アパホテルが約300室のホテルを広島駅北口に計画中

本日はコメントで、むーばすさん、名無しさんに教えていただいた情報より。
皆様いつも本当にありがとうございます。

ホテルチェーン大手のアパホテルが、広島駅北口に新たなホテルの建設を計画していることが分かりました。
ホテルは14階建て・292室と比較的大きな規模となるようです。
2024年夏の開業を予定するとのこと。

場所がわかりませんが、具体的に計画が動いているようです。

 

アパホテルといえば、2016年に広島駅からほど近い京橋町に700室規模のホテルを開業させました。
また、広島駅南口のフルフォーカスビルにもホテルを構えており(広島第1号館)、
完成すれば3館目のアパホテルということになります。

 

関連記事

アパグループは広島市南区京橋町の旧イズミ本社ビル跡地に、市内では2棟目となる「アパホテル」を建設しています。   前回取材したときの様子。 727室のアパホテル<広島駅前大橋

 

 

アパグループ】:2022年5月10日(火)産経新聞(全国版)30段広告(PDF, 8.8MB)

こちらの新聞広告がその情報源です。

 

イメージ画像についても掲載されています。

(アパグループ『2022年5月10日(火)産経新聞(全国版)30段広告』より)

 

14階・292室ということで比較的大きなホテルです。
24年夏開業というスパンを見ても、これから新築するものと思われます。

具体的な場所については明かされていません。
どこかまとまった土地があったでしょうか。

 

JR広島病院の北東側で、一昨年古いオフィスビルが1棟解体されました。

すぐ南側に東横インがありますが、ここのほかに利便性の良いまとまった土地はなかなか思い浮かびません。
(某学会の大きな駐車場ならありますが…)

こういったビジネスホテルは、「○○駅前」という名称であっても結構駅から離れているケースもありますから、曙町あたりも可能性としてあるかもしれません。
正式な発表を待ちたいです。

 

コの字型になった「アパホテル広島駅前大橋」のように、彼らはどこにでも建てますからね(笑)

201608apa-5.jpg
(2016年9月撮影)

 

また、コメントいただいたかずおさんのおっしゃるとおり、
北口に新たなホテルを整備する代わりに、南口フルフォーカスビル横の「アパホテル広島駅前」を閉館させるシナリオも考えられます。
南口「アパホテル広島駅前」は、元々撤退したホテルの建物に”居抜き”で進出したホテルで、老朽化が進んでいると思われます。
フルフォーカスビルのそばでは、古い別の雑居ビルが解体されコインパークになっており、
もしそのように進めばブロックの一体開発にも期待が膨らむ展開となります。

 

「アパホテル広島駅新幹線口」は2024年夏の開業予定

11 comments

  1. bob Reply

    自分もそこの駐車場が一番怪しいと思っていました。
    300室近いホテルが建てられるようなまとまった土地は意外と少ないですもんね。
    その場所なら駅前と言っても差し支えないでしょうし。
    敷地の形状を完成予想図に当てはめると西側と南側の面が見えてる絵って事なのかな?
    ただ普通は角地なら建物に隠れる面を完成予想図に描く事は稀なので北側と西側の面が見えてる絵なのかも⁈ 敷地の形状からしてそれでは結構余りそうですが…
    案外ここ以外の可能性は最後まで捨てきれません。

  2. はさか Reply

    そこに住まれているお客さんに聞いた話ですが駅北の広成建設ビル南の三角地帯になってる所ホテルが立つので立ち退きしてもらいたいと言われたみたいです。
    ただ聞いた話なので本当かはわかりませんけど。

    • ながれかわ きよし

      時勢、事情により、それに基ずいたアクションでしょう。幾度も利用させて頂いています。更なる競争による波に、こころをかよわせ宜しく!!!です。!きよし、

  3. デベロッパー Reply

    そのエリアに長年住んでおりますが、まとまった土地というとJR関連と某教団の広大な駐車場を
    除いて鯉党さんが言われている場所しか今のところありません。現在、コインパーキングで
    舗装済なので結構、人気です(24時間1000円もあるでしょう)。
    ちなみに、その南にある東横インと にしき堂本社横の東横インはずっと休業しています
    (多分、あの利用をされていると思われます)。

  4. タミー Reply

    来年の5月19~21日に広島サミットの日程が決まり、修学旅行等の繁忙期と重なり深刻なホテル不足が早くも話題となっている様です。

    サミット開催は即ち全世界への広島の街の広報と自ずとなるので、良い印象を与えることが出来ればその後世界中からの観光客の増加に大きな期待を持つことが出来そうです。

    アパホテルさんの積極的な姿勢が、吉と出る可能性が高まれば良いですね。

    新幹線口(北口)のどこに出来るのか私も非常に気になります。

  5. みかん Reply

    関連して少し気になるのは、アパホテル広島駅前です(川を越えたところのアパホテル広島駅前大橋ではありません)。
    あそこは外見からして古いアパホテルですし、駅周辺に3棟もアパを展開するとはあまり想像できません。
    加えてアパホテル広島駅前の後側にあたる、JPビル向かい側のビルが取り壊されてのち(立て替えではなく)平面駐車場となっていることも気になります。

    勝手な妄想ですが、新アパ開業を以て「アパホテル広島駅前」は閉鎖・取り壊し、それらが位置するエールエールA館隣の区画全体を再開発する計画が浮上しつつあるのではないでしょうか。

    駅前だと再開発から取り残された価格でしたし、充分ありえるかと。

    • むーばす

      アパホテルは2020年の一年間だけで、博多駅周辺に
      6棟1600室のホテルを一気に出店しました。
      ここぞというエリアにはドミナント戦略を持って、
      一気呵成に市場シェアを取りに行きます。
      広島市は今のところはまだ広島駅周辺のホテルの
      密度が、市場規模に比べ小さいと見積り、土地の
      仕入れを矢継ぎ早に行なっている可能性もあります。
      確かにフルフォーカスビル横の物件は、既存のホテル
      の買収により手に入れたものでしょうから、新築が
      増えたら置き換えも考えているでしょうね。
      あの一画が綺麗になれば、駅前開発は一旦ケリがつく
      感じがします。アパさんに期待してもいいですかね?

  6. ミター Reply

    ちょっと前にドイツでG7サミットが開催されましたが、特に周囲の街並みや風景を大掛かりに流す映像はありませんでした。ニュースは「G7で何が話し合われたか」を報じるものであって、他に尺を使うことは相当の理由が無い限りありません。

  7. むーばす Reply

    博多駅に続いて広島駅を重点出店地域に定めたアパホテル。
    広島駅北口に出店のニュースの舌の根も乾かないタイミング。
    まさかのフタバ図書があった広島産業センタービルの買収。
    その街で最も良い場所を取りに行くという執念を感じました。
    これで懸案だった広島駅周辺のホテル不足は見事に解決です。
    何より同業他社がまだ作るのとビックリされているでしょうね。
    本当に2026年の広島駅の姿は激変してそうです。

  8. オレンジジュース Reply

    広成建設ビルの隣の三角地帯ですが、ボウリングを始めていました。
    また、コインパーキングに隣接していた、喫茶店や民家も解体中でした。アパホテルはここかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。