広島都心を一望!リニューアルされた『黄金山』展望台 2020.03

県内での新型肺炎感染者が増加傾向である背景から、
4/10(土)-11(日)は広島県から初めて外出自粛要請が発令された週末でした。
明確な終わりが誰にも見えず、社会に重苦しい雰囲気が漂っているのを感じますね。
もう少し頑張りましょう。

このブログも先月末に書いた通り、過去の未公開ストックを引っ張り出しながら、3密を避けた最小限の取材を行っています。
コロナ収束後にゆっくりと訪れたいスポットを今後紹介していきます。

最初のスポットは広島市南区の黄金山です。
山頂で改修工事をしていた展望台が、2020年3月20日にリニューアルオープンしました。
すでにご存じの方、行かれた方もいらっしゃると思いますが、行ってきましたのでご紹介します。
※訪れたのは3月末です。

【広島市】:黄金山山頂北展望ゾーンの整備が完成しました!

Sponsored Link

超開放的!360°パノラマの展望台に

黄金山は山頂まで車で行くことができます。
駐車場から徒歩2分程度、リニューアルされた北側の展望台に到着です。

 

広い!以前は電波塔とその建物が今の半分以上くらいを占めていたと思います。
周囲の木々も整えられたようで、空が近く360°見渡せる展望台に変貌していました。

 

この眺望ですよ!

広島市平野部が一望できます。
中国山地から広がる三角州により形成された希少な平野。こうしてみると広く感じますね。
そして隅々まで戸建の住宅や15階規模のマンションが立ち並んでいる。
自然と都市が共存したいい街だと改めて思います。

 

方面別に見てみましょう。
広島駅と紙屋町・八丁堀地区、いわゆる広島の都心です。

 

 

広島駅はやはり駅前のツインタワーの存在感が強く、ひと目で位置が分かりますね。
北口には「ホテルグランヴィア広島」を始め、3棟くらい100m前後の建物が立ち並んでいますが、それらとは明確に違います。四捨五入して200mになるビルは数字以上に高く感じます。

 

広島市の高層ビル一覧

 

続いて紙屋町・八丁堀地区から南側の千田町にかけて。

左側に旧広島大学本部跡地に建設中の「hitoto 広島 The Tower」があります。これもすぐわかる高さですね。
画像中央右側には、青いシートに覆われクレーンが稼働している建設中の建物があります。
「テレビ新広島(TSS)」の新社屋ですね。

 

 

道路ネットワークも見どころ

続いて広島市北東~東です。
まずは府中町方面。

市街地を抜ける都市高速(広島高速2号線)が目を引きますね。
中央右側に見えている東雲ICから、左奥のイオンモール広島府中などがある府中ICは、
走っていても4車線で山陽新幹線の下をくぐったりと変化があって気持ちいいです。

 

市の東側、府中町・海田町方面です。

 

 

こちら側で目立つのはやはりマツダの工場群ですね。
その脇を縫うように広島高速が整備されています。海上の「仁保JCT」は圧巻です。

 

最後に広島市南部。
宇品方面です。

 

宇品大橋、グランドプリンスホテル広島などが確認できます。

 

ここまで遮られることなく360°を見渡せる展望台となったのは非常に嬉しいですね。
都心を含む平野を見渡せる展望施設としては広島ナンバーワンでしょう!

これだけ都心が見えていると夜景ももちろん期待できるわけですが、夜景も収めてきております。
明日引き続き、公開する予定ですのでお楽しみに。

 

最後まで見てくださったお礼に、壁紙を用意しました。
PCの壁紙や、WEB会議「zoom」の背景など、自由にお使いください。

壁紙をダウンロード(1920×1080px, 1.0MB)

 


「hitoto 広島 The Tower」から下の方に目を移していくと、レンガ造りで切妻の建物が並んでいるのが確認できます。
被爆建物である「広島陸軍被服支廠」です。
倒壊の危険があることから解体する方針が県から明らかにされましたが、保存・活用を望む声も根強く、昨年12月には県が所有する3棟中2棟は解体、残る1棟については耐震補強し保存する考えが示されました。

歴史の証人としての価値は当然ありますが、地震があった時などに倒壊すれば大変危険です。そうした危険を取り除くのは行政の義務でもあるため、両者の意見も正しいです。
1棟保存案は落とし所としては妥当なのではないかと思います。
宇品など人が少しでも集まりやすい場所であれば、イベントが開催できる倉庫や大きな博物館としても活用できるのでしょうが、あの立地だと誘致のハードルも少し高めです。
保存するからには、持続可能な活用策を考えていかなくてはなりませんね。

Sponsored Link

13 comments

  1. TOM Reply

    広島に行くとほぼ訪れる黄金山。遂に改修されたんですね!しかもこんなに広いとは。
    早く訪れたいです。
    コロナのせいで4月5月の来広は白紙になりましたが、また夏には行きます。
    先取りして眺望を楽しめました!!ありがとうございます。
    いつもタクシー(片道3000円くらい汗)なんで、広島駅からバスが出たら助かるんですが…。こんな素晴らしい展望台、是非観光客のために軌道バスをお願いしたいです。

  2. サンフレッチェ大好き Reply

    ここにロープウェイが無いのが不思議。美しい瀬戸内に100万都市の夜景もったいないですね観光名所になるのに!

