終着駅としていますからね。

    これも個人的な考えで恐縮ですが、広島銀行本店の裏側にあたる中の棚地区が、オフィス街周辺に広がるワンランク上の歓楽街に成長する可能性を感じています。

    広島県庁ー広島銀行本店ー中国電力本社ー広島市役所と鯉城通東沿い南北は広島都市圏最大の職域地区を形成しているので、その周辺では公務員・ビジネスマン・OLをターゲットに絞った繁華街・歓楽街をと考えるのが常道だと思います。

    また鯉城通りの西には、国内だけでなく世界中から人々が訪れる平和記念公園があり、その南の東西(特に東側の平和大橋から田中町交差点にかけて)にホテルが集中しているので、その観光客もターゲットに加えて街づくりをすべきだと思います。

    また、相生通は、広島駅からの利便性をアドバンテージに、オフィスと商業施設の混在地区として再開発を進めて欲しいと願っています。中央通は従来の繁華街・歓楽街の賑わいの維持・発展に努めて、鯉城通・平和大通・中央通・相生通に囲まれた正方形地帯の各通りの合理的な役割分担を考えて、この正方形地帯内及び周辺の充実を中心に街づくりしていただきたいと思います。

    広島銀行の本店建て替えを機に広銀には更にこのエリアを牽引していただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。