広島駅南口再整備・駅ビル建替工事 2020.08(Vol.13) 在来線地下改札の閉鎖日時判明!

広島市とJR西日本、広島電鉄の3者は、広島駅南口広場の再整備を進めています。
従来の駅ビル「ASSE」は建て替えのため、2020年3月に閉館しました。
建て替えられる新ビルは地上20階建てで、ホテルや商業施設、シネマコンプレックスを備える複合ビルになる予定です。

また、路面電車が現在の猿猴橋町を経由するルートから駅前大橋線を経由するルートに変更されるとともに、新駅ビルの2階に高架で乗り入れることで、JRとの乗り換えの利便性が向上するなど
賑わい創出と都心同士(紙屋町・八丁堀地区)のアクセス性向上に大きく貢献する存在になります。
2025年春の開業を目指します。

広島市とJR西日本、広島電鉄の3者は、15日共同で会見を開き、 検討を進めてきたJR広島駅南口広場再整備事業に関し、建て替えられる新しい広島駅ビルの概要とイメージパースを公開しま

 

Sponsored Link

 

事業の概要と前回のおさらい

完成イメージ(広島市)

 

【広島駅南口ビル新築他工事】

高さ 97.9m
階数 地上20階・地下2階
用途 商業・ホテル・映画館・駐車場・駐輪場
ホテル客室数 428室
敷地面積 86,357.39平方メートル
建築面積 20,632.76平方メートル(新築部のみ)
48,308.65平方メートル(既存含む)
延床面積 126,509.25平方メートル(新築部のみ)
185,989.71平方メートル(既存含む)
店舗面積 約26,000平方メートル
(広島市:出店計画書の提出状況より)
着工予定 2021年2月
完了予定 2025年3月
開業予定 2025年春
基本設計・監修 ジェイアール西日本コンサルタンツ・東畑建築事務所設計共同体
実施設計・施工 広島駅南口ビル新築他工事特定建設工事共同企業体(株式会社大林組・広成建設株式会社)
全体事業費 約600億円

 

前回の状況です。
中央口で改札レーンの増設に向けた動きが始まったほか、
1番のりばに仮設で増設される階段も確認しました。

広島市とJR西日本、広島電鉄の3者は、広島駅南口広場の再整備を進めています。 従来の駅ビル「ASSE」は建て替えのため、2020年3月に閉館しました。 建て替えられる新ビルは地

 

 

地下道南口改札と地下自由通路、9月26日閉鎖へ

今回のトピックです。

以前から状況をお伝えしていた、駅ビル建て替えに伴う在来線南口地下改札(地下道南口改札)と、地下自由通路の閉鎖について、
駅構内に掲示された張り紙により、その日時が判明しました。

コメントで地下改札常用者さんにも教えていただいておりました。情報ありがとうございます。

ということで、2020年9月26日(土)、ここに示された区画が閉鎖され通行不可となることが分かりました。

地下南口改札と南口地下広場に至る場所が駅ビルの直下であるため、
今後の駅ビルの解体と新築工事の支障となることから閉鎖されます。

同時に、その部分を経由しなければならない地下自由通路も閉鎖となります。

 

前々回撮影したもの。

 

ここが閉鎖される実感がまだ湧かないですね。

 

合わせて閉鎖される地下自由通路。北口から撮ってみました。

 

 

自由通路の開業により、現在人通りは休日の昼間でもかなり少ないです。

南口側の接続部分が先程紹介した新駅ビルに内包されるエリアであるため、ビルの新築工事がかなり進捗しなければ開放は難しいことが考えられます。
少なくとも4年は通れなくなると思われます。

橋上駅舎、そして自由通路が開業する前ですからほんの3~5年前までは広島駅のメインの導線として利用されてきた地下自由通路と地下改札が閉鎖となるのは感慨深いですね。

この工事を経て、次に通れる日にどのように生まれ変わっているのか、非常に非常に楽しみです。
地下自由通路はどうしますかね。メイン動線は2階に移っているので、どこまで綺麗にするかという議論はなされていると思います。
個人的には最低限でよいと思いますが。

別の妄想ですが、在来線と新幹線の間の敷地に新設される「別棟駐車場」。
ここから駅ビルへの歩行者アクセス経路として、駐車場から地下通路を掘って、この地下自由通路に繋げたら、北にも南にも行けて便利だなと。(そうなればもう少し綺麗にしないと生けないですね)

 

 

 

中央口の改札増設準備に進展

2階中央口改札まで移動しました。改札レーンの増設に関する続報です。
先ほどお伝えした「地下道南口改札」が閉鎖されるのとセットで、中央口への利用者集中による混雑の緩和策として、改札レーンの増設がアナウンスされています。

 

 

改札の横には従来、夜間や運休時などに改札に入れないようにするためのフェンスを収納するボックスがあるのですが、
なんと、既存のボックスの横に全く同じものが姿を表そうとしています!

