ヒルトン広島 新築工事 2022.01(Vol.20)

広島県や地元財界などが出資する「瀬戸内ブランドコーポレーション」は、中区富士見町の県警東署跡地一帯で「ヒルトン広島」となるホテル建設を進めています。
ホテル誘致のため設立した特別目的会社が運営受託契約を締結しました。

ホテルは高さ94.5m、地上22階・塔屋2階で420室の客室を備えます。
2020年2月に着工しており、2022年4月の竣工を目指します。

付帯機能としてレストラン・ラウンジ・バー、屋内プール、フィットネス、スパ、チャペル、会議施設などが整備されるフルサービスホテルとなる予定です。

 

前回の状況はこちら。

広島県や地元財界などが出資する「瀬戸内ブランドコーポレーション」は、中区富士見町の県警東署跡地一帯で「ヒルトン広島」となるホテル建設を進めています。 ホテル誘致のため設立した特別

 

 

事業概要

建物の詳細な規模やイメージはこちらにまとめています。

【建設中】ヒルトン広島(広島市中区富士見町地区フルサービスホテル建設工事)

 

外観はほぼ全てあらわに

フジグラン広島付近から。

 

 

駅前通り側に残っていたタワークレーンが撤去されました!
そればかりか、前回まではシートに覆われていた北側低層部分もすべて見えるようになっています。
ストーン調の化粧が施された列柱が並ぶ低層部のなんと重厚なことか。

平和記念資料館も連想させますね。

 

タワー部分。

 

最上部には「Hilton」の文字盤が設置されます。

 

正面からタワーを見上げてみます。

横幅に迫力を感じます。

 

タワーの低層部分。

 

 

外壁を照らすアッパーライトも取り付けられました。

 

保健所前交差点から、西側に周っていきます。

 

 

こちら側も足場やシート類はほとんど撤去されています。
「裏側」なので駅前通り側に比べると地味ではありますが、搬入車両などはこちらの通りを利用することになると思います。

 

北端。

2棟目のタワーパーキングが建てられています。

 

最後は平和大通り、中央通りと少し距離をとった場所から。

 

「ヒルトン広島」は、2022年4月の竣工、2022年中の開業の予定です。

5 comments

  1. デベロッパー Reply

    存在感あるホテルの外観ですね 言ってもどうしようもないないですが、平和大通りにあったら…より存在感あるホテルに笑

  2. 山中ルンペン Reply

    重厚感のあるいいデザインですね。
    遠方からの客の広島駅方面からのアクセスは、主に自動車(タクシーやレンタカー)となるのでしょう。所謂日本の一般的な大都市のような軌道系交通機関沿線の立地ではないところが、自動車産業の街らしいと思います。

  3. pozztron Reply

    NOVAさん残念ですが、仮にG7が広島市で開催されても、警備上の問題でプリンスホテルを使用予定みたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。