マリーナホップに開業する『マリホ水族館』の建設状況

「広島マリーナホップ」は、ご存知広島市西区観音にあるショッピングモールです。
2005年に広島初のアウトレットモールとして開業しました。
当初は真新しさもあり賑わいを見せたものの、来客数の減少により運営者が2008年に経営破綻。
現在は地場の第一ビルサービスが運営主体となり、”アウトレットモール”の度合いを弱め、
新店舗やイルミネーションなど集客に向けた様々な取り組みを試みています。

新たな集客ツールの一つとして注目されるのが、「マリホ水族館」
今年6月の開業を目指し、昨年から建設工事が行われてきました。

今回その様子を見に行ってみたのでご紹介します。

スポンサードリンク

 

 

まずは入口です。
建物全体はリニューアルされており、開業当初と外観が変わりました。

 

水族館は、東西ではほぼ中央、かつてフードコートがあったところに建設されています。

 

 

このように大きく区画を閉鎖して工事が進められております。

 

目の前に、展望塔があったので登って上から見下ろしてみました。

 

 

施設は思っていたよりコンパクトな印象です。
アクアスだ、海響館だ、海遊館だ、周りにあまりにも巨大な水族館が点在しているので余計そう感じるのかもしれません。

「マリホ水族館」を手がけるのは、水族館プロデューサー中村元氏。
「江ノ島水族館」(神奈川県)や「サンシャイン水族館」(東京都)など、都市型水族館を得意とする人物です。
瀬戸内海や広島県の渓流をイメージした6つのゾーンに分かれ、”都市型”らしく結婚披露宴などの貸し切りでの利用も計画しているとのことです。

【毎日新聞】:広島マリーナホップ 来夏、水族館 瀬戸内の海イメージ

【ライブドアニュース】:19年ぶり!広島市内に水族館が帰ってくる

【広島経済新聞】:広島沿岸部のショッピングモールに都市型「水族館」 2017年夏オープン


完成イメージ(上記サイトより)

 

久々に訪れたので館内を歩いてみました。総括はこの後で。

 

 

 

 

 

 

北側の駐車場の一部は住宅展示場に変わりました。
敷地の西側には巨大な商業棟にバルコムモータースが入居し、輸入車・中古車、大型バイクなどを販売する店を構えます。

コンコースにあった運河はほとんど埋められ歩きやすくなりました。
海側はヨットハーバーと背後の瀬戸内海を望む、テラス風の飲食店が面しています。
こんなにオシャレになっていたんですね。
雰囲気としてはかなり良いものをもっていると感じました。

 

マリーナホップには、どうしてもアウトレットモール時代の閑散とした暗いイメージがつきまといます。
都市型水族館という市内唯一の施設がこの夏完成します。

水族館そのものを楽しんでもらうのはもちろん、水族館への来場をきっかけに
私のように、リニューアルされた魅力的な施設に改めて気付かされる人を増やすのが復活への大きなチャレンジとなりますね。
西飛行場跡地の整備も今後進むことも合わせて、
一帯のイメージ転換の大きな一歩となることに期待したいです。

「マリホ水族館」は今年、6月24日(土)にグランドオープンの予定です。

【公式】:緑そよぐ大人の海マチ・広島マリーナホップ

12 comments

  1. Reply

    マリーナホップの雰囲気は好きですね。
    特に夜の飲食店から海側を望むとすごくきれいです。暖かい季節になれば海風にあたるのもまた一興です。
    マリーナホップの欠点をいえば、岡山や兵庫にある三井アウトレットモールのように有名どころのお店が入らなかったことでしょうか。ABCマートが入っていることが唯一の良心だと感じます。
    マリホ水族館もできることですし、もう少しテナントのテコ入れをしてほしいものですね・・・

  2. めっそ Reply

    兵庫はまだしも倉敷のはテナントしょぼすぎでしょ。あと仙台行った時に偵察行ったアウトレットもひどかった。広島に数あるSCのテナントの不良品売ってるレベルだもん。あれじゃ広島では通用しないし、いらないね。

