広島駅新幹線コンコース リニューアル工事 2019.11(vol.15) 広島を発信!新待合スペース

JR西日本がリニューアル工事を進めている広島駅新幹線コンコースについて、
本日2019年11月20日(水)から新しい待合室と店舗が開業します。

新しい待合室はカフェ一体型の空間で、
「広島のものづくり」をコンセプトとしてマツダ最新車種の展示や、
家具メーカーのマルニ木工が製作した木製ベンチを設置するなど、広島の歴史・魅力・文化を発信する場所になります。

工事は2019年度末まで続けられ、天井・柱等を美装化し在来線部分とデザインを統一させる他、コンコース内の全館空調化される予定です。

【JR西日本】:広島駅新幹線柵内コンコースに新たな待合室・店舗が開業

 

前回の状況です。

JR西日本がリニューアル工事を進めている広島駅新幹線コンコースについて、 本日2019年11月20日(水)から新しい待合室と店舗が開業します。 新しい待合室はカフェ一体型の

この所記事の内容に少し偏りがありますが、できるものから順次更新させていただきます。
すみません。。

 

Sponsored Link

新たなみやげ物店「ひろしま銘品館」

さて、自由通路から新幹線改札内に入ります。

 

向かって右側、在来線のりかえ口とは反対側にズラリ!
新しいおみやげ店や弁当店などが並ぶ「ひろしま銘品館」が11月20日にオープンしました。

 

手前側の階段から奥のエスカレーター付近まで、8店舗が並びます。

 

モノトーンのコンコース内で結構目立ちます。

 

店の雰囲気はこのように。

 

以前と同じスペースで開店しているので、この通り広さはそれほどでもありません。
物理的にエスカレーターとの距離が近すぎるのもリニューアル以前と変わらないので、
場所によっては目立ちにくいところもあるのも以前と同じです。これは仕方ないですね。
明るく綺麗になっているので、入りやすさや雰囲気は格段に良くなっています。

ちなみに、入口横にはデジタルサイネージも設置されていたりします。

 

もう一つのニュースポット。待合室へ進みます。

 

広島のものづくりをコンセプトにした待合室

新しい待合スペースです!

 

開業前日の状況を更新した前回の記事でも書きましたが、
モノトーンのコンコース全体の雰囲気から一変した特別な雰囲気があります。

 

柱のデザインはここだけ異なり、黒のガラス面に広島のものづくりが詳しく紹介されています。

 

CREATION LOUNGE HIROSHIMA(クリエーションラウンジ広島)

公式リリースには記載がありませんでしたが、この待合スペースをこのように呼ぶそうです。

 

まず利用客を出迎えるのがこのチェア。

「マルニ木工」による木製のチェアです。
これ、今度広島駅を利用される際に座ってみてください。体に当たる部分に角がなく包まれ感のある座り心地が非常に快適です!
円形に固定されており、中央部にはニッポンらしい「間」をあえて設けています。カッコいい…。

 

もう一つのトピックはこちら。

 

マツダの新型SUV「CX-30」が展示され、ショールーム並のライティングが行われています。
マツダの強みである美しいデザインが際立ちます。
車両の前には天井からプロジェクターで諸元等が地面に表示されており、こうした演出も本社ショールームと同じです。

ドトールコーヒーの店内もそこそこ広く座席数も多いです。ここチェアもマルニ木工が監修したものです。
あえて”待ってみたくなる”ような空間ができたと思います。

 

さて、その待合スペース横にも2つの新たなスペースがオープンしました。

「モバイルコーナー」と、「キッズスペース」です。
早速利用されていました。

 

今回の新たな待合スペースの開業で、当初計画していた待合室がすべて揃いました。

 

 

在来線のりかえ口の真横で「おみやげ街道」と内部で繋がる待合室と、
その反対側の精算所の前のスペース。

今回新たに開業した「クリエーションラウンジ広島」と合わせて、
当初の計画通り、3箇所に分散した従来比1.5倍の待合スペースが整備されました。

今後、コンコース全体に空調が入るようになるので、待ち時間の余裕に応じてどこでも快適に新幹線を待つ環境が整います。

 

コンコース美装化と全館空調化は引き続き

待合室と「ひろしま銘品館」がオープンし、一区切りは付きましたが、
コンコースの天井や床、柱の美装化、そして全館空調化の工事は引き続き行われます。

 

 

この通りかなり美しくなりました。残されていた古い柱もこのように新しいパネルの取り付けが進みます。

これらの工事は、2020年3月までには完了する予定です。

 

最後に、美装化されたばかりの柱に掲示されていた、新しい案内板です。

これは今まで見たことない案内です。
「工事中」になっているのは「ekie」の第5期(仮称)と思われるエリア。
これを見ると、コンコース横を通りホテルグランヴィアに抜ける通路は復活しそうですね。

