JR西日本とサンフレによる広島駅北口暫定開発の概要が明らかに

JR西日本は広島駅北口の旧JR西日本広島支社ビルを解体し、広場などを整備する
「(仮称)JR西日本広島支社跡地暫定開発」を進めています。

6月16日、公式ホームページで、この新しい広場の概要が明らかにされました。

名称は「ekie エキキタパーク」。
Jリーグ・サンフレッチェ広島が運営するフットサルコートや3×3コート、芝生広場を整備し、
マルシェやキッチンカーの出店、スポーツイベントの開催を通した賑わい創出を目指します。

7月1日から利用の申込みを始め、2022年9月17日に開業する予定です。

 

概要が発表された時の記事。(2021年10月)

JR西日本は広島駅北口の旧広島支社ビル跡地の暫定開発計画を公表しました。 支社ビルは2020年11月に大須賀町に新築したビルに移転しており、現在は旧ビルの解体工事が行われています

 

広島支社の跡地活用についてはこれまでに、広島市と連携しオフィスや賑わいの拠点に再開発する方針が報じられており、
駅ビルに続く広島駅周辺エリアの大型開発の可能性を秘めた場所となっています。

JR西日本から、広島駅周辺の不動産開発に関する興味深い発表がありました。 コメントでも複数教えていただいております。いつもありがとうございます。 JR西日本は広島駅北口の正

 

 

JR西日本とサンフレッチェによる暫定開発の概要

【JR西日本】:広島エキキタエリア ekie エキキタパークの概要について(PDF形式 277キロバイト)

(上記資料より)

 

敷地の形をモチーフにしたロゴマークとともに、正式名称が明らかになりました。
広島駅の商業施設の名称である「ekie」がここにも採用されるようです。

 

パーク内は主に芝生広場、エキキタサンフレッチェフットサルコート、エキキタサンフレッチェ3×3コートの3種で構成されます。
面積は芝生広場が約390平方メートル、2つのコートが合計で約980平方メートルです。

(上記資料より)

 

芝生広場は主に、マルシェやキッチンカーの出店、地域のコミュニティ事業など幅広いイベント開催の利用を想定します。

エキキタサンフレッチェコートは予約して実際に使用できるのはもちろんのこと、
サンフレッチェのサッカースクールを含むスポーツイベントでの利用も予定されているようです。

 

イメージ(上記資料より)

 

「ekie」という名称が入ることからも、JR西日本の駅ビル開発との関連を意識させられます。
実際に、公式資料で次のようにも記載されています。
”2025年春開業予定の広島新駅ビル屋上広場の展開に繋がる暫定開発と位置づ
け、将来に向けた広島駅周辺エリアの新たなコミュニティ基盤の構築を目指します。”
(JR西日本『広島エキキタエリアに新たなコミュニティ広場誕生 (仮称)JR西日本広島支社跡地暫定開発について』より)

 

新駅ビルの大部分を使った広大な屋上広場になるので、
イベントスペースとしてのみではなく、フットサルコート・3×3コートのようにスポーツ体験もできる場所としての整備を目指している可能性がありますね。

主要ターミナル駅で屋外でフットサルやバスケットなどで汗を流すことができるのは画期的です。

(JR西日本『広島新駅ビルの広場デザイン決定』より)

 

ekie エキキタパークは2022年9月17日の開業予定です。

【公式WEBサイト】:https://www.ekie.jp/ekikitapark/ (2022 年7 月1 日より公開)

【公式SNSアカウント】:Instagram「@ekie_ekikitapark」 (2022 年7 月1 日より運用開始)

 

 

2022年5月の現地の状況

5月に撮影してきた現地の状況をご紹介します。

昨年から進めてきた旧社屋の解体は2021年度末までに完了し、6月から開発工事に着手したようです。

 

前回の状況です。

JR西日本は2020年11月に移転が完了した広島駅北口の旧広島支社ビルの解体工事を行っています。 一部を残し2021年度中に解体工事は完了する予定です。 解体した建物の跡地

 

広島駅北口ペデストリアンデッキから。

 

 

 

5月下旬の時点で対象エリアは完全に更地になっていました。
奥に旧社屋が残っていますが、新社屋に完全に機能を移すまでの間、継続使用されます。

 


(JR西日本『旧広島支社の建屋撤去工事について』より)

 

4 comments

  1. 街歩き好き Reply

    広島駅新駅ビルが完成したのち、ここに札幌駅の新駅ビルのような200m級の超高層複合ビルが出来たら、カッコイイなと、思います。

  2. にょ Reply

    広島のいろんな建物の屋上をこのようなフットサルコートや展望施設にするのはとてもいいことだと思います!楽しみです!

  3. むーばす Reply

    少なくても5年は暫定していくとして、その後建設を
    始めたとしても、2030年頃の新施設の完成になろう
    と思います。まだまだこの先は長くその頃には広島市
    の都市改造も一段落がついて結果も出ておろうかと
    思います。広島市は中国地方の牽引役として、首都圏
    から移住者と転出企業を呼び寄せ、ここから各地域に
    橋渡しをしていかなければならない役目があります。
    それよりもまずは広島市から出て行く人を減らして行く
    ことが先決という話もあろうかと思いますが、現在、
    計画中の施設が全部完成すれば、かなりの魅力を携え
    吸引力は確実にアップしていきます。是非ともここには
    広島市の“チャプターを一段上げていける計画を今から!

  4. タミー Reply

    Jリーグの理念の柱であるスポーツを通した地域振興をオリジナル10の中でも先進的であるサンフレッチェが暫定➜新駅ビル屋上とする都市空間の利用方式には要注目です。
    広島市が提唱する広島駅周辺と紙屋町・八丁堀地区を中心とする「楕円形の街づくり」は地方中枢都市(消費都市)としての側面が、JR山陽本線沿線各駅周辺に集中する自動車製造関連・流通及びそれらに派生する地場企業群の営業活動(産業都市)の要としての「広島駅周辺」、新サッカースタジアムが建設されている「まちなか」は(国際平和観光都市)観光産業を新たに第三の柱とする街づくりとなっておりJリーグの理念と矛盾が無い様に思えます。

    私事で申し訳ありませんが両親が被爆者である自分は色々な意味で、これまで平和維持活動が偽善的でかつ経済的に日常の市民生活の足枷となっているのではという疑念が常にあり、平和産業と呼ばれることにある種の抵抗感が強くありました。しかし、Jリーグの理念を理解しようとすれば両者の根底には相通じるものがあり自分の中では肯定的なものに変わりつつあります。
    これは、直接被爆の関係者か否かにかかわらず広島市民である以上は逃れられない課題になっている様に思えます。

    広島駅周辺の街づくりにサンフレッチェ広島が貢献してくれるとなると本拠地をマツダスタジアムに移転した広島東洋カープに続く朗報だと言えます。

    新駅ビル完成後、JR西広島支社跡にはオフィスを中心とした複合超高層ビルを期待しています。

    市民球場が去った場所から比較的近い新サッカースタジアム共々広島の街づくりでJリーグの理念を具現化して欲しいと切望しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。