  3. ゆん Reply

    岡山は論外だね。確かに俺も仙台行った時に二つアウトレット行ったけど、どちらも似たようなテナント構成でまるで買うものなかった。広島でいうとゆめタウンの安売り程度。
    仙台は広島に比べ所得が低く高級品の進出度、売り上げ、百貨店売り上げも下だからわりとファストファッションが売れる傾向。
    広島は逆にファストファッションよりブランド品が売れる傾向だね

  4. さっそく Reply

    記事と関係なくてすみません。
    広島駅のホームドアはロープ式で検討とのこと。
    大阪の高槻駅のようなロープ式ホームドアになる模様…
    山手線のようなホームドアかと思っていたので少し残念…
    ホームドア設置のころにはほとんどの車両が227系になっているはずだが、
    ドア位置の兼ね合い・コストの関係なんでしょうか。
    最近ホームが美装化されてきていて喜んだのもつかの間。
    http://www.nikkei.com/article/DGXLZO11667970T10C17A1LC0000/

  5. ほい Reply

    山手線のように周回に特化した電車だけでなく
    瑞風やサンライズ夢や、イベント列車が停止できなくなりますからね。

    本線筋の大規模駅はほぼロープ型になるのではないでしょうか。
    大阪環状線にしても西九条あたりは「くろしお」や「はるか」もとまりますし、
    ロープ型になると思います。

  6. TOM Reply

    マリーナホップは、10年以上前に行ったきりですが、かなり変わってきてるんですね!
    西飛行場跡地には、リゾートホテルや、職業体験施設(キッザニアみたいな?)が出来るみたいだし、連動して、ホップ自体のショップも、これを機に一新してほしいですね。
    水族館は楽しみです!甥っ子連れて絶対行きたいです。
    個人的には、ホップ近くのカフェMARIOに先日行ったのですが、そこのかぼちゃプリンが絶品です(笑)

  7. むーばす Reply

    私も昨年秋にここを訪れました。
    一時の閑散とした寂れた感じは薄れていて、
    エリア内も外壁などを改装してあったり、
    バイクやクルマの販売店や住宅展示場が
    新たに出来たおかげで少しリニューアル感
    が出ていました。

    すでにアウトレットモールとは呼べないので
    どれだけ魅力的なテナントが呼べるかでしょう。
    Jカフェでお茶しましたが、飲食店はそれなりに
    お客が来ていました。
    ミニ遊園地は広島周辺にない施設なので、
    ファミリー層が来るきっかけになっています。
    水族館もそうした層には受けるのではないでしょうか。
    もう少し本格的な展示が見たければみやじま
    水族館がありますから、マリーナホップから
    船に乗ればいいのです。

    2005年に開業当初の渋滞で離れた顧客が
    その後の運営会社(ミキシング)の倒産で、
    決定的となりましたが、新しい地元のビル
    メンテ会社はがんばっているようで一安心と
    いったところ。

    今後は空港跡地に出来る新施設との連携強化で
    広島で唯一ウォーターフロントと言えるあそこの
    魅力をもう一度輝かして欲しいです。
    個人的にはあそこから見える西区周辺の団地の景観
    が大好きです(昼も夜も)。一番はマリオ店ですが。

  8. kruseknot999 Reply

    FBでシェアさせて頂きました。出来るのが楽しみです。アルパークに昔ありましたよね。あれも良かったですけれど。

  9. ちょいと Reply

    アルパークのは、トンネルでしたね。今思えば、頭上とかに魚がいて、ゼイタクでした。

  10. 鯉フアン Reply

    「マリーナホップ」という名称では、旅行者はもとより市民でも何をしている場所か理解しがたいのです。「マリーナモール」のようなより実態が分かる名称にすれば、現在以上の集客が期待できると確信しています。

  11. 鯉女房 Reply

    鯉フアンさんのご意見に大賛成です。マリーナかビール工場(笑)のような名称を誰が考えたのでしょう。今後の発展を期待するのであれば、集客できる名称に変えて、再出発すべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。