広島駅南口再整備・駅ビル建替工事 2021.01(Vol.21) タクシーのりば閉鎖!

新型コロナウイルスの感染再拡大に伴う広島県の方針を踏まえ、
取材のみの外出は行わず、他の必要な外出(通勤、買い物等)と組み合わせ
一度の外出で訪れる施設を最低限にする方針をとっております。

 

広島市とJR西日本、広島電鉄の3者は、広島駅南口広場の再整備を進めています。
従来の駅ビル「ASSE」は建て替えのため、2020年3月に閉館しました。
建て替えられる新ビルは地上20階建てで、ホテルや商業施設、シネマコンプレックスを備える複合ビルになる予定です。

また、路面電車が現在の猿猴橋町を経由するルートから駅前大橋線を経由するルートに変更されるとともに、新駅ビルの2階に高架で乗り入れることで、JRとの乗り換えの利便性が向上するなど
賑わい創出と都心同士(紙屋町・八丁堀地区)のアクセス性向上に大きく貢献する存在になります。
2025年春の開業を目指します。

 

Sponsored Link

 

事業の概要と前回のおさらい

完成イメージ(広島市)

 

【広島駅南口ビル新築他工事】

高さ 97.9m
階数 地上20階・地下2階
用途 商業・ホテル・映画館・駐車場・駐輪場
ホテル客室数 428室
敷地面積 86,357.39平方メートル
建築面積 20,632.76平方メートル(新築部のみ)
48,308.65平方メートル(既存含む)
延床面積 126,509.25平方メートル(新築部のみ)
185,989.71平方メートル(既存含む)
店舗面積 約26,000平方メートル
(広島市:出店計画書の提出状況より)
着工予定 2021年2月
完了予定 2025年3月
開業予定 2025年春
基本設計・監修 ジェイアール西日本コンサルタンツ・東畑建築事務所設計共同体
実施設計・施工 広島駅南口ビル新築他工事特定建設工事共同企業体(株式会社大林組・広成建設株式会社)
全体事業費 約600億円

 

前回の状況です。

この記事は12月初めと12月中旬に取材した時の画像を使用しています。 新型コロナウイルスの感染再拡大に伴う広島県の方針を踏まえ、 取材のみの外出は行わず、他の必要な外出(通

 

 

南口タクシーのりばが完全閉鎖!当面北口に集約

ビッグフロントひろしまから。

駅ビルが確実に小さくなっています。
かつて「HITACHI」の看板が特徴的だった塔屋部分がスパッと切り取られています。

 

南口広場です。

駅ビル建て替え工事、南口広場再整備工事のため、1月9日(土)より、タクシーのりばが閉鎖されました。
このとおり、広場内には車が1台もいない状況となっています。

後述しますが、広場内に長い土台が設置されていますが、これが新しい歩行者動線と工事エリアの境界ラインになるのではないかと思います。

 

これで広島駅のタクシーのりばは当面の間、北口に集約されることになります。
かなり不便になりますが、限られた敷地の中での工事でどうしても仕方ありません。
マイカーの送迎も後を絶ちませんが、どうかマナーを守ってご協力いただけるようお願いしたいです。

 

広場まで移動しました。

 

ますます混沌としてきた広島駅南口。
昨年3月に、段階を追って南口の閉鎖エリアが拡大することがアナウンスされました。
タクシーのりばの閉鎖はその中での最終フェーズです。

JR西日本は、建て替えのために3月末で閉館する駅ビル「ASSE」の建て替え計画をまとめ、 工事期間中の概要などを公表しました。 広島駅ビルは2025年春の開業を目指し、南口

 

昼間なのに、このガラリとした光景が異様に感じます。

 

広電の現在ののりばの手前に、交通案内所が移設されるようです。
1月16日(土)から運用を始めるとのことです。
これに伴い現在地下への階段そばにある案内所は閉鎖されます。

 

駅構内からマツダスタジアムなどがある東側へのメイン動線。

 

これ自体、駅ビルから離れた仮通路ですが、
ここも1月23日(土)から通れなくなります。

 

前回ご紹介したお知らせ。

(2020年12月撮影)

閉鎖したタクシーのりばのすぐ南側、路面電車ののりばのすぐ脇を通ってエキシティ・ヒロシマに至る動線に変わります。

 