Sponsored Link

13 comments

  1. 人文系 Reply

    撮影時間はわかりませんが
    ここまで人が少ないとちょっと寂しいです。

    • 鯉党α Post author

      撮影がしづらくなるので、ここはあえて人の少ない時間に行ってます。お店が閉店するギリギリの21前くらいですね。
      今の時期は特に、平日休日問わず日中は本当に人が多くてカメラが向けられないです(^_^;)

  2. hima Reply

    ドトールがあるのは嬉しいですね。ちょっと早くきた時なんかに使えそうです。スタバはいつもこんでいるので。
    スタバといえば、近くのスタバのチェアもマルニになっていました。高いチェアですが、全国的に様々なところで見かけるようになりましたね。数年前までは知らない人が多かったのですがqアップル効果でしょうか。

  3. てら Reply

    ドトールの飲み物&食べ物
    新幹線の車中で飲食するのはテイクアウトで消費税8%になるのでしょう。
    では、ドトールの店内だけでなく、待合室で飲食するのもイートインになって消費税10%なのかな?
    そんなことを考えてしまいました(笑)

  4. みみずく Reply

    CX-30の展示、良いですよね。

    マツダはかつての安売りからプレミアム路線に転換しようと試みていますが、これは車に限らず他の誰も成し遂げたことのないチャレンジです。レクサスのようにプレミアムブランドを追加して立ち上げるのではなく、マツダ全体をプレミアム化しようというのですから。

    現在のマツダ車は魅力的ですが、研究開発費が限られている中で商品の比較優位性を維持できる期間は限られています。その間にブランド向上を図りプレミアム性を確立するのは綱渡りのような挑戦と思われます。

    ですが、このチャレンジが成功して、BMW-ミュンヘン(広島より一回り大きい130~140万人の街)のように、MAZDAー広島と、広島に降り立つ観光客に認知される未来を夢想したいです。

  5. ファッツ Reply

    案内板見るとお土産街道の方も表記が変わってないように見えるのですが跡地はどうなってましたでしょうか。何か今後の予定等は有りましたか。

  6. TOM Reply

    綺麗すぎますね。
    こんな空間が広島駅にできたとは。来月帰るのが楽しみです!
    マツダがあるのが広島らしい!

  7. サンフレッチェ大好き Reply

    広島のシンボルマツダ、厳しい業界ですが市内中心部に目立つ本社ビルが有ればと思いますね。

    • まつた

      マツダの工場、大部分が広島市にあるのに、ちょっとしかない府中町部分が登記上の本社。
      なので本社は府中町ってことになっているのは、少し残念な気がしますよね。
      法人税は府中町へ流れています。
      エディオン本店ビルのように、がんばってほしいものです。

    • ヤクルトのセカンド

      広島を観光してもマツダを意識する場面なんて、新幹線口くらい。(人によっては車が置いてあるくらいの認識)
      本社ビルとは言わないが、せめて市内中心部にマツダブランドを体験できる空間でもあれば、増加する観光客へのアピールなりそうですが、決算を見る限り、当面は難しそうです。

  8. 社会系 Reply

    新幹線口に続いて、コンコースも高級感が出ています。
    これは、技術の発展という時間的な影響もあり、遅れれた分、より優れた再開発になりました。

    米有力専門誌「コンシューマー・リポート」が14日発表した自動車ブランドの信頼調査で、
    マツダは、トヨタやホンダなどを抑えて、世界ランキング2位となりました。

    ヴィアインやJR広島支社も来春完成予定で、いい流れが広島にきていると思います。

  9. タミー Reply

    ロータリーエンジンを開発した東洋工業(現マツダ)は、町工場のにおいが強く、その匠の技がとんでもないものを造り出した典型的な成果だった様に思います。

    昭和から平成を経て令和の時代となり、マツダの技術者達の世代も代わり、現代の匠の技に加えてデザインの分野に於いてもとんでもないものを造り出していることをこの空間で実感出来ますね。

    ものづくりで蓄積した資産をより効率的に運用してより多くの富を得ようとする資本の論理ばかりに走り過ぎるとその結末は、英国・米国・バブル期後の日本という歴史に学ぶべきものになってしまうと思います。

    昭和の時代にはなりふりかまわず技術開発を進めていましたが、電動・自動制御等の、世界最先端の技術開発もよりさりげなくスマートに行うことが令和的といえるのかも知れませんね。

    トヨタがマツダをパートナーに選んだ理由の一つには、町工場的息吹を色濃く残していることが「大企業を支えている町工場の現状に則した選択」もある様に思えます。

    新しい感覚を持った若い技術者達がこの街でどんどん育って欲しいと願っています。

    「クリエーションラウンジ広島」はイメージもぴったりで若い人達の心を掴めばいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。