広島駅~マツダスタジアム間デッキ整備 2019.02 橋脚登場!一括架設の準備

広島市はカープの本拠地「マツダスタジアム」とJR広島駅との間の歩行環境を改善するため、
2009年の開業当時から歩行者デッキ(ペデストリアンデッキ)の検討が行われてきました。
当初はJRの敷地を一部使用して完全にスタジアムまで繋ぐ構想でしたが、並行する市道(通称カープロード)に多くの店舗が開業している背景を踏まえ、再検討されています。

2016年10月時点で報じられていた情報は以下の通りです。

  • 赤:Cブロック再開発施設内デッキ(2016年内完成)
  • 青:Cブロック~愛宕踏切渡線橋間連絡橋(2017年度着工→遅れ)
  • 黄:愛宕踏切渡線橋(既設)
  • 緑:愛宕踏切並行部高架橋(2018年度着工→遅れ見込み)
  • 灰:愛宕踏切東側~スタジアム(未定・縮小検討)

 

工程は遅れていますが、2018年度中に青で示すCブロック「エキシティ広島」から愛宕踏切渡線橋までの区間が整備されることとなっています。

前回の状況です。

カープの本拠地「マツダスタジアム」は、2009年の開業当時から JR広島駅とを結ぶ歩行者デッキ(ペデストリアンデッキ)の建設が検討されてきました。 ペデストリアンデッキは広
スポンサードリンク

以前ご紹介した、現地看板の完成イメージ図です。

右側の茶色の部分が、「エキシティ広島」に整備されているデッキで、そこから左奥、踏切の方に伸びていきます。

 

既設の「エキシティ広島」から。

 

 

おおお。かなり状況が変化しています。
デッキを架設するための橋脚が姿を表しました。

 

更に、「グランクロスタワー広島」の前にはデッキの橋桁が準備されています!

近い内にクレーンで吊り下げて一括架設するようですね。

 

踏切付近から。

 

右手がマツダスタジアム方面です。
ここをデッキが横断するのは来年度以降になります。

 

踏切東側から振り返ります。

 

踏切に並行して設けられている渡線橋に接続します。
ここには階段がありましたが、まるごと撤去されて橋脚に変わりました。
階段は若干位置を画像奥方向にずらして再び設けられます。

 

渡線橋から。

 

 

工事中の現在はエレベーターのみ使用できる状態です。
前回まであった階段は姿を消し、目の前にあるのは新しいデッキの橋脚のみとなっています。

 

「エキシティ広島」と愛宕踏切の跨線橋を接続する工事は、2019年3月の完了予定です。

8 comments

  1. カープ坊や Reply

    “当初はJRの敷地を一部使用して完全にスタジアムまで繋ぐ構想でしたが、並行する市道(通称カープロード)に多くの店舗が開業している背景を踏まえ、再検討されています。”

    んー、デッキは本来であればマツダスタジアムができた時に、デッキもすぐに完成していれば、
    こんな事態にはならなかったでしょう。
    整備が遅れた広島市の責任は大きいと思います。
    賑わいを!と言いますが、観客の数はとてつもなく多いです。現在の道路は一応ポールで分離されていますが、人は溢れ、
    車両通行止めだとしても、周辺住民のルートになっています。
    観客の為にもデッキはマツダスタジアムまで作るべきだと思います。
    一部のお店の人達の商売ために、観客の利便性が損なわれるなんて、
    ありえないと思います。
    ここは強い態度で、最初の構想をきちんと実現させるべきだと思います。

    • Shima@北海道

      実に広島らしいですよね?
      開発の遅れを利用して、複数の沿道の中小企業が雨後の筍のようにキチャナイ店を出し、そこが既得権益の為に開発に文句をつける。
      都心部の交通機関も然り。
      残念。

