広島駅南口再整備・駅ビル建替工事 2020.07(Vol.9) 仮囲いを活用した巨大メッセージが登場!

広島市とJR西日本、広島電鉄の3者は、広島駅南口広場の再整備を進めています。
従来の駅ビル「ASSE」は建て替えのため、2020年3月に閉館しました。
建て替えられる新ビルは地上20階建てで、ホテルや商業施設、シネマコンプレックスを備える複合ビルになる予定です。

また、路面電車が現在の猿猴橋町を経由するルートから駅前大橋線を経由するルートに変更されるとともに、新駅ビルの2階に高架で乗り入れることで、JRとの乗り換えの利便性が向上するなど
賑わい創出と都心同士(紙屋町・八丁堀地区)のアクセス性向上に大きく貢献する存在になります。
2025年春の開業を目指します。

広島市とJR西日本、広島電鉄の3者は、15日共同で会見を開き、 検討を進めてきたJR広島駅南口広場再整備事業に関し、建て替えられる新しい広島駅ビルの概要とイメージパースを公開しま

完成イメージ(広島市)

 

前回の状況です。

広島市とJR西日本、広島電鉄の3者は、広島駅南口広場の再整備を進めています。 従来の駅ビル「ASSE」は建て替えのため、2020年3月に閉館しました。 建て替えられる新ビルは地

Sponsored Link

 

【広島駅南口ビル新築他工事】

高さ 97.9m ←NEW
階数 地上20階・地下2階 ←NEW
用途 商業・ホテル・映画館・駐車場・駐輪場
ホテル客室数 428室
敷地面積 86,357.39平方メートル ←NEW
建築面積 20,632.76平方メートル(新築部のみ) ←NEW
48,308.65平方メートル(既存含む)  ←NEW
延床面積 126,509.25平方メートル(新築部のみ) ←NEW
185,989.71平方メートル(既存含む)  ←NEW
店舗面積 約25,000平方メートル
(JR西日本:広島駅ビルの建替え計画より)
着工予定 2021年2月
完了予定 2025年3月
開業予定 2025年春
基本設計・監修 ジェイアール西日本コンサルタンツ・東畑建築事務所設計共同体
実施設計・施工 広島駅南口ビル新築他工事特定建設工事共同企業体(株式会社大林組・広成建設株式会社)
全体事業費 約600億円

 

今回のダイジェスト動画です!

「魅せる仮囲い」で広島を発信へ

JR西日本は、駅ビル建替えに伴う工事の仮囲いを「魅せる仮囲い」として活用し、
建替え計画の概要や広島の歴史を発信する企画を始めました。
完成する2025年春まで、テーマを変えながら続けられることも明らかになりました。

HIROSHIMA CONNECTING WALL|ヒロシマコネクティングウォール

【JR西日本】:広島駅ビル建替え工事用仮囲いを「魅せる仮囲い」として活用

 

(上記資料より)

 

5年間に及ぶ工事が本格的に始まったことを実感します。
JRにとっても地方における一大事業であり、親しみを持ってもらうための取り組みに力が入ります。

 

まずはその「HIROSHIMA CONNECTING WALL(ヒロシマコネクティングウォール)」の様子を中心にご紹介していきます。
広島駅南口です。

自由通路の階段を降りたところ。
解体される駅ビル1階部分です。

先月閉鎖された仮囲い一面に、案内表示とともに情報がプリントされています!

 

階段を降りた正面、まず目に飛び込んでくるのが、
白と青を使った広島駅に関する歴史とこれからの変化が紹介されています。

 

誰もが目に触れる場所に、大々的に完成イメージを載せてくれたので、
通行人の注目度も高く足を止めて見入っている方もいらっしゃいました。

マチが変わる、その瞬間にいることを改めて実感します。

 

「魅せる仮囲い」。
仮囲いの場所を変更するタイミングで定期的にテーマを変えながら、完成まで行われるそうです。

第一弾は「HIROSHIMA PRIDE(ヒロシマ・プライド)」。

広島にとって切っても切り離せない歴史と、そこから力強く復興した街と人にフォーカスを当てたメッセージパネルとなっています。

 

 

 

 

6月の記事で閉鎖されたことをご紹介しました。その仮囲いのほぼ全域に渡って、膨大な量の情報がプリントされています。これは凄い!
年表形式となっており、足を止めて思い出に浸る方の姿もありました。

 

終端付近。

 

