ホテルニューヒロデン 解体工事 2022.03

広島電鉄は、2021年1月末に閉館した広島市南区大須賀町の「ホテルニューヒロデン」の解体工事を進めています。
解体後の跡地は半分を三菱地所レジデンスに売却し、広電と共同でマンションを建設することが明らかにされています。
2022年11月までに解体を終える予定で、2社は並行してマンションの規模や建設スケジュールなどを検討します。

 

前回の状況です。

広島電鉄は子会社が経営していた南区大須賀町の「ホテルニューヒロデン」の解体工事に着手します。 ホテルは老朽化や新型コロナの影響も重なり、2021年1月末に閉館。合わせて子会社の特

 

 

上柳橋から眺める現地の状況です。

じわりと高さを減らしてきました。
こうして見ると、周りは本当に学習塾ばかりですね。

 

川を渡り、城北通りまで移動しました。

 

仮囲いには早くも「分譲マンション建設予定地」の文字。
三菱地所レジデンスとしても跡地開発には意欲的なのかもしれません。

 

【中国新聞】:ホテルニューヒロデン跡地にマンション建設へ 広島電鉄が発表

1 Comment

  1. 広島リボーン Reply

    広島の学習塾で勉強して広島の若者が県外へ出て行く。複雑な気分になりますね私の子供は県外の大学へいきましたが広島大好きでこちらに就職しましたが。小さい頃から広島が1番と洗脳してましたから。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。