ヒルトン広島 新築工事 2021.10(Vol.18)

広島県や地元財界などが出資する「瀬戸内ブランドコーポレーション」は、中区富士見町の県警東署跡地一帯で「ヒルトン広島」となるホテル建設を進めています。
ホテル誘致のため設立した特別目的会社が運営受託契約を締結しました。

ホテルは高さ94.5m、地上22階・塔屋2階で420室の客室を備えます。
2020年2月に着工しており、2022年4月の竣工を目指します。

付帯機能としてレストラン・ラウンジ・バー、屋内プール、フィットネス、スパ、チャペル、会議施設などが整備されるフルサービスホテルとなる予定です。

 

前回の状況はこちら。

広島県や地元財界などが出資する「瀬戸内ブランドコーポレーション」は、中区富士見町の県警東署跡地一帯で「ヒルトン広島」となるホテル建設を進めています。 ホテル誘致のため設立した特別

Sponsored Link

 

事業概要

建物の詳細な規模やイメージはこちらにまとめています。

【建設中】ヒルトン広島(広島市中区富士見町地区フルサービスホテル建設工事)

 

低層部分の外観

今回もフジグラン広島の前から。

 

タワー部分の外観は前回9月の更新時点でほとんど姿があらわになっています。
内装工事が進められています。

 

こちらは北側の低層部分。

 

ようやく、外観が一部みえるようになってきています。

 

北東側の路地へ。

 

施設の北面にあたります。
ダークグレーの外観がお目見えしました。

 

こちらは南側のタワー部分。

 

こちらも外壁の見える範囲が広がりましたね。

 

保健所前交差点から。

 

タワー北面も少し足場が減りました。
張り出し部分などが確認できます。

 

こうしてみると窓ガラスの面積もそれなりに大きいです。

 

北側から。

 

 

「ヒルトン広島」は、2022年4月の竣工、2022年中の開業の予定です。

日本は先進国屈指のワクチン接種スピードも功を奏し感染拡大は一旦落ち着きました。
ただ、そうではない諸外国もありまだ予断を許さない状況です。
早期終息と、外国人観光客の回復が待たれます。

Sponsored Link

1 Comment

  1. やっぱ広島じゃ! Reply

    別件ですが、二葉の里IKEA売却地が住友不動産に渡っていたと判明したようです。11/8のRCC報道。不動産登記では10月29日に所有権移転しており、RCCの取材に対して住友不動産も取得事実を認めたとのことです。
    ご存知の通り住友不動産はビッグフロント広島をはじめとするタワーマンションや、首都圏を中心に高層オフィスビルを建設している総合ディベロッパーです。売却先が不明な時点では不安もありましたが、IKEAよりも大規模な建造物を期待できそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。