どうやらボックスを移設して開いたスペースに改札レーン増設するようですね。

現状では位置が中途半端なところにあり、できて2~3レーンか?といったところでしたが、
端に寄せることで4~5レーンは確保できるのではないかと思います。

今の中央口には有人改札も含めて15レーン設けられています。
増設が完了し20レーン近くとなれば、JR駅に限定すると国内では最大規模となる可能性があります。
前回の記事のコメントで@さんに教えていただきました。ありがとうございます。)

まあ1日15万人利用する駅で改札がここと北口地下の2箇所だけになりますからね。
ちょっと面白い光景が見れそうです。

(2020年3月撮影)

 

移設しているボックス。ボックスの中には、改札全体を閉鎖するためのフェンスが収納されています。
運行情報や混雑情報を伝えるモニターも同様に設置されるようです。

 

その他の状況。1番のりばです。

 

 

以前はマリオデザート(の裏側)などがあった場所ですが、化粧板が撤去されて隠されていた建設時の外壁が見えるようになっていました。

 

広島駅ビル「ASSE」は今年度の解体工事を経て、2021年2月に着工予定、
路面電車の駅前大橋線は2020年11月に着工予定で、
新駅ビルと駅前大橋線は2025年春の開業予定です。

最後になりましたが、長らく利用されてきた南口のマイカー乗降場と駐車場の利用は今日まで
明日9月1日からは駅ビル工事のため、閉鎖となります。

また来週ご紹介できればと思います。

広島駅南口再整備・駅ビル建替工事 2020.08(Vol.11) 解体準備着々 マイカー閉鎖時期も判明!

Sponsored Link

11 comments

  1. 気になる人 Reply

    南北連絡地下道の今後が気になります。
    新駅ビル完成後、
    廃止 なのか 存続 なのか。
    そしてあの噴水も

  2. デコ Reply

    >気になる人さん
    あくまでも私個人の予想ですが、地下自由通路は無くなると思います。
    現状の2階の自由通路の利用が既に大半であること。改札口を少なくすることで、駅員の人員を減らせる利点があるためです。
    駅前の噴水も無くなると思います。今の時代噴水は公園以外では撤去される場合が多いです。維持費もかかりますので。
    渋谷のハチ公の所にも昔は噴水がありましたが無くなりました。
    ただ人々の待ち合わせ場所として何か目立つものを駅前に配置はするはずです。

  3. OORer Reply

    個人的には地下通路は出入口だけ綺麗にするくらいかなくしゃうのでいいかなと思います。ていうか20レーンのズラーーって並んだ改札口早くみたい!

  4. スラサン Reply

    地下自由通路に改札は関係ないですが地下からホームに行けないのは論外なので改札が無くなることはないでしょう。自由通路も存続理由は薄れてるとしても潰す理由もないかと。改修費用が嵩んで潰したほうが安くつくっていうのなら閉鎖しそうですが。
    別棟駐車場へ地下で繋げるってのもアリだと思います。というより結構最有力っぽくないですか?それとも普通に新幹線口側ekieのどこかから入れるようにするのでしょうか。

    話しは変わりますが、IKEAは岡山に配送センター設けましたね。札幌は店舗が頓挫して以降、配送料が大幅に安くなる配送センターを設けたのが好調のようです。岡山は神戸店からでしょう。広島の場合配送センターでは厳しい距離だとは思いますが札幌が好調らしいので広島も神戸店や福岡店からみたいなことになるのでしょうかね。IKEAは広島駅周辺の開発で人の流れがどう変わるかを見守ってる状況で、それによって進出を見極める気なのでしょうか。何年後になるのやら…

  5. 通りすがり Reply

    南北連絡地下道は薄暗く人通りがかなり少ないけど、人混みを避けたいこのご時世、すごく利用しています。
    南北への移動ルートが1本だけになるのは、かなり不便があると思います。
    ekieから地下に降りれるようにして、地下街がある南北連絡地下道つくってほしい。

  6. 社会系 Reply

    このスペースであれば、南口地下改札にある7レーンを全て持ってくるわけではなさそうです。

    それにしても、5レーン増加があれば、
    レーン番号は14までですが、有人改札ゲートを加えれば、現在15レーンあるようなので、
    JR新宿駅を越えて、JRにおける日本新記録で、なおかつJR初の20到達が期待されます。

  7. OK Reply

    地下自由通路は駅で南北に分断された近隣住民向け生活道路として残るのではないでしょうか。
    むしろ地域を分断しているJRさんの社会的責任かと思います。
    南口側にも車椅子やチャリ用のスロープが必要ですね。

    • やまし

      南口の地下広場はJRというより市の領分なのでは?

    • むーばす

      バスの降車バースはどれになるのでしょう?
      一番南側のベイに両側バースが設置されて
      いるので、これですかね。
      あとBブロックとCブロックを結ぶデッキが
      入っていませんが、現地にはそれ用の区画
      があるので将来計画になるのでしょうかね。
      どちらにしても興味深い図です。

    • 社会系

      降車バースは、一番南側のベイだと思われます。
      今は、広島を代表するバス路線である広電3号線(広島駅~八丁堀~紙屋町)でさえ、
      広島駅降車場所は、福屋駅前店南側なので、これが南口に移動するかもしれません。

      あとBブロックとCブロックを結ぶデッキは、広島駅ビルと接続してないので、
      計画はあっても、今回のレイアウトには入らなかったのでしょう。
      当然、広電線路が移転した後に、線路上空に工事着工になりそうですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。