広島市東部地区連続立体交差事業 2022.05(Vol.2)<海田市駅周辺>

広島県と市、安芸郡府中町・海田町は、JR西日本とともに、広島市東部地区連続立体交差事業を進めています。
JR山陽本線の線路を高架化することで地区の分断を解消するとともに、
踏切の解消による安全性の向上、交通混雑の解消を図ります。

事業費や地元との折り合いの面で事業採択から様々な紆余曲折がありましたが、
最終的に向洋駅および海田市駅周辺の約5kmを高架化し、計16の踏切を除去する計画で関係自治体が合意。

2020年10月から一部工区で準備工事に着手しました。

向洋駅周辺のⅠ期工事は2031年春に完成、
海田市駅周辺のⅡ期工事は2036年度の完成を見込みます。

 

幾度となく関係自治体で議論が交わされ、計画の練り直しが行われてきたこの事業。
ようやくひとつの案で落ち着き、現地での準備工事も始まったとのことなので、
久々に現地の状況を見てきました。

 

同じ日に撮影した向洋駅周辺の状況です。

広島県と市、安芸郡府中町・海田町は、JR西日本とともに、広島市東部地区連続立体交差事業を進めています。 JR山陽本線の線路を高架化することで地区の分断を解消するとともに、 踏切

 

前回訪れた時の状況です。

JR向洋駅から海田市駅までの線路を高架化するとした「広島市東部地区連続立体交差事業」について、 広島県は両駅の周辺のみを高架化する見直し案を示しました。 2013年8月に提示さ

 

 

事業概要

【広島市公式ホームページ】:鉄道と道路の立体交差化の推進…JR山陽本線・呉線(広島市東部地区連続立体交差事業)

イメージ(上記広島市資料より)

 

事業名 広島市東部地区連続立体交差事業
(「見直し修正案」 H30.2公表)
主な事業内容 〔鉄道高架区間〕
Ⅰ期区間:向洋駅周辺~的場川西踏切付近 約2km
Ⅱ期区間:的場川西踏切付近~海田市駅周辺 約3km〔関連道路〕
東西幹線道路((都)青崎中店線など)を整備
的場川西踏切⇒閉鎖⇒(都)船越中央線(平面道路)を整備
概ね80m広島側に歩行者横断道を整備
概算事業費 約915億円(市域:約370億円、県域:約545億円)
工事期間 17年間程度
(Ⅰ期区間:10年間程度、Ⅱ期区間:10年間程度)
※Ⅰ期区間工事着手後、概ね7年程度を目途にⅡ期区間工事に着手
年間投資額 約48億円(市域:約20億円、県域:約28億円)
費用便益比 1.1程度
除去踏切 JR山陽本線:12箇所
JR呉線  :4箇所
関連事業 〔都市計画道路〕
7路線〔土地区画整理事業〕
向洋駅周辺土地区画整理事業  :約12.2ヘクタール
向洋駅周辺青崎土地区画整理事業:約6.1ヘクタール
海田市駅南口土地区画整理事業 :約2.0ヘクタール

 

見直し修正案 全体スケジュール
(上記広島市資料より) (広島市HP『鉄道工事(先行工区)の住民説明会資料(南区青崎・堀越地区) [PDFファイル/7.78MB]』より)

 

 

区画整理が完了したJR海田市駅南口 商業施設も開業

公式資料や前回の記事でも紹介しているように、工事が先行するのは向洋駅周辺。
海田市駅周辺はⅡ期工事区間にあたり、
これからおよそ7年後に工事着手、2036年度の完成が予定されています。

ただし、高架駅を見据えた駅周辺の区画整理などが進んでおり、
工事の予習のためにも現地を合わせて確認してきました。

 

南口駅前。

 

高架駅舎を前提とした真新しい駅前広場が整備されています。
「広島圏都市計画事業海田市駅南口土地区画整理事業」として、2020年11月に完成しました。

 

ロータリーに隣接して新しい商業施設も開業。

 

「VIERRA海田市(ビエラ海田市)」というスーパーを核テナントにした商業施設です。
「VIERRA」はJR西日本不動産開発が手掛ける施設の名称で、これまで主に京阪神エリアで展開を行ってきました。
「○○駅NKビル」は中国地方でも複数展開していますが、不思議なことにここは「ビエラ」に。

 

瀬野川を超える人道橋「ひまわり大橋」から。

ここから駅舎に通じる道路より右側(東側)が区画整理の対象でしたが、
左側(西側)でも地区計画が策定され、区域内道路など基盤整備を行う予定があるようです。

【海田町】:海田市駅南口地区 地区計画

 

海田市駅駅舎です。

 

海田市駅は1986年の段階で橋上化が完了しており、こうして現状でも自由通路によって南北を自由に行き来することができます。

 

北口から見た海田市駅。

 

ここで海田市駅の将来の構造をご紹介しましょう。
事業完了後の海田市駅は、当初の計画通り鉄道が2層構造の3階建て駅舎となる予定です。

山陽本線を2階、呉線を3階に分離することで、ダイヤ設定上ネックとなる両者の上下線を跨ぐ交差部を解消します。

(広島市)

