広島高速5号線建設工事 <中山地区> 2020.09 踏切の上下で垣間見える工事

広島高速5号線は、高速1号と2号が接続する東区温品の「温品ジャンクション」から、広島駅北口の二葉の里地区を結ぶ約4.0kmの都市高速道路で、
開通すれば、広島高速1号を介して広島駅と山陽自動車道が専用道路で繋がり
空港リムジンバスをはじめ、広域アクセスの利便性が大きく向上することが期待されています。

1.8kmがトンネル区間となっており、中山地区側から0.4kmは山岳トンネルでは一般的な「NATM工法」が用いられますが、
広島駅側から1.4kmはトンネル直上への住宅の地盤沈下防止のため、都市部などで採用される「シールド工法」が用いられます。

掘削中のシールドマシンが破損する事故があり、開通は2022年度となる見込みです。

【広島高速道路公社】:広島高速5号線及び関連道路路線図

令和2年度(平成31年度) 高速5号線 工事進捗状況

 

前回の状況です。

広島高速5号線は、高速1号と2号が接続する東区温品の「温品ジャンクション」から、広島駅北口の二葉の里地区を結ぶ約4.0kmの都市高速道路で、 開通すれば、広島高速1号を介して広島

Sponsored Link

 

まずはダイジェスト動画です。

アンドビルド広島YouTube

動画の中で、芸備線のテロップが「警備線」と打ち間違えている箇所があります。
お詫びいたします。

今後も1週間に1本は何らかの動画をアップロードして皆様に公開する予定です。

 

車両基地をまたぐ!完成状態の大径間の高架橋

山陽新幹線、博多総合車両所広島支所の付近から。

 

 

これは訪れて毎回思いますが、何度見てもこの大径間のPC箱桁が新幹線の車両基地上空を通過する光景は見ごたえがあります。
橋桁が橋脚の免震支承で支えられていることもはっきり確認できますね。

桁の上には落下防止柵も取り付けられ、残すは照明やサイン類の設置を残すのみといったところでしょうか。
構造物としてはすでに完成した状態にあるようです。

 

中山小学校前の歩道橋から眺めてみました。

 

PC桁と鋼桁の境となる橋脚が目の前にあります。
今まであまり気にしていませんでしたが、このずっと奥には高速2号線の高架橋も確認できますね。

高速5号と2号は、温品ジャンクションで連絡路が新たに整備され、相互に行き来が可能となる予定です。
当初先送りされる見込みでしたが、高速5号線の整備の一部として実施される予定となりました。

 

広島高速5号線の増額変更が決定 高速2号と5号も接続へ

 

 

踏切部を残すのみとなった高架橋架設 県道立体化も進行!

さて、ここから広島駅方面となる二葉山トンネルの方へ進んでいきます。

 

 

 

前回から比べると、門型の橋脚から3枚目の画像の位置まで、高架橋が伸びてきました。
仮設の足場で支えられています。
すぐ先には芸備線の線路が横切っています。

温品ジャンクションから二葉山トンネルの区間まで、本線がつながっていないのはこの芸備線の上空を残すのみとなりました。

 

踏切を越え、芸備線の西側から。

 

こちら側にも足場が設けられ、橋桁が繋がる日も遠くないと思われます。

 

二葉山側で待ち受ける橋脚と橋桁。

この門型橋脚の下部では、この踏切の原因となっている県道を地下化し、
芸備線をアンダーパスする工事も同時に行われています。

 

付近の看板と、橋脚の下を覗いた様子。

 

線路の上と下で同時に線路を作っています。忙しいですね(笑)
高速2号の府中IC~大州IC間で山陽本線との交差部で似たような状況がありますね。

 

線路西側から振り返る、温品ジャンクション方面。

工事中ならではの迫力があります。

 

 

トンネル方面に歩みを進めます。

 

真っ直ぐ高架橋が伸びていきます。
完成時には足元から芸備線を潜ってきた県道が上がってくる形になります。

 

最後はトンネル付近から。

 

温品方面を振り返った画像です。
ここから見ると、建設中の高架橋が蛇のように伸び、ずっと向こうで1号線の高架橋とつながっていることが確認でき、広島高速道路のネットワーク化を感じます。

 

トンネルの抗口。

フェンスがありあまり綺麗に撮れません。
前回お伝えしたように掘削そのものは完了しているようですが、
公式サイトの工事進捗状況を見ると、内部で覆工工事が進められています。

