プレサンスロジェ 広島駅南ザ・タワー 新築工事 2020.06(Vol.2)

関西を中心に不動産開発を行うプレサンスコーポレーション(大阪市)は、
広島駅近くの南区的場町、「旧清水劇場」の跡地に、20階建て分譲マンションの新築工事を行っています。
55戸を供給し、2022年3月の完成を目指します。

同社は100mほど西側の相生通り沿いに、分譲マンション「プレサンスロジェ 広島駅南」を19年10月に完成させているほか、
ホテル、賃貸マンションなど広島での事業展開を進めています。

 

 

Sponsored Link

 

【公式】:プレサンス ロジェ 広島駅南ザ・タワー


完成イメージ(上記公式サイトより)

公式サイトがオープンしましたね。

広島駅に徒歩圏内ということで、コンセプトのページでは
今後の広島駅南口開発が大きく紹介されています。

 

相生通りから現地へ。

手前に見えるマンションは15階建て「プレサンスロジェ 広島駅南」。一足先に昨年秋に完成しました。
今回の物件は、この画像ではまっすぐ奥。路地を入ったところにあります。

 

建設予定地の近くに来ました。

 

場所はかつて「清水劇場」があった場所。
以前までは建物がまだ残っていましたが、すでに解体され、基礎工事・地下躯体工事が行われています。

 

建築計画のお知らせ。

【プレサンス ロジェ 広島駅南ザ・タワー】新築工事
高さ59.79m、地上20階・地下1階
鉄筋コンクリート造
住戸数:55戸
敷地面積:789.81平方メートル
建築面積:324.17平方メートル
延床面積:4,999.38平方メートル
着工:2020年1月上旬
完了予定:2022年3月下旬

建築主:株式会社プレサンスコーポレーション
設計者:株式会社日企設計
施工者:多田建設株式会社

高さと延床面積に若干の修正が入っています。
以前は「地上20階」のみの記載だったのが、「地上20階・地下1階」になりました。
関係者は揃って大阪の企業に固められていますね。

 

南東側から。

 

付近のお店に、大衆演劇を専門としていた「清水劇場」の記憶が残ります。
敷地内ではこのように地下の躯体工事が行われていました。

それにしても、20階のビルが立つには非常に小さな敷地に見えますね。
まさに限られた土地の有効利用です。

プレサンス ロジェ 広島駅南ザ・タワーは、2022年3月の完成予定です。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。