新広島駅ビルが本体工事に着手!並行して進める解体工事は6月完了へ

JR西日本は3月23日、広島駅の新しい駅ビルの建て替え工事に着手したことを明らかにし、現場を報道陣に公開しました。
まだ旧駅ビルの躯体が残る中ですが、効率的な施工のため当面は解体と本体工事を同時に進められることとなります。

また、これら工事の進捗に伴い、
広島駅南口では再び大幅な動線変更が行われることも現地より明らかになりましたので、併せてご紹介します。

工事の最新の状況はこちら。

更新頻度が鈍り申し訳ありません。 どんなに忙しくとも、どんな環境になっても広島駅だけは追いかけ続けます。 広島市とJR西日本、広島電鉄の3者は、広島駅南口広場の再整

Sponsored Link

 

広島駅建て替えの概要はこちらをご確認ください。

【広島駅南口ビル新築他工事】

高さ 97.9m
階数 地上20階・地下2階
用途 商業・ホテル・映画館・駐車場・駐輪場
ホテル客室数 428室
敷地面積 86,357.39平方メートル
建築面積 20,798.30平方メートル(新築部のみ)
48,308.65平方メートル(既存含む)
延床面積 129,637.98平方メートル(新築部のみ)
185,989.71平方メートル(既存含む)
店舗面積 約26,000平方メートル
(広島市:出店計画書の提出状況より)
着工予定 2021年2月1日
完了予定 2025年3月31日
開業予定 2025年春
基本設計・監修 ジェイアール西日本コンサルタンツ・東畑建築事務所設計共同体
実施設計・施工 広島駅南口ビル新築他工事特定建設工事共同企業体(株式会社大林組・広成建設株式会社)
全体事業費 約600億円

 

いよいよ着工!4年間の本体工事に突入

【中国新聞】:新しい広島駅ビル着工、25年春開業 旧ビルすでに8割解体

 JR西日本(大阪市)は今月、新しい広島駅ビル(広島市南区)を着工した。敷地周辺の地盤を固める作業を23日、公開した。新ビルは地上20階、地下1階建て。2階には広島電鉄(中区)の路面電車が高架で乗り入れる。2025年春の開業を予定する。

(中略)

同時に旧駅ビルの解体も進めている。昨年4月に始め、現在8割を崩した。改札口への通路を変更しながら進め、今年6月に解体を終える予定でいる。

(上記中国新聞HPより一部使用)

 

現時点で旧駅ビルの8割を解体したと書かれています。
崩し終わった中央部分から、新駅ビル建設に必要な地盤改良工事の準備に入っているようです。
報道陣には掘削した地盤が崩落するのを防ぐ鋼矢板の打ち込みが行われる様子が公開されています。

改札口への通路を確保しながら、今年6月には解体工事も完了するようです。
あと2ヶ月で、完全に南口が更地になった光景を目にすることができそうですね。

(3月中旬撮影)

 

本体工事の施工ステップは、以前の記事でお伝えしたように、
西側高層棟部分が先行しつつ、既存の路面電車のりばがある中央部分を残すように進めていくことが明らかになっています。

新型コロナウイルスの感染再拡大に伴う広島県の方針を踏まえ、 取材のみの外出は行わず、他の必要な外出(通勤、買い物等)と組み合わせ 一度の外出で訪れる施設を最低限にする方針をとっ

こうした工程の中でも何度も歩行者動線が切り替えられながら進めていくものと思われます。

 

 

2021年春、再び動線変更へ

現地に、歩行者通路の変更のお知らせが掲示されていました。

 

1月にタクシーのりばの閉鎖に伴い東側の導線が大きく変更されました。それ以来の大幅な変更です!

新型コロナウイルスの感染再拡大に伴う広島県の方針を踏まえ、 取材のみの外出は行わず、他の必要な外出(通勤、買い物等)と組み合わせ 一度の外出で訪れる施設を最低限にする方針をとっ

 

ポスターによると、昨日4月1日から地下広場に降りる階段・エスカレーターが切り替えられます。

(2021年3月撮影)

前回の記事でご紹介したこちらですね。

従来と閉鎖エリアを反転させ、再整備したエスカレーターのある西側半分が使用されるように変更されました。
このエスカレーターは工事のためのものではなく、完成以降も使用される”本設”の設備になります。早くも供用開始されましたね(笑)

 

さらに、4月8日からは、自由通路に至る現在の大階段の半分が閉鎖されます。

こちら側が閉鎖されます。

 

大動脈である階段の半分が閉鎖される代わりに、東側に新たに整備した仮階段が使用できるようになります。

(2021年3月撮影)

この画像の撮影時にはまだ、仮階段の目の前に旧駅ビルの躯体が残っていますが、
まっすぐ南口広場までの歩行者通路を確保するために、導線確保の工事が進められています。

 

大胆なのは5月15日から。
現在の大階段へ至る左回りの通路が閉鎖されることとなります。

 

1階から見て大階段の左側にあるエレベーターにアクセスできなくなるため、
大階段の裏側を通してエレベーターまでの動線を確保するようです。

2枚目の画像で写している、在来線ホームの一部が仕切られて、改札外の通路となるのでしょうね。

また現地の状況を確認してきます。

Sponsored Link

3 comments

  1. Reply

    先日マツダスタジアムに行きましたが、帰りは大勢の人が蔦屋家電側の横断歩道に集まり、かつ大回りなのでかなり時間がかかりました。
    観客が半分とはいえかなり待ちますね…(汗

    翌日はそれを避けて愛宕踏切から新幹線口に回ったのですが、そちらの方が早かったです。

  2. 緑茶 Reply

    広電の広島駅電停が蔦屋家電前の横断歩道を渡ってすぐ
    の所から電停に入れず(柵があり、通行禁止の張り紙あり)
    今までの入口まで回らないと電停に入れない構造になっています。
    何故なのか疑問です。

  3. タミー Reply

    4月1日から三次市が広島広域都市圏協議会に加盟したとの報道がありました。

    広島市長のコメントではJR芸備線の重要性を強調されてましたので、JR西日本の広島シティネットワークの三次までの拡大、そしてレッドウイングが三次まで走ることができる様早期に芸備線の電化を期待しています。

    JR芸備沿線には開発の余地が十分残されています。
    大規模な再開発が急速に進み、広島駅周辺が本格的な新都心へと変貌しつつあり、芸備線の整備は新都心にとっての後背地(ヒンターランド)の拡大への切り札だと個人的には大きな期待を寄せていたのでこれは超朗報です。

    善は急げで、スピード感をもって対応して欲しいと願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。