広島駅南口計画(仮称) 東郵便局建替え 2020.12 (Vol.17)

新型コロナウイルスの感染再拡大に伴う広島県の方針を踏まえ、
取材のみの外出は行わず、他の必要な外出(通勤、買い物等)と組み合わせ
一度の外出で訪れる施設を最低限にする方針をとっております。

 

日本郵政不動産は、広島駅南口に隣接する「広島東郵便局」を再開発する「広島駅南口計画(仮称)」の概要を、2019年5月に明らかにしました。
再開発ビルは、オフィスや店舗、駐車場を備える地上19階建て・延約4万4,000平方メートルと大規模なビルになる予定です。
既存の広島東郵便局の解体を2019年秋頃から始め、2022年秋ごろの開業を目指します。

日本郵政不動産は、広島駅南口に隣接する「広島東郵便局」を再開発する「広島駅南口計画(仮称)」の概要を明らかにしました。 再開発ビルは、オフィスや店舗、駐車場を備える地上20階建て

Sponsored Link

 

事業の概要と前回のおさらい

【日本郵政不動産】:広島駅南口における開発計画について(PDF,363KB)


完成イメージ(上記資料より)

 

【広島駅南口計画(仮称)】

高さ 90.83m
階数 地上19階
用途 事務所、物品販売業を営む店舗、飲食店、
自走式駐車場、駐輪場
構造 鉄骨造
敷地面積 4,204.19