歩道になる予定の場所。

すでに車両が入れないよう、H鋼のバリケードが置かれていました。
段差などを解消するため舗装が多少改良されたあと、ここに横断歩道ができると思われます。

 

こちらは大州通り側の、路面電車「おりば」の方。

 

これも当初のアナウンス通り、臨時のタクシー降車場になりました。

 

 

西側から進む躯体解体工事

従来、マクドナルドや2階以上がJR職員の事務所があった駅ビル西側の低層部分。
本格的に解体工事に入っています。

ちなみに奥に見えている白い建物が、新しい「JR西日本広島支社」の社屋です。
昨年11月に竣工し、11月30日から使用を開始したようです。
駅ビル内にあった事務機能もあのビルに移っています。

【交通新聞】:JR広島支社 新支社ビル竣工、使用開始

 

建て替え工事が進む旧広島東郵便局前から。

 

近くで見ると、なかなか凄い事になっています。
5年前の自分に見せたら驚くだろうな…。

 

その西側、旧「ホテルヴィアイン広島」は完全に姿が無くなりました。

 

 

改札内から見える変化

先程のホテルヴィアイン広島があった場所を望む。

 

今まで見えなかった景色が見えるようになっています。
将来、新しい駅ビル完成時は、右奥に見えている駅西高架橋の下部から、
駅ビル棟内立体駐車場に上がる自動車専用のスロープがここに姿を表す予定です。

 

広島駅南口再整備・駅ビル建替工事 2020.09(Vol.16) 閉鎖区画の『記録』と図面で見る『未来』

 

駅ビル本体側を振り返りました。

 

列車が停車する少し先あたり、一般の人は入れないエリアでの上屋撤去が始まっています。
2枚目の画像を見ると、新しい鉄骨が姿を表しているので、この辺り一帯全ての上屋が一度撤去され、仮の屋根になるのかもしれません。

 

階段付近。

駅ビルに最も近いところですね。
解体が進んでいることに伴い、従来の上屋が撤去され明かりが射し込むようになりました。

このあたりは駅舎の橋上化が行われた時も最小限の美装化に留まりました。
新駅ビルにほぼ覆われるような形となる完成時にはどのような空間になるのか今から楽しみですね。

 

広島駅ビル「ASSE」は今年度の解体工事を経て、2021年2月に着工予定、
新駅ビルと駅前大橋線は2025年春の開業予定です。

Sponsored Link

2 comments

  1. タミー Reply

    2つの都心を密接に結び付ける為の広島駅南口整備事業が順調に進むことを願っています。

    近年、広島広域都市圏内の人口200万人維持が強く叫ばれています。広島広域都市圏協議会加盟地域の中でデルタ内の人口約50万人に対して、デルタ外人口は約180万人で、大きく人口が減少しているのはデルタ外部の方です。それを考えると広域都市圏内の交通の要である広島駅周辺の再開発事業の重要性(優先順位の高さ)を改めて痛感します。

    JR在来線の中でも山陽本線沿線の各駅周辺の再開発・新駅開業後の街づくりが非常に重要で、レッドウィングが山陽本線と同様に導入された呉線・可部線の沿線各駅周辺が山陽本線のそれに続く存在となっています。その要となっているのがJR広島駅です。

    経済力でみると弱いデルタ地帯を郊外の強い鎧が囲んで守っている様に思います。

    郊外の強い鎧が万全となり、更にはデルタ内の再生を図る為にはこの広島駅南口整備事業の成功は不可欠だと思います。

  2. のーてんき Reply

    駅から東に向かう歩行者は、駅ビルすぐ前の歩道が通れなくなって、
    広電広島駅前電停そばの通路を通るようになるんですね。
    電停の前って路面電車を待っている人でごった返しているイメージがあるのですが、
    そこに歩行者が紛れ込んだら、動線がぐちゃくちゃになりませんかね?
    特に、マツダスタジアムで試合がある日なんかは、大丈夫なんでしょうか?
    まあ、そのあたりは、通路を広くしたり、カラーリングをしたりして区別するんでしょうけど、
    路面電車は広島慣れしていない観光客も利用することも多いわけですから、
    混乱しないようにわかりやすく整備をしてほしいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。