 

広島高速5号線は2022年度に開通予定
そして高速5号と高速2号(広島駅方面⇔府中・仁保方面)を結ぶジャンクション連絡路は2024年度に供用開始する予定です。

 

最後に、高速1号~4号まですべて乗り通し、山陽道も組み合わせて市内を大きく一周するという、
広島一無駄な乗り方をした動画も公開していますので、御覧ください。

早く5号線も通りたいですね。

 

Sponsored Link

8 comments

  1. ひろまる Reply

    2号線の5号線の連結によって交通量が増えると思い東雲から仁保までの4車線化も必要ですね。

  2. 安佐南 Reply

    以前挙げられていた模型を見たところ戸坂から温品方面へ抜けるのに
    中山小学校の正門前の道路がメインになるようになっていましたが
    そちらの整備は今後どうなるのでしょう
    現状踏切手前の高架をくぐって鏡が丘からの道路と合流しますが
    どこも道路が狭くメインとして使うには大掛かり工事が必要だと思いますが

  3. kt Reply

    揚げ足を取るようなコメントで恐縮ですが、
    >線路の上と下で同時に「線路」を作っています。
    「道路」ではないかと思いますが…

  4. 社会系 Reply

    広島5号線は、高架がもう少しで繋がりそうな様子がよく分かります。

    一方、国道2号線バイパスは、
    東広島バイパスでは海田高架が、安芸バイパスでは熊野川高架橋が進捗しており、
    道の駅「西条 のん太の酒蔵」も造成が完成して、建物の着工に入ります。

    直近の話題では、来春に、木原バイパスが完成して、
    三原~尾道~福山が30kmにわたり連続してバイパスとして繋がり、便利になるでしょう。

  5. Shima@北海道 Reply

    広島市は背後に山が迫り、非常に道路整備をしにくい環境だと感じます。逆境に負けず素晴らしい道路を山陽道まで繋げて欲しいです。
    子供の頃、父のクルマで市内から抜け1.5車線の林道みたいな道を経て、三次や広島北インターまで遥々走った記憶と比べると隔世の感があります。当時、海外経験のある父親が日本はまともな道路が少なすぎると、嘆いていたのを思い出します。

  6. アホウドリ Reply

    都市でこれだけ平地が少なく、周りが山だらけというのも珍しくと思います。市内も川が多く、橋、堤防で超ぜにくいむしです。高速も他所より建築費、維持費は、たいへんでしょう。トンネル、架橋。
    ところで、高速道路の距離は、当然一位は、ダントツで北海道です。岩手県、新潟県、長野県、など面積の大きい県が来ます。しかし2位は、
    これらより小さい広島県です。
    新幹線の駅の数は、山口、福岡県とともに、5つで4位グループで上位の県の駅も含めて、大きい駅は、博多と広島ぐらいです。恵まれています。
    バスですが、札幌から美麗まで高速道路で行きましたが、真っ直ぐで立派でした。確かに本土と比べると郊外は、家は少なかったです。首都であるパリとマドリードも走りましたが、こちらは、もっと家が無い言うか、極端に人気がなかったです。30キロ過ぎると。
    また、話は変わりますが私は、長い間高速を走り、研究しました。アクセルとラインどりを丁寧にな操作すれば、ハンドルの切る量も減り、安定するのではと思いました。

  7. アホウドリ Reply

    訂正です。高速道路の総延長は、岩手県でなく。福島県でした。北海道、広島、福島、新潟、長野県の順です。新幹線の駅の数は、岩手、新潟が7、静岡6、広島、山口、福岡、長野県が5です。

  8. アホウドリ Reply

    また訂正です。すいません。新幹線の大都市北九州を忘れていました。昔、赤間に住んでいました。黒崎や小倉にも行きました。黒崎は、さびれたみたいですが、小倉は、城ぐらいしかなかったが、ミュージアム、サッカー場、その他出来ており、行って見たいです。門司も良かったです。ほかの駅も色々できているみたですね。
    沼田からの高速4号線の広銀ビルの眺めは、最高でした。
    hitoto広島は、なんと言っても、観音の西広島バイパスの降り口が圧倒的スケールでいつも気持ちが良いです。
    今回の高速5号線は、景色は、無いですが、降りる場所は、最高ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。