  2. たろ Reply

    広電の新型車両、GREENMOVER APEXが、江波車庫に搬入され、
    試運転が行われていますね。
    3月にデビューのようですが、大変楽しみです。

  3. 未来しゃーきー Reply

    デッキの延伸が着実に進んでいるようでうれしい限りです。
    ただ、本来はマツダスタジアムまで繋げる計画だったわけで、
    いくら「カープロード」に賑わいがあるからといって計画を変更することが良いのかは疑問です。
    行政が自ら決めたことを諦めるのは、ちょっと残念ですね。
    そもそも、歩行者の安全確保のために建設しているはずですが、
    中途半端に作って終わりで、果たして市民の理解を得られるのでしょうか。

    あと、荒神陸橋をどのようにしてパスするつもりだったのでしょうかね。
    「カープロード」を理由にしていますが、実際のところは陸橋をパスする方法が決められなかったってことはないのでしょうかね。

  4. xy Reply

    1.灰色区間は愛宕踏切から荒神陸橋手前まで続くスロープにして縮小。
    2.試合他混雑するイベント時は「お好み焼き京ちゃん」から大正橋から続く道路の手前までで歩行者天国を実施。また車止めのポール等を整備。
    3.愛宕踏切から荒神陸橋手前までの道路はスロープにより幅員が狭くなるため一方通行に変更。

    具体的な話がないので妄想ですが、これだけ実施できれば安全は十分確保できると思います。周辺住民の利便性については理解を求めていくしかないのでしょうが、そこは決定を下すことになる市に責任をもって対処していただきましょう。

    現実の計画がどのようなものになるのかはまだ分かりませんが、「カープロード」文化が定着すれば広島の素晴らしい財産になると思います。市のやる気に期待したいです。

  5. むーばす Reply

    愛宕踏切からマツダスタジアムまでの区間は、ペデストリアンデッキを
    造るとしても現在の舗道をつぶす訳ではなく、旧宇品線の敷地を活用。
    「旧東広島駅」貨物ターミナル跡に球場を建設した大前提であったはずです。

    ということなら荒神陸橋からマツダスタジアム間は地上の道路を活用
    することになっても、現道だけでは狭いし、旧宇品線の敷地まで道路
    を拡幅してそこに舗道を設けたなら、結果として歩行者の安全はある
    程度確保が出来るでしょう。また早急にそうすべきだと思います。

    と考えると広島市としては早くJRとの交渉過程を公表して、調整の
    進み具合と共に、JR側から実際の線路上にある架線や保線、信号関連
    の施設の移設を進めるタイムスケジュールを示してもらうべきです。

    マツダスタジアムの建設議論の最中から、この問題が出ていて広島市
    はペデ中心に対策を考えていくとしていたのですから、方針転換を
    したならすぐにそのように打つ手を取れるのではと思うのですが。

    まあ“カープロードの話”をダシに、なし崩し的に旧宇品線の話を
    なかったことには出来ないはずです(愛宕跨線橋から一般道に
    下ろすためのスロープは必要です)。

    もちろん現在のカープロードの魅力が増していることの事実は
    ありますし、ファンとしては沿道にそうした施設が増えたほうが
    楽しいですしね。最終的には荒神陸橋手前からペデが結ばれても
    「Cブロック」と「Bブロック」「新駅ビル」「Aブロック」
    「東郵便局ビル」までが2階レベルで繫がってはじめて、
    マツダスタジアムまでの安全な導線の確保が完成します。

    広島市には何事も計画を実施に移す時間を早くして欲しいですね。
    あまり言いたくはないですが何事に対しても10年一日のごとくです。

  6. デベロッパー Reply

    Cブロックの東と南側一帯ですが、急に空き地→駐車場→小規模なビル建設 が増えてます。聞くところによると、とある不動産会社が買占めているらしいですよ…カープロードにある店舗も、これから色々と変わる可能性がありますね。大金散らかせて…らしいです。

  7. ちょいと Reply

    Area Bis 広島によると、荒神町交差点角地に、ホテル建設計画があるようです。八階建てだから、あまり大きくないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。