    • のーてんき

      黄金山のふもとは全方向に住宅が密集していて
      とても、ロープウェイを造れる状態ではないと思いますが

  3. 社会系 Reply

    神戸には、ロープウェイがありますが、それは、新神戸直結だからと考えられます。

    黄金山は、やはり、都心から少し離れていると言えるでしょう。
    これが、比治山公園くらいの位置にあれば、ロープウェイがあったかもしれません。

    また、ここから見る都心も、かなり遠くからなので、
    都心のリーガロイヤルホテル33階レストランなどから見る都心とは異なり、
    実際の都会的雰囲気もなく、違った印象を与えていると思います。

  4. いぃ Reply

    都心からわずか数キロメートル
    3大都市圏なら山全体が市街地化されていたでしょう。
    広島の都市規模だからこそ残った貴重な山地に
    感謝です!!

    • bob

      いくら何でもそれは無い
      斜面のままでは土地利用できる傾斜ではないし
      海抜222mもある山全体を均すなんてコスト的にも普通やらない
      開発できるのは精々100m前後の比治山クラスまで
      だだ景観考えればそれもやるわけがない

  5. しましま Reply

    ・3密回避
    ・手洗い
    ・マスクの着用
    そして
    ・不要普及の外出をしない

    どれか守れば大丈夫ではなく一つでも該当するなら1人1人の心がけで自粛しましょうよ
    行政からの要請には個人の行動を制限するものではありませんが
    皆が花見を自粛して閑散とした黄金山の展望を楽しまれるのも最低限個人の中でとどめておくべき時ではないですか

    • オッス!オラ、全斗煥!

      >しましま氏

      3月末に行ったと書いてありますよ。

      懸念されてることはここの人は全員遵守していると思います。

    • しましま

      全斗煥!さん
      あなたは3月末に不要不急の外出はセーフだったと?
      宣言前の3月末だから?屋外だから?3密じゃないから?
      実際に多くの方は花見さえ自粛されてるさなかに撮影に行かれる危機意識のレベルもどうかと思いますがそれも個人の判断です
      ただこれを目にされた方のステイホームのハードルを下げさせる事があってはならないとは思いませんか
      実際に全さんみたいなズレた反応をされる方もいますしね

      ブログ主さん
      あなたも感染リスクには十分気をつけていただきたいですが
      基本はステイホームですよあなたも周りもここの人たちも

  6. 鯉党α Post authorReply

    コメントありがとうございます。
    撮影日は3月21日です。外出自粛要請こそこの時出ていなかったものの、影響は各地で確認されている中での取材でした。
    頂戴したコメントは受け止めます。

    ただ、これみよがしに人が少ない状況を取材に行ったわけではないこと、ましてや花見をしたわけではないことはご理解いただきたいです。
    状況も悪くなっているので、この黄金山を最後に新規の取材は行っておりません。
    今後も引き続き、当サイトが与える影響を考慮して行動していきます。

  7. タミー Reply

    黄金山山頂から見る都市高速道路網やマツダの工場群を眺める写真を拝見すると、広島の街は3B branch(支店・出張所) bridge(橋) bus(バス)と呼ばれる街から、3H head office(本店・本社・支社・主な支店) hill(英.610m以下の山) high.way(主な道・ハイウェー)の時代に進化していることを実感します。

    bar(酒場)を含めて4Bとも呼ぶ人もいましたが、home.town(
    米.故郷.住み慣れた町=Hiroshima)を含めた4Hですかね。

  8. からや Reply

    広島テレビ跡地ですね。
    本来アナログ終了とともに用済みで解体といったところを
    モバキャスが使う名目で残したものですね。
    そのモバキャスが大赤字で閉局、それをきっかけにようやく解体されたというところです。

    中国放送はもっと古い築60年の電波塔をラジオのFM補完にしてますが、どうなんでしょうか。

  9. はまっこ Reply

    おお、ついに整備されましたか!昨年の11月に広島を訪れた際は工事中で立ち入りできず、南東の展望台からしか市街を一望できず、広島駅側は写真を撮ることができず残念でした。ホテルからタクシーをチャーターして行きました。年配の運転手さんは、黄金山に展望台があることをご存知なかったようで、市民への認知度も低いのでしょうか。どなたか書かれていたように、タクシーは高かったです。頂上で待機していただき、その後、比治山の展望台に行き6千円かかりました。バスか何かで行ければ良いですね。子供の時に歩いて登って以来なので大感激でした。瀬戸内海の美しい海、宮島、呉、海田方面に伸びる高速道路の橋、そして何と言っても市内中心部から、西方面の大パノラマ、素晴らしいの一言です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。