広島銀行本店 建て替えプロジェクト 2021.01(Vol.26) ライトアップで完成秒読み!概要明らかに

新型コロナウイルスの感染再拡大に伴う広島県の方針を踏まえ、
取材のみの外出は行わず、他の必要な外出(通勤、買い物等)と組み合わせ
一度の外出で訪れる施設を最低限にする方針をとっております。

 

広島銀行は、築50年が経過し老朽化した本店ビルの建て替え工事を進めています。
新本店ビルは紙屋町の現在地での建て替えとなり、地上19階・地下1階、高さ約95m、延約4万8,000平方メートルを誇る、巨大な免震構造のビルを計画しています。

国土交通省が定める、業務・商業を中心とした都市機能の強化を目的とした「民間都市再生事業計画」に認定され、金融・税制の支援措置が適用される事になっています。
(本来1ha以上の大規模開発に対し認定するもの。近接特例を活用し、比較的小規模であっても優良な民間都市開発事業を認定した全国初の案件。)

建物四方に配した風の塔により自然換気効果を高めた「エコボイド」といった環境技術も採用。
2021年1月の竣工予定です。

 

Sponsored Link

 

事業の概要と前回のおさらい

【広島銀行】:新本店ビルの建設について


ビル全体

【国土交通省】:民間都市再生事業計画(広島銀行新本店建替えプロジェクト)を認定

 

【ひろぎんホールディングス本社ビル】

高さ 94.94m
階数 地上19階・地下1階
用途 事務所、駐車場、飲食店
構造 鉄骨造、免震構造
敷地面積 4,452.71平方メートル
建築面積 3,285.00平方メートル
延床面積 47,890.00平方メートル
着工 2019年1月1日
完了予定 2021年1月31日
事業費 224億円
建築主 株式会社広島銀行
設計者 株式会社日建設計
施工者 広島銀行本店ビル新築工事共同企業体

 

前回の状況です。

新型コロナウイルスの感染再拡大に伴う広島県の方針を踏まえ、 取材のみの外出は行わず、他の必要な外出(通勤、買い物等)と組み合わせ 一度の外出で訪れる施設を最低限にする方針をとっ

 

ビル概要が発表!「ひろぎんHD」の本社ビルに

2021年を向かえて早々に、広島銀行グループの持ち株会社である「ひろぎんホールディングス」は、
紙屋町に建設中の新しい社屋に関する概要をHP上で公表しました。

 

 

ひろぎんホールディングス】:「ひろぎんホールディングス本社ビル」の概要について (PDF,780KB)

 

「ひろぎんホールディングス本社ビル」

フロア構成 5~19階 本社・本部機能等
4階 大ホール、史料室
3階 広島銀行 本店営業部、
〈ひろぎん〉ビジネスローンセンター
2階 広島銀行 本店営業部、ひろぎん証券 本店営業部
〈ひろぎん〉相続コンサルティングプラザ
1階 カフェ、イベントスタジオ、地域産品等販売
(ひろでん中国新聞旅行株式会社による運営)
〈ひろぎん〉保険プラザ、ATM・両替機、全自動貸金庫

開業日時:2021年5月6日(木)9:00(予定)

 

下記、画像7枚はひろぎんHD資料より。

 

 

 

(1)建物内(概要)
瀬戸内の豊かな海をイメージしたカフェを中心に「にぎわいエリア」と「ライフサポートエリア」で構成し、土日もオープンすることで、より多くの方に訪れていただける場所にします。

① にぎわいエリア(西側、鯉城通り側)
・ひろでん中国新聞旅行株式会社がテナントとして入居し、地域産品等を販売する他、カフェについては株式会社アンデルセン、イベントスタジオについては株式会社広島ホームテレビと共同運営することで、地域情報および魅力を発信するとともに広島市内中心部のにぎわいづくりに取組む予定です。

② ライフサポートエリア(北東側)
・住宅や車、旅行など、皆さまの興味・関心について、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)などの最新技術を活用したタブレットや設備に加え、様々な書籍も配置することで、皆さまの「未来を」ひろげるエリアにする予定です。
・また、ひろでん中国新聞旅行株式会社により、住民票や戸籍謄本等の取得の他、各種コンテン
ツが利用できる端末を設置する予定です。

