ヒルトン広島 新築工事 2021.01(Vol.9) タワークレーン空にそびえる

広島県や地元財界などが出資する「瀬戸内ブランドコーポレーション」は、中区富士見町へのホテル誘致のため設立した特別目的会社が米大手ホテルチェーンの「ヒルトン」と運営受託契約を締結しました。

ホテルは富士見町の広島県警東署などがあった跡地一帯で2020年2月に着工し、2022年4月の竣工を目指します。
客室数は420室で、付帯機能として
レストラン・ラウンジ・バー、屋内プール、フィットネス、スパ、チャペル、会議施設などが整備されるフルサービスホテルとなる予定です。

Sponsored Link

 

事業の概要と前回のおさらい

【せとうちDMO】:富士見町開発合同会社とヒルトン、2022年の開業に向け「ヒルトン広島」を2月1日より着工

ヒルトン広島 完成イメージ(上記資料より)

 

【ヒルトン広島】

高さ 94.5m
階数 地上22階・塔屋2階
用途 ホテル(420室)
構造 鉄骨造
敷地面積 6,403平方メートル
建築面積 5,300平方メートル
延床面積 48,050平方メートル
着工 2020年2月
完了予定 2022年4月
開業予定 2022年中
建築主 富士見町開発合同会社
設計者 浅井謙建築研究所株式会社
施工者 五洋建設・増岡組JV
備考(館内施設) オールデイダイニング含むレストラン・ラウンジ・バー、コンベンション施設、屋内プール、エグゼクティブラウンジ、フィットネス、スパ、チャペル等

 

前回の状況です。

広島県や地元財界などが出資する「瀬戸内ブランドコーポレーション」は、中区富士見町へのホテル誘致のため設立した特別目的会社が米大手ホテルチェーンの「ヒルトン」と運営受託契約を締結しま

 

 

ダイジェスト動画

 

 

ついに地上へ。タワークレーンが登場!

タイトルの通りです。
基礎工事が続いていた現地に、ついにタワークレーンが設置されました!

 

広い敷地ではありますが、周りには建物が密集した立地。
その中に、高さのある2基のタワークレーンが姿を表しました!

かなり存在感があります。

 

目の前を通る駅前通り、田中町トンネルと。

 

こうして撮影している間にも頻繁に資材を吊り上げ、せわしなく動いています。
いよいよ地上部分の構築が本格化しますね。

 

近くから。

 

縦構図3連発。いやぁ。タワークレーンが青空にそびえる光景は好きすぎて…。

濃いめに現像しました。スマホの壁紙等にどうぞ。

 

保健所前交差点からの定点観測。

 

2枚目はもう少し南側から。
高さ約100m、地上22階の巨大なホテルはかなり目立ちそうですね。

 

最後に、フジグラン広島から見下ろしてみました。

 

敷地を見下ろしています。
建物は基本的には鉄骨造なので、鉄骨工事が始まれば急速に高さが積み上がっていきます。
あっという間に「見おろされる」ようになりそうです。

 

「ヒルトン広島」は、2022年4月の竣工、2022年中の開業の予定です。

 

 

Sponsored Link

1 Comment

  1. クアトロポルテ Reply

    いよいよですね、来年はヒルトンとkittenが開業ですね、楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。