田中町 (仮称)ドーミーイン広島ANNEX 新築工事 2019.08

ゼネコン準大手の戸田建設は、平和大通り沿い「田中町」の同社旧広島支店(TODA BUILDING)を解体し、166室のビジネスホテルを建設します。
ホテルは共立メンテナンスによる運営で、広島では2棟目となる「ドーミーイン広島ANNEX(仮称)」となります
開業は2021年5月
になる予定です。

コメントでちょいとさん、江藤智さんに教えていただきました。ありがとうございます。 広島経済レポート12月31日号によると、 ゼネコン準大手の戸田建設は、平和大通り沿いの田中

Sponsored Link

田中町交差点の向かい側から。

「にしき堂」のとなりにポッカリ空いた空間が建設予定地です。

 

柵の前から。

敷地の境界に山留め壁が施工してあります。
まもなく本格的な基礎工事に入ると思われます。

 

前回お見せできなかった建築計画のお知らせです。

 

【(仮称)ドーミーイン広島ANNEX 新築工事】
高さ48.2m、地上14階
構造:鉄筋コンクリート造
用途:ホテル(166室)
敷地面積:609.19平方メートル
建築面積:500平方メートル
延床面積:5,700平方メートル
着工予定:2019年9月
完了予定:2021年5月
建築主:戸田建設株式会社広島支店

旅館業営業計画のお知らせも掲示され、イメージ画像も明らかになりました。
なんとも平和大通りらしい落ち着いた色合いです。

このお知らせは建築計画のお知らせよりも新しく6月26日に設置されたもので、
着工と竣工予定が変更され、少し遅くなっています。

2019年9月着工、2021年5月竣工予定のようなので、
開業は初夏あたりになりそうです。

Sponsored Link

4 comments

  1. やよい Reply

    ここと目と鼻の先の歩道橋近くの、元中華料理屋周辺も建物が解体され、ホテルになるようですね

  2. タミー Reply

    ブログ更新お疲れ様です。

    平和大通もスクラップ&ビルドが急速に進み、ホテルやマンションを中心とした高層建築物と街路樹の緑とで、見事に洗練された都市的景観を徐々にではありますが演出し始めていますね。

    中心業務地区や繁華街・歓楽街の充実と並んで、この手の洗練された都市的景観の演出 は特に若者からシルバー層までの幅広い世代の人々を呼び寄せることに非常に効果的です。

    防災用に造られた、無駄と思える程幅広く街路樹が生い茂るだけの裏通り的存在であった平和大通が、一躍広島都市圏を代表するメインストリートにかけ上がった様に見えます。

    平和大通は、この田中町交差点で広島駅と駅前通で結ばれおり、平和公園等への散策コースとしても最適であり、広島都市圏のイメージアップにも非常に有効で、街の広報活動に積極的に活用すべきだと思います。

    広島電鉄と中国新聞社による旅行会社に広島銀行が加わり、広島の特産物を中心に取り扱う商社設立の報道がありました。そこが行う広報活動にも注目しています。

    広島には、少し景気が良くなると安易に公金をあてにして大風呂敷を広げる大馬鹿野郎が現れ、それに対抗するかの如く異常に自虐的・ネガティブな連中との抗争が勃発することが恒例行事となっており、これが広島人の悪い癖だと痛感しています。

    個人的には、無茶苦茶な誇大広報をする必要はありませんが、現在建設中や計画が決定している再開発をも含め、それらを加味し少しお化粧した程度の洗練された都市的景観等の演出に務めた広報を積極的にしてヒト・モノ・カネそして情報を集めるべきだと思います。

  3. 江藤智 Reply

    田中町の流川側(オリエンタルの裏の方)でも、ホテルを建設してますね。田中町、平和大通界隈はホテルラッシュですね。

  4. 社会系 Reply

    マンションが続いていたこの場所に、ホテルになったことは、ありがたいことです。
    さらに、デザインも優れているように思います。
    平和大通りでは、東亜地所跡地もホテルが建設されており、楽しみも倍増です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。