広島駅北 二葉の里5街区再開発 2017.10 (Vol.16) 大和ハウスビルの鉄骨工事はじまる

広島駅周辺の最後の一等地として区画整理された二葉の里地区”5街区”は、
2014年5月、一般競争入札により大和ハウス工業・広島テレビ放送・エネルギア・コミュニケーションズ(以下エネコム)の3社グループが取得しました。
エネコムの「EneWings 広島データセンター」は2016年12月に開業し、
現在は2018年3月の竣工を目指す広島テレビの新本社ビル、
2019年3月の竣工を目指す大和ハウスのオフィス・ホテル・商業の複合棟が建設中です。
二葉の里5街区の続報。ホテル・オフィスの詳細など

広島テレビ新本社ビルには、700平方メートルの無柱空間を2フロア備えた「広島コンベンションホール」が18年6月に開業する予定です。

【公式】:広島コンベンションホール | 学術会議・株主総会・講演会・展示会・イベント・パーティほか

前回の状況です。

広島駅周辺の最後の一等地として区画整理された二葉の里地区”5街区”は、 2014年5月、一般競争入札により大和ハウス工業・広島テレビ放送・エネルギア・コミュニケーションズ(以下エ
スポンサードリンク

広島駅北口2階のペデストリアンデッキから、
完成した駅前広場のバス・タクシーエリアと合わせて。

夕日に照らされるのが、広島テレビ放送の新社屋です。

 

ビル単体です。

ペデストリアンデッキからは、ちょうど斜め45°くらいの位置関係で、ビルが非常にまとまって見えます。
上層階の足場や仮囲いはほとんど外れ、前回よりも完成に近づいた印象です。

 

最上階部分。

ビルの南東のコーナーはこのように切り取られ、バルコニーのようになっています。
こちらの面に「Hiroshima TV」のロゴも取り付けられていますね!

 

夕日に照らされる新社屋。

 

 

広島テレビ新社屋の西側で、鉄骨が確認できます!

 

ついに、大和ハウス「(仮称)広島二葉の里プロジェクト」の、鉄骨建方が始まり地上部分が見えてきました!

 

駅西高架橋北詰交差点から。

 


完成イメージ
(下記HPより)

【CBRE】:広島二葉の里プロジェクト_物件概要

「広島二葉の里プロジェクト」は、大和ハウス工業が手がける複合棟で、
11階以下にワンフロア2,000平方メートルを超えるオフィスと商業施設、
12階以上は「ダイワロイネットホテル」が入ります。

1階には高速バスが発着するターミナルも設けられる予定です。

 

全体です。

 

ビルが増えましたね。
交差点の角に建設される大和ハウスの「広島二葉の里プロジェクト」は、中でも目を引くものになりそうですね。

 

二葉の里地区内、「広島県医師会」ビルから。

こちらの方が、よりビルが増えたことを実感できます。
この画像に見えているビルの内、
右から2番目の「ホテルグランヴィア広島」以外、全て2010年以降に竣工または竣工予定のビルですよ(汗)

「広島二葉の里プロジェクト」も鉄骨が立ち上がってきたので、もうすぐシティタワーが見えなくなりますね。

 

広島テレビ新社屋。

いつもとは違う角度なので、新鮮に感じます。

 

「JR広島病院」付近から。

エネルギア・コミュニケーションズの「EneWings 広島データセンター」と合わせて、立体的な街になってきたと感じます。

一方、画像左手に写るJR西日本広島支社は、
数年前に支社長から、建て替えの必要性や”再開発ビルはにオフィスや文化施設機能を”という展望が語られていました。

二葉の里地区 周辺図 (広島駅新幹線口エリアマネジメント推進調整会議PDFより) サッカースタジアムの記事はもう少しお待ちください…。   今朝の中国新聞です。 JR西日本の杉

自由通路がまもなく開通、来年3月には駅構内の全ての商業施設がオープンします。
その後には駅ビルの建て替えも控えていますが、こちらの二葉の里の支社ビルの行方にも注目しておきたいです。

 

今回紹介した広島テレビ新本社ビルは2018年3月の完成予定
大和ハウス複合ビル(二葉の里プロジェクト)は2019年3月の完成予定です。

1 Comment

  1. 鯉党α Post author

    皆様へ。
    コメントありがとうございます。
    多忙のため対応が遅れ、大変申し訳ありません。
    本記事へのコメントは、トピックとは関係無い話題でヒートアップしすぎているため、
    誠に勝手ながら受付の停止並びに全てのコメントを非表示とさせていただきました。
    「巻き添え」にしてしまったコメントもありますが、どうかお許し下さい。

    都会かどうか、なんてことは個人の感じ方次第です。
    エキキタを出て正面に古ぼったいJRの支社がある光景が洗練されているとは思いませんが、
    それは広島を映すほんの一側面でしかありません。
    勝った負けたではなく、もう少し余裕を持ってコメントしていただきますようお願い申し上げます。
    他の都市との比較を持ち出される場合にも、その後の議論の展開等にご配慮いただけると大変助かります。

    お世話になっているらっちさん、ヒロさんが私よりも先にこのことについてずっと深く書かれているので、是非読んでみてください。
    大都市化競争とシビックプライド | 広島・都市創生会議
    広島の都市問題 都会と魅力がある街の基準 : 封入体筋炎患者闘病記

    今後とも何卒よろしくお願いいたします。

Comments are closed.