プロバスケット『広島ドラゴンフライズ』新アリーナ構想が動き出す!

プロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE」が本日10月2日に開幕します。

地元チームである「広島ドラゴンフライズ」は、昨年2部リーグから昇格し、
今年から国内最高峰の1部リーグ「B1」の舞台で戦います。

そんなB1開幕を前に、チームは本拠地となる新たなアリーナの建設に向けた公式サイトを開設しました!

新アリーナについては今年の正月に中国新聞が報じており、続報が期待される状況でした。

Sponsored Link

 

【広島ドラゴンフライズ】:新アリーナ構想、始動!

 

今年1月の中国新聞の記事です。

【中国新聞デジタル】:B2広島、アリーナ建設へ始動

 

同じく中国新聞で、今年6月にアリーナ建設にかかる準備室が設立されたことが伝えられていました。
そして今回の新アリーナに関する公式サイトの開設。非常にスピーディーですね。

広島ドラゴンフライズに限らず、他都市でもチームが優先的に使用できる新アリーナの計画・構想が進みます。

(シーホース三河、琉球ゴールデンキングス、千葉ジェッツふなばし ほか)

背景にはBリーグから交付される「B1リーグ・クラブライセンス(施設基準)」があります。
今後は各チームに集客力や売上高などで現在より厳しい要件を設けられることになっており、
競技成績のみでの昇降格は廃止される事となっています。

アリーナに関する要件も含まれており、満たさなければ成績に関係なくB2に降格(もしくはB1に昇格できない)という事態にもなりかねないのですね。

【日本経済新聞】:Bリーグ新アリーナ構想

 

今回開設されたドラゴンフライズ新アリーナのサイトにも。

「アリーナ ハードソフト」の文字。
”2年後まで日程調整が可能”という条件は、クラブが主体的に管理・使用できるアリーナでないと事実上難しい要件です。

既存のアリーナを使用する限り大きなネックになるものと思われます。

【B.LEAGUE】:ホームアリーナ検査要項〔2020-21シーズン用〕(PDF, 319KB)

 

現在の広島ドラゴンフライズの本拠地、「広島サンプラザ」。

 

広島市の財団法人が管理します。

 

公式サイトにはこんなページも。

これ、少し驚いたのですが、早くも「建設予定地」というページがオープンになっているのですね。
当然中身はまだ公表されておらず、「COMING SOON」になっています。

「候補地」や「検討対象地」のような書きぶりでなく、「建設予定地」となっているあたり、
思っているより関係者(広島市?)調整は進んでいるのかもしれません。

 

個人的には現在の本拠地「サンプラザ」が立地する商工センターの中(新井口駅からのペデストリアンデッキで移動できる範囲で)での建て替え、もしくは新設を望みます。

プロバスケットにおける年間の本拠地での試合数は30試合程度。
施設を持続的に運営していくには当然ながらバスケットの試合以外、コンサートや催し物を誘致して活用することを考えなくてはなりません。

広島市が商工センター地区で進めているMICE整備と協調し、市の西部地区の新たな賑わい拠点に位置づけることができれば満点、理想的です。

JR山陽線の沿線にプロ野球、プロサッカー、プロバスケの本拠地が揃うことになれば、スポーツ・イベントによる人々の交流が大量輸送機関によって支えることができますし、
試合がない日などは大規模イベントを複数会場で開催するようなことが実現すれば、相乗効果も生まれそうな気がします。

 

「COMING SOON」の内容が明らかになるのを心待ちにしたいですね。

 

商工センター『広島サンプラザ』にコンベンション施設を。地元が提案

 

【広島市 】:商工センター地区活性化検討会MICE部会の開催状況

 

Sponsored Link

19 comments

  1. むーばす Reply

    やはりこうした計画は一にも二にも場所の選定が大事。
    サンプラザ周辺なら確かに言うことありませんね。
    MICEの構想とうまくリンクすることができれば、一気に
    計画が進展しそうです。プロスポーツのある町は理想。

    自前とはいえ、それなりに自治体や企業の応援無くして
    球団単独では難しい案件です。仙台みたいにスポーツ
    関連企業集まって、初期投資を抑えながら共同で官に
    頼らずに民間資本のアリーナを造ってもらいそれを
    借りることができればそれに越したことはないです。

    定期借地+民設共営のスキーム+市による広域集客施設
    誘致助成制度=日本初のエンタテイメントに特化した
    アリーナの実現というモデルは参考にすべきかと思います。

    当地にもbjリーグの強いチームがかつてありまして、
    その親会社が余勢を駆ってホームアリーナ建設をぶち
    あげた途端、リーマンショックが襲ってきまして、
    親会社もろとも球団が倒産。幻のアリーナ構想です。

  2. kt Reply

    私も年明けに記事を見て驚きました。
    個人的には、JR西日本広島支社跡地もしくはその近くのIKEA予定地が理想と考えております!
    そのほうがファンの遠征や、コンサート・イベント・MICEなどでの利用も容易になり、「エキキタ」地区の活性化にも繋がると思います!