青い「HIROSHIMA PRIDE」のパネルは、冒頭の被爆直後の広島を写した写真のパネルと”対”になっています。

 

 

 

解体作業が始まった仮囲いの中

さて、その仮囲いの中では、既存の広島駅ビルの設備を撤去する工事が始まっています。

 

このとおり、マツダスタジアム方面へのかつての通路では、
上屋が綺麗に切り取られました。仮囲いのおかげで直接見るのは難しくなっていますが、着実に解体に向けて進んでいますね。

 

反対側、在来線ホームから見る駅ビルの様子です。

 

 

改札内コンコースと駅ビル3階を接続していた階段付近がよく見えました!
外装パネルが剥がされ、内部の撤去工事が行われています。
元々このあたりは駅ビルの建替えに備え、簡易な構造となっていました。

いよいよ駅ビルの建て替え工事が始まった今、その部分が実際にどう変化していくのか非常に興味深いです。

 

1番のりばから、まさにその工事が行われている部分です。

 

傍らの閉鎖部分には、先程のコンコース連絡部から撤去してきたと思われる階段が置かれていました。

 

こちらは東側。
先程エディオン蔦屋家電側から見ていた駅ビルの裏側あたりとなります。

閉鎖区画が拡大するとともに、仮のホーム屋根の骨組みが姿を表しています。
駅橋上化以前から使われている今の古い上屋も、まもなく撤去されるようですね。

 

最後に、ビッグフロントひろしまから見る、全景です。

 

駅ビル内は内装の撤去工事が進んでおり、白いシートで覆われています。
さらに、画像左奥の新駅ビル敷地となる「ホテルヴィアイン広島」(2020年3月閉鎖)では、
解体工事のため、足場で覆われ始めました。

一つ一つ、街が変わっていきます。

 

広島駅ビル「ASSE」は今年度の解体工事を経て、2021年2月に着工予定、
路面電車の駅前大橋線は2020年11月に着工予定で、
新駅ビルと駅前大橋線は2025年春の開業予定です。

Sponsored Link

8 comments

  1. CCレモン Reply

    JR西日本の3大プロジェクトである広島駅の再開発が始動したことに
    期待と希望を抱いて見守っていきたいです。
    しかし広島のビックプロジェクトは事故が続いてますので、くれぐれも
    工事は安全第一で作業して欲しいと思う。
    魅せる仮囲いは、広島市の歴史が凝縮していて、見てるだけで
    高揚感が沸き立ってきます
    広島駅ビルが完成した時には、社会も平穏になってくれることを祈るばかりです。

  2. 名無し Reply

    遅れに遅れた駅前大橋線の整備が滞りなく完成することを切に願っています。
    路面電車の本格的な改良は戦後初ともいえるものです。多方面から改良を加えて
    ほしいと思います。

  3. まさし Reply

    広島駅ビルの解体工事なんて一生で一度見られるかどうかの歴史的瞬間ですね。まさに歴史が変わるのを目の当たりにしている気分です。完成までこのワクワク感が続くと思うと楽しいですね。
    JR西様に感謝です。
    ところで一足先に解体に着手した三宮駅ビルの方はどうなたのでしょうかね。

  4. サンフレッチェ広島 Reply

    JR西日本には頑張ってもらいたいものですが新JR西日本広島支社が完成間近で現支社跡地の再開発にも影響がコロナ禍であるでしょうがIKEAのように塩漬けにはしてほしくないですね。何度も書き込んで申し訳ないがIKEAは本当にがっかりです市は傍観を決めこんでますが。

    • 北陸在住

      IKEAはアルパーク西棟にでも入って貰って
      あの土地は開発意欲のある団体に明け渡し
      てほしい。

  5. あだち Reply

    この仮囲い、色々と書いてあるので、じっくり読みたいんですが、人が多いのでなかなかゆっくり見れなくて。
    JR西日本等がホームページとかで公開してくれたら見れるんだけどなぁと思ったり。
    駅ビルはいよいよ解体ですね。
    ヴィアイン広島は足場組んで、既に解体が進んでいるようです。

  6. タミー Reply

    これから完成までの長期間、駅ビルが無くなり、殺風景になると思っていましたが、「魅せる仮囲い」いいですね。

    私もじっくりと見てみたいと思います。

  7. 社会系 Reply

    9月からは、地下改札も閉鎖され、中央口に回る人も多いと思われます。
    その中で、「魅せる仮囲い」は、より多くの人に見てもらえることになるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。