 

(広島市『パネル展示資料(15MB)(PDF文書)』より ※旧案時点の説明パネル。「当初計画」の断面イメージとして紹介されているが、現「見直し修正案」と構造は同じ。)

 

2層高架駅は全国でも数えるほどしか無く、地方に整備されるのはかなり珍しいです。
(京急蒲田駅、名鉄太田川駅、建設中の阪急淡路駅ほか)

 

線路の北側にJRが管理する土地があるので、工事の際はここが仮線・仮駅用地となると思われます。

2層高架となることで駅舎は現在よりはコンパクトになるので、東西を結ぶ都市計画道路と北口駅前広場も余裕を持って整備できるのではないでしょうか。

 

 

将来姿を消す橋上駅舎とホームを見る

それでは自由通路から改札内に入っていきます。

 

バリアフリー化も完了しており、立派な橋上駅舎です。

 

地上のホームへ。

 

 

 

 

平面で山陽線と呉線のそれぞれのホームを用意していることから、3面5線構造となっています。

 

広島市東部地区連続立体交差事業は、向洋駅を含むⅠ期工事区間が2031年春の完成予定、
海田市駅を含むⅡ期工事区間が2036年度の完成予定
です。
となっています。

 

以下は補足です。

山陽線は駅を出て左にカーブし、山間の区間に突入していきます。

海田町は、この先、海田市~安芸中野駅間に新駅誘致の検討を始めることが明らかになりました。
瀬野川を渡る新たな「新畝橋」の整備予定地付近を想定しており、
学生や企業の通勤客の利用が見込めるようです。
今年度は需要予測を行い、実現性を分析するとのこと。

ちょうど鉄道駅の中間地点ですね。
実現すれば、国道2号に面するニトリや国際学院があるあたりへのアクセスが良くなりますね。

自治体が設置費を負担する請願駅になるでしょうから、JRにとっても悪い話ではないでしょう。
立体化される区間には含まれないので、もちろん立体化事業には影響はありません。

中国新聞デジタル】:海田町が町北東地域にJR新駅誘致を検討

7 comments

  1. 海田人 Reply

    初めまして、地元民です。橋上化+3階建てで海田駅は大きくイメージを変えそうな印象ですが、駅のすぐ近くにある広島最速で咲くことで知られた緋寒桜がホームから見られなくなるんだろうな…と少し寂しい思いをしています。
    畝付近の新駅は十数年前からあった構想ではありますが、バイパス側道と繋がる新畝橋が整備されることで徐々に現実的になってきた感があります。東洋シートやワイテック、国際学院高校辺りへの需要が見込めるものの、旧国道側の住宅地に人口的な伸びしろがないのが心配な点です。瀬野川と2号線を挟んだ反対側の山側集落から新畝橋を通して駅前にバスを走らせる計画もあるようですが、そうなると駅前の県道を広くしないことには渋滞の懸念が大きいです(少し東のハピアス海田というモール群への駐車待ち渋滞が新駅予定地ぐらいまで伸びることがあるので…)この辺の課題をどうクリアするかが問われると思っています。
    あと些事ながら海田駅の記事ながら「仮線路・仮ホームの整備が進むJR向洋駅」となっています。

    • 鯉党α Post author

      はじめまして。コメントありがとうございます。
      サブタイトルを修正しました。失礼いたしました。。

      確かに、瀬野川より北側はすぐ山が迫っており道も狭い印象が強いです。
      災害のリスクもありますから、新駅設置とともに将来の街の姿をどう描くか、というところまで含めた検討が必要ですね。

  2. MT Reply

    長い間移転先を決められず揉めに揉めていた海田町役場の移転先もやっと決まり、最期まで引っかかっていた作業用地の確保も目処が立って、ようやく進み始めました。
    構想の段階から計画が二転三転して遅きに過ぎた感はありますが、あの辺りの線路による分断の問題は何ら変わっていないので(むしろ悪化しているかも)、進むことは結構なことだと思います。
    海田市駅が重層構造の駅になるというので、淡路要塞・知立要塞(建設中)や太田川要塞・蒲田要塞の様な姿になるのかと思うと実に胸熱です。もっとも計画図ではどちらも1面2線なので、そこまで重厚な感じにならず防府駅の二段重ねみたいな感じになるのでしょうか。

  3. 関西在住 Reply

    これを機会に呉線を部分的にでも複線化して、待避列車待ちを減らしてほしい。
    安芸路快速は定着しているので、更なる速達性アップにも繋がるように。

    • 山中ルンペン

      それな。
      呉線部分の高架を複線で整備して、矢野駅までは複線設置のスペースがあるので、本数の多い同駅まででも複線化できれば良いですね。

  4. bronte Reply

    路線別の上下なんですね。方向別の方が利便性高そうですが。

    • bob

      島式ホームだから呉線山陽本線間の乗り換えの利便性考えたらそれがベストでしょうが山陽本線の海田市駅東側の用地買収の距離が片方の路線を3階レベルまで上げるため長くなるのでコストを考えた上での設計でしょうね
      またおそらく呉線山陽本線間の乗り換え需要自体あまり無い可能性もあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。