  3. bob Reply

    ここはバスケットボール作ってる地元メーカーのモルテンも加わってアリーナ構想実現してくれたらなぁなんて思います
    これでサンプラザのところが動き出すなら言うことありませんね

  4. サンフレッチェ大好き Reply

    広島はバレーボールも盛んな地区です。どうせなら2団体が調整して構想を練るべきだと思います。カープの歴史が70年サンフレッチェはマツダの時期を含め50年近くになりますかね。馴染みの低いバスケットまだ暫くプロとしての実績を確立するのが先ではないでしょうか?

    • sdmv

      バレーボールはプロチームではないですからね。
      やろうと思えば自チームの練習場である猫田記念体育館でも観客を入れた公式戦は可能ですから、
      わざわざシーズン期間丸被りのバスケットと組むことはないでしょう。

    • タミー

      サンフレッチェ広島のルーツは1938年創部の東洋工業蹴球部なので、今年で82年ということになると思います。

      細かいところで失礼致しました。

  5. CCレモン Reply

    この壮大な計画を発案していただいたドラゴンフライズ関係者に
    敬意を払いたい
    アリーナの建設は、音楽業界の要望もかねてからありますし
    色々な使い方ができる面を考えると、個人的にサッカースタジアム
    よりハードルが低いと思います。
    私は広域的な利便性を重視すると「エキキタ」地区に期待したい
    ところですがIKEAの動向によっては難しくなる可能性もあります
    アルパークの衰退によって天満屋が撤退して跡地が宙に浮いている
    状態なので、そこにアリーナを建設して集客施設をつくり、
    サンプラザ跡地にMICE施設という複合型開発も現実的な気がします
    そうすればアルパークの東棟の商業施設も活性化しますよね
    ただ所有するダイワハウスさんの考え次第ですが・・
    ペデストリアンデッキは整備されていますので、行政としても
    さほど出費が必要ない点もいいかと、、
    どちらにせよ、この夢の計画が実現することを期待したいです

  6. ああ Reply

    新アリーナは、サンプラザがある現地建て替えも悪くないですが、
    隣に西部第五公園があって、合わせるとかなり広い土地になるので、
    MICE施設である大型展示場建設のほうがいいのでは、と思います。
    輸送力のあるJR山陽線が使えて、広い土地というのは、他にないと思う。
    新アリーナは、中心部の、より集客しやすい場所がいいでしょうから、
    広島駅北口のIKEAの土地か、県庁の土地(県庁を高層化して
    建て替えて、建設できる土地を生みだすことが前提)が
    いいと思います。2つとも高速バスのターミナルに近く、コンサートや
    イベントで広域集客しやすいのも利点だと思います。

    • オッス!オラ、全斗煥!

      それは観音の方ですよ。

      商工センターなら使いやすくていいのでは。

  7. タミー Reply

    広島ドラゴンフライズのB1初参戦おめでとうございます!

    今年、4月にはトップス広島(広島トップスポーツクラブネットワーク)に広島ドラゴンフライズも加盟し、スポーツ王国広島復活を大きく印象付けてくれましたね。

    広島では、バスケットボールはあまり注目されている印象はありませんが、大型新人等による補強でトップリーグ初参戦の話題は、特に今年は何かとフラストレーションがたまっている広島人気質からすると、応援にもかなり熱が入りそうな予感がします。

    私も、にわかながら応援しています。

    新アリーナへの期待もいやが上にも膨らむ一方です。

  8. TOM Reply

    アルパーク天満屋跡地にアリーナ、サンプラザ+東公園にMICE施設が出来たら最高ですね。
    広島駅はすでにマツダスタジアムで利用客は増えてますし、エキキタはオフィスとホテルの超高層再開発が理想です。
    駅近でペデスもすでにある新井口エリアが西区の活性化のためにもいいですね!

  9. タミー Reply

    ああ様

    現県庁敷地についての有効利用は今後の街づくりにおいて様々な可能性を探りたいところですが、付近にあるグリーンアリーナ(県立体育館)と被るので新アリーナ建設には勿体ない気もします。

    近年、都市の国際競争力という言葉をよく耳にします。都市の国際競争を戦う為には人口200万人がボーダーラインであると言われており、広島広域都市圏はまさにそのスタートラインギリギリに立っている印象を強く感じます。

    サンフレッチェ広島がACLを戦っている時に、広島の抜群の知名度は他国の主要都市と互角に渡り合える可能性を十分示してくれました。

    サッカースタジアムと共に新アリーナの建設は都市の魅力や国際的知名度を更に高める非常に重要な役割を担っています。

    アリーナの稼働率を上げる為には、女子クラブ(他の競技にも言えることですが)の育成と、スポーツ王国に相応しい広島広域都市圏内での大学スポーツの強化やあり方を模索することがより重要になってくる思います。