③ 〈ひろぎん〉保険プラザ(東側)
・平日夜間および土・日・祝日も営業し、ライフプランニングに精通した専門スタッフが、お仕事帰りのお客さまや平日にご相談が難しいお客さまの家計や保険見直し等のご相談に対応いたします。

④ATM・両替機コーナー、全自動貸し金庫ブース
・”全国初”ウィズコロナ時代のニューノーマルとして、画面に触れる必要のない空中ディスプレイ方式ATMを1台設置(実証実験)するなど、より便利で安心してお使いいただける設備をご用意しています。

 

 

(2)建物外(概要)
① 物故者慰霊碑および被爆柱頭の設置(北東側)
・原爆被災を乗り越え営業を継続させてきた当行DNAをグループ全従業者へ継承するとともに、広島の企業として国内外へ恒久平和を発信し続けるため、物故者慰霊碑および旧本店の遺構である被爆柱頭を設置します。

②「ぴーすくる」(広島市シェアサイクル)サイクルポートの設置(東側)
・広島市が観光振興や市民の日常生活の移動手段として利用を勧めているシェアサイクルのサイクルポートを環境へ配慮した取組促進と地域貢献の一環として設置します。

 

 

3.金融エリア(2、3階)概要
(1) 2階は、個人のお客様を中心とした幅広いライフプランに関するご相談ニーズ荷ワンストップでお答えできるよう、銀行・証券機能に加え、相続や生前贈与等についても、ゆっくりとご相談いただける設備が充実しております。

(2) 3階は、事業資金や経営相談、事業継承のアドバイス等、法人の客様をトータルサポートするフロアとして、プライバシーを確保した相談ブース、応接室等を完備し、より落ち着いた雰囲気にてご相談いただける空間となっております。

 

今年5月6日に開業する新しい社屋。
これまでは「広島銀行新本店ビル」と呼称していましたが、昨年の持株会社体制への移行に伴い、広島銀行は「ひろぎんホールディングス」の一つの企業に。
ビルの名称も「ひろぎんホールディングス本社ビル」に確定となりました!

各種概要も明らかにされています。これまでの情報の通り1階は一般の人にも開かれた「にぎわい」のフロアとなります。
ビルの北側を東西に貫くように公開スペースが設けられるようです。

その中には、アンデルセンが運営するカフェ、ひろでん中国新聞旅行株式会社が運営する地域特産品販売店、広島ホームテレビと共同経営するイベントスタジオが設けられるとのこと。思ったよりも充実しています。

以前まで紙屋町地下街のシャレオ中央広場に、ホームテレビが運営する「ぽるぽるスタジオ」がありましたが、現在中央広場全体はリニューアル工事をしており閉鎖されています。
スタジオは地下街からこちらの本社ビル1階に移転すると見てよさそうですね。

近くに広島本店のあるアンデルセンもカフェの経営に参加されるとのことで、さすが広島の金融の中心を担う巨大グループらしく、「オール広島」です。

コロナ時代の新しい提案「空中ディスプレイ」を用いた、画面に触らないATMがかなり気になります。

 

 

薄暮に浮かぶ本社ビル 照明にも明かり灯る

先日少しだけ通りかかったときに撮影しました。

運が良かったのか、館内の照明が全てではないですが点灯した状態を見ることができました!

 

 

ほぼ完成状態となった外観は、本通り交差点から眺めてもサマになります。
なんと言っても巨大!

 

照明が灯る本社ビル。

 

もうお気づきと思いますが、4隅に設けられた自然換気効率化のための構造「エコボイド」。
下から上まで空洞になった「風の塔」が配置されているわけですが、
どうやら下からこの内部がライトアップされているようです!!

