広島駅南口再整備・駅ビル建替工事 2020.06(Vol.7) 東側閉鎖、通行動線もついに変化

広島市とJR西日本、広島電鉄の3者は、広島駅南口広場の再整備を進めています。
従来の駅ビル「ASSE」は建て替えのため、2020年3月に閉館しました。
建て替えられる新ビルは地上20階建てで、ホテルや商業施設、シネマコンプレックスを備える複合ビルになる予定です。

また、路面電車が現在の猿猴橋町を経由するルートから駅前大橋線を経由するルートに変更されるとともに、新駅ビルの2階に高架で乗り入れることで、JRとの乗り換えの利便性が向上するなど
賑わい創出と都心同士(紙屋町・八丁堀地区)のアクセス性向上に大きく貢献する存在になります。
2025年春の開業を目指します。

広島市とJR西日本、広島電鉄の3者は、15日共同で会見を開き、 検討を進めてきたJR広島駅南口広場再整備事業に関し、建て替えられる新しい広島駅ビルの概要とイメージパースを公開しま

完成イメージ(広島市)

 

前回の状況です。

新型コロナウイルスの新規感染者数はひとまず落ち着きを見せるようになりました。 緊急事態宣言の解除、及び休日を含む外出自粛要請の解除に伴い、 当ブログでは三密を避け、「新しい生活

広島駅南口広場に通じる通路の一つが閉鎖されたことをお伝えしました。
その後の進展がすぐありました。
閉鎖された部分が工事のため全面仮囲いで覆われた他、タクシーのりば付近の通路もついに変更されたので、再び広島駅を訪れました!

 

Sponsored Link

駅ビル東半分、仮囲いに覆われる

早速、駅前広場から。

 

すぐ左手側が、現通路です。
片方が閉鎖されたため、現在自由通路から南口広場に至る通路はここだけとなっています。

注目なのはそこから東側、エキシティやマツダスタジアム方面に通じる駅ビル前野通路です。
早くも解体工事のため、全面的に仮囲いで覆われました。

 

地下道入口付近の状況です。

 

こうなるかー・・・としみじみ。
これまでは階段を上がるとショーウィンドウがあって、少し右側の通路から自由通路への階段に向かうというのが、広島駅おなじみの光景でした。

ついに閉ざされてしまいましたね。
今年いっぱいはこのような光景が続いた後、来年1月からは地下道への階段も半分以上閉鎖されてカオスな状況になります。

JR西日本HP内資料より)

 

地下道横、タクシーのりばの手前から振り返ります。

仮囲いがずっと続きます。

JR西日本は駅前広場を管理する広島市とも連携して、この仮囲いを「HIROSHIMA CONNECTING WALL(ヒロシマコネクティングウォール)」と題して、
広島の誇れるものや魅力を発信する装飾を、今後完成までの5年間で行っていくことを発表しました。

【JR西日本】:広島駅ビル建替え工事用仮囲いを「魅せる仮囲い」として活用

 

(上記JR西日本資料より)

これは新駅ビルのPRになるばかりか、工事期間中にも訪れる県内外の人々に広島を発信できるありがたい取り組みですね。
7月から開始とのことなので、掲示されたらまた行ってみたいと思います。

 

 

タクシーのりば側の縮小 通路も切り替えられる

続いて、先程の場所からエキシティ、マツダスタジアム方面です。
タクシーのりばなどがある場所ですが、前回からお伝えしていた仮通路に切り替えられました。

 

 

 

こうなるか…、とまたしみじみ感じたところです。
タクシープールが若干縮小され、従来より外側に通路が切り替わりました。
従来の通路は駅ビル解体のための用地となります。

 

東側から振り返ります。

 

 

従来の通路はまだ見える状態でした。
マツダスタジアムが開業してからは、この通路に沿ってワゴン販売が始まり、
お弁当を買って球場に向かう光景も定着していました。

駅ビル建て替え関連で、初めてのドラスティックな変化ですね。

 

エキシティ・ヒロシマの2階デッキ、エディオン蔦屋家電入口前から見下ろしてみました。

どれくらい変わったかがおわかりいただけると思います。
今のところ、仮設通路の上屋はこの写真の位置までということになります。

撮影しているこの場所は、新駅ビルとペデストリアンデッキで結ばれる、まさに接続ポイントです。
新駅ビル自体は駅前広場の半分のラインまでせり出すので、
このアングルからは新駅ビルの側面しか見えなくなることになります。

 


広島駅南口広場の整備イメージ(広島市)

 

広島駅ビル「ASSE」は今年度の解体工事を経て、2021年春に着工予定、
路面電車の駅前大橋線は2020年11月に着工予定で、
新駅ビルと駅前大橋線は2025年春の開業予定です。

Sponsored Link

7 comments

  1. Reply

    思っている人は多いと思いますが、来年初旬からの駅から東側への動線
    カープの観客を捌ききれるのか気になりますね。

    もちろん、来年のシーズンが今までのように観客を入れての観戦が可能になった前提ですが・・・

  2. 三原のたっこん Reply

    プロ野球コミッショナーによると7月10日から有観客を目指すとの事なので確かにカープ戦での観客をどう捌くかは問題になってきますね
    それにしてもフタバ図書のビルは建て替えないのでしょうか?

    • まさし

       まず手始めは多くても1/5~1/3以下の観客くらいから始めるでしょうからそこまでの混雑はないかもしれませんが、来シーズンあたりで完全解除になったときの混雑が心配ですね。

  3. 駅マニア Reply

    駅前広場の噴水はどうなるんだろう?
    広島駅と言えばあの噴水。
    これからの行方が気になります

  4. サンフレッチェ大好き Reply

    あの、お尻の噴水もなくなるのでしょうね、長い間待ち合わせに使いました。とりあえず2年後は東郵便局が完成しますが駅は地下の基礎工事中ぐらいかな?マツダスタジアムへ行くには新たに迂回が必要でしょうね。

  5. 社会系 Reply

    2020年6月から、2021年初旬の6ヵ月間で、3段階に分け、大きく変化するでしょう。

    新幹線コンコース、ヴィアイン、JR広島支社が完成すれば、次の再開発という好循環が続きます。

    ところで、
    文化人が多く住む成城において、文化人の需要を満たすスーパーを創ってきた成城石井が、
    今月、「岡山駅さんすて」に入居することになり、西に勢力を拡大しており、
    新しい駅ビルは、ユアーズに代わり、成城石井入居という流れができつつあります。

  6. 名無し Reply

    東方向の動線が路面電車のりばからマツダスタジアム方面に向かうようになるようですね。タクシープールが暫定的になくなるので、歩行者は大きく路面電車のりば方面に迂回する形になりそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。