    そうすれば、広島広域都市圏内からの若者の流出をある程度抑制できるばかりでなく、逆に流入を促すことに繋がり、国際競争力の活力源である人口増加を図ることが可能であると考えます。

    新アリーナの建設については、鯉党α様が書かれている通り、大量輸送が可能なJR山陽本線の沿線がより相応しい様に私も思います。

    • ああ

      大学スポーツに関しては、広大がスポーツ系の学部をつくって、西の筑波みたいに
      なればいいなと思います。もともと東西を二分する師範学校だったわけですから。
      東京一極集中の緩和、地方創生の一環として、国に支援してもらいたいところです。
      広島市内に比べれば空港から近いし、落ち着いた環境で、育成しやすいと思います。
      都市(圏)が発展していくには、いろんな機能を増やしていくことが重要です。
      大学スポーツの強化も、特に若者目線で、それに含まれると思います。

  10. 社会系 Reply

    広島カープ、サンフレッチェ広島、JTサンダースと、そろっていた中で、
    広島ドラゴンフライズは2部リーグでしたが、今年から1部リーグB1に昇格しました。

    高層ビルという経済的な再開発だけではなく、このような文化的な側面も強い広島でありたいです。

  11. タミー Reply

    広島大学のキャンパス内にアリゾナ州立大学の分校開校のニュースもあり、これを機に大学のバスケットボールも注目されるといいですね。

    広島大学は、前身の広島高等師範が現在のサッカー天皇杯全日本選手権大会第二回大会で準優勝する等、もともとはスポーツも盛んな大学の様です。
    ああ様が仰る通り 広大は、筑波大学(旧東京高等師範)と全国で2校のみが前身が高等師範学校(後の文理大学)なので、西の筑波大学としてスポーツにも、もっと力を入れていただきたいと私も思います。

    広島経済大学等スポーツに力を入れている大学もありますが、広島六大学野球の創成期には強豪校だった広島商科大学(現広島修道大学)や広島工業大学も、もっとスポーツに力を入れて欲しいと願っています。在広の大学全体で大学スポーツの底上げを図り地域内で盛り上がれば、アリーナやスタジアムの稼働率も上がり街づくりに大きく貢献出来ると思います。

    直接プロのクラブチームに入るのか、地元で大学のチームを経験してプロに入るのかという選択肢が広がればより活力ある街づくりに繋がると思います。

    この明るい話題は本当に街全体が元気になりますね。

    B1初勝利おめでとうございます!

    • ああ

      地元の私大も頑張ってほしいですが、東京や関西の
      有名私大に対抗して、優秀な学生(選手)を
      招き入れることができるのは、国立の広大しか
      ないように思います。地元の政財界が動いて
      なんとか広島都市圏に、学生スポーツの拠点を
      つくってほしいですね。

  12. おもっち Reply

    ドラゴンフライズアリーナはW杯決勝に使ってもらえるようにしてもらわないと全く意味がないです。
    その為には、JTサンダーズ広島や湧永レオリック、メイプルレッズなどを巻き込んでの計画が重要です。
    常設固定席は13〜15,000席で壁収納と床下収納席で2万クラスのアリーナが絶対条件で他クラブを圧倒しなければならない。
    プロ野球の各球場はどれも似たり寄ったりの規模で見栄えもパッとしないのが実状です。
    アリーナスタンドはコロシアム型式が最適です。
    グルっと一周出来るのが最高だとカープのマツダスタジアムで証明されてますから。
    スタンドは5段(壁と床下両収納席含む)くらいにして、座席にはカップホルダーやテーブルがあると良いでしょう。
    座席タイプは跳ね上げ式ではなく、固定式が良いかと思います。
    壁収納席は跳ね上げ式になるかと。
    床下収納席は固定式でお願いしたい。
    付帯施設としては、BARやレストラン、対戦クラブ側のブースターの為のホテル、3X3用コートandスタンド、クラブハウス、クラブオフィス、グッズショップ、ブースターエリア…これらにJTサンダーズのも設置。
    外にはドラゴンフライズマークの時計塔を待ち合わせ場所の目印兼用として。
    3X3用コートandスタンド、入場門としてドラゴンフライズマークの矛と盾を左右に配置。サブゲートにサンダーズのも。これを切り替えてメインゲートとサブゲートとします。
    アリーナの屋根にドラゴンフライズとサンダーズのマークが電子制御で切り替わるようにして、空撮でオッ〜としてもらう仕掛けを。
    外壁には各クラブ(BリーグとVリーグ)の選手の大型パネルを設置。
    アリーナに入れなかった方の為に大型モニターやスコアボードの設置(戦後の街頭ビジョンみたいなレトロクラシックに)
    センタースコアビジョンは四面体が多いですが、五面対や六面体でも良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。