旧広島市民球場跡地整備等事業『ひろしまゲートパークプラザ』 2022.12(Vol.4)

広島市は、旧広島市民球場跡地に計画するイベント広場の整備工事を2022年4月に始めました。
広場整備にあたってはPark-PFI制度と指定管理者制度を活用し、事業者に特定された「NTT都市開発」を代表とする企業グループが、公園の整備と管理運営を行います。

計画では緑あふれる広場の中には公園と一体的に利用できる木造の店舗群を整備するほか、
フレキシブルに大小のイベントを開催できるイベント広場を活用し、年間を通じた賑わい創出を目指します。

「HIROSHIMA GATEPARK PLAZA(ひろしまゲートパークプラザ)」と名付けられた広場は、
2023年3月31日の供用開始を予定します。

 

前回の状況です。

広島市は、旧広島市民球場跡地に計画するイベント広場の整備工事を2022年4月に始めました。 広場整備にあたってはPark-PFI制度と指定管理者制度を活用し、事業者に特定された「

 

 

事業概要

旧広島市民球場跡地の整備事業者に『NTT都市開発』を選定!Park-PFIを活用し飲食・物販施設など整備

 

【広島市公式ホームページ】:旧広島市民球場跡地整備等事業の進捗状況


跡地全景

 

施設配置

【NTTファシリティーズ】:広島市中心部の顔となる市民公園「NEW HIROSHIMA GATEPARK」いよいよ着工 ~広島市初となるPark-PFI事業「旧広島市民球場跡地整備等事業」の工事着工~

【NTT都市開発】:広島市中心部の顔となる市民公園のイベント広場呼称が「HIROSHIMA GATE PARK PLAZA」に決定「旧広島市民球場跡地イベント広場(中央イベント広場)」の命名権を取得

 

 

大屋根の柱などあらわに

おりづるタワーから。

完成時の配置が完全にイメージできるようになってきました。

8棟設けられる商業施設は「SHIMINT HIROSHIMA(シミント広島)」と名付けられました。
「市民球場」として愛された場所ですから、違和感も少なく呼べるのではないかと思います。

旧広島市民球場跡地の商業施設は『SHIMINT HIROSHIMA(シミントひろしま)』に決定!

 

紙屋町方面からのエントランスとなる南東部分の建物。

 

 

ここが、紙屋町方面からのお客を迎え入れるゲートのような場所になりますね。
足場の隙間から、木造の建物の外観も少しだけ見ることができました。

 

相生通りが面する南側。

 

 

跡地の中央にある「フォレストルーフ」の柱が見えてきました。

屋根付き広場となる予定で、イベント開催時の中核を担います。

 

東側から北東側にかけては上モノを整備しない「アーバンアクティビティサイト」。

約3,000平方メートルの内、500平方メートルは広島市が初心者でも楽しめるスケートボードパークを整備します。
FISEの開催もしやすいよう考慮されています。

 

北西側に建設中の広島市サッカースタジアム。

試合日は紙屋町方面から多くの人が広島ゲートパークプラザを経て、スタジアムに向かうことになりそうです。

 

これまであまり来なかった原爆ドーム前電停付近から。

 

 

広島市における初のPark-PFI制度を活用したプロジェクト、
「ひろしまゲートパークプラザ」は2023年3月に開業する予定です。

guest
11 Comments
古い順
新しい順 高評価順
Inline Feedbacks
View all comments