これがメチャクチャ綺麗です。恐れ入りました。
工事用の照明でそう見えるだけだったらゴメンナサイ(笑)
でも、広島市でトップ(Sランク)の環境性能を誇るこのビルで、「エコボイド構造」は空調効率を上げるための大きな特徴となっているので、
ぜひライトアップしてアピールしてもよいのではないかと思いますね。

 

巨大な高層ビルでこのようなライティングをされると広島ではないみたいです。

 

感動しました。

 

 

低層部・外構も完成近づく

道路を渡り、外構部分を見てみます。

 

 

鯉城通りから見上げると、ライトアップされた「エコボイド構造」が確認できます。

 

南東側から見上げます。

こちら側はまだライティングはされていませんでした。
右の建物は、広島トランヴェールビルディング。

 

同じく南東側から。

 

イメージ図にもあったように、ここの角の部分に物故者慰霊碑、被爆柱頭などが設置されます。
その奥の駐車場棟の手前にシェアサイクル「ぴーすくる」のポートができるようです。
振り返ったトランヴェールビルディングの地下にもポートが用意されています。

 

以上、完成を目前に控えた「ひろぎんホールディングス本社ビル」の様子でした。

当初の予定では2021年竣工予定となっていますが、
ここから見る東側外構の様子や1階フロア内部の様子を見ると、もう少し先になりそうな気がします。

2021年5月6日の開業はすでに公表されているので、楽しみにしたいですね。

 

 

おまけです。
本社ビルから鯉城通りを挟んで向かい側に昨年12月オープンした、「宗家 源 吉兆庵 広島本店」。

 

プレゼント箱のようなイルミネーションが特徴。
以前までアンデルセン建替え中の仮店舗だった建物ですね。

岡山発祥のお菓子店です。

Sponsored Link

6 comments

  1. M.T Reply

    空中に表示されるディスプレイのATM、面白そう。
    いずれ各店舗への展開もするのでしょうが、これだけでも見に行ってみたい。

  2. いのっち Reply

    夜の方が見栄えがいいですね。
    次なるビルはヒルトンですね。
    14日現在、タワークレーンが二基そびえ立っていました。

  3. タミー Reply

    ブログ更新お疲れ様です。

    ひろぎんホールディングス本社ビル、とにかく頑張っている感がひしひしと伝わってくるので、とても好感が持てます。

    アンデルセンのカフェと聞くと、本通りの広島アンデルセン本店のオープン時に、広島交響楽団の生演奏があったので今度も期待しています。

    コロナ禍で大変だとは思いますが、地元支援の輪を広げて欲しいと思います。

    広電中国新聞旅行㈱と聞き広島銀行の前身で主流の芸備銀行創業家は尾道鉄道の経営もしていたことを思い出しました。今後は、物販部門だけではなく、広電の本業である鉄道事業についてもオール広島での街づくりを期待したいと思います。

    大阪梅田の街づくりを担った阪急のアイデアマン小林一三氏も元は銀行の職員ですよね。

    オープンか本当に待ち遠しいですね

  4. みかん Reply

    ライトアップ素敵ですね。

    非接触のATMのディスプレイ、名案だとは思いますが、
    結局、現金は手で触るわけで。
    ディスプレイが非接触になっても意味ないと思う。

    結局のところ、ATM作業をしたあとに手を
    アルコール除菌すればそれでいいのでは。

  5. アホウドリ Reply

    アスカネットの空中ディスプレイ試してみたいです。
    エディオンの台所、風呂場など手が濡れた場合や、マツダなど車の操作や食品工場が良いみたいです。
    サンポールの駐車場の車止め、歩道の塀、旗のポール。
    友鉄工の絵柄のマンホール。
    グレーチングのダイクレ。
    金庫のクマヒラ、背広の洋服の青山、ジャンパー作業着の自重堂、防犯カメラ。殆ど広島製の日本一のメーカーで揃えてられますね。

  6. アホウドリ Reply

    追伸、大事なのを忘れていました。看板の研創(日本一)。
    洋風木造家具椅子、テーブル
    の日本最古参のマルニ木工、高級家具の府中家具。
    なを宗家 源 吉兆庵は、岡山では、誰でも知っている有名なメーカーみたいです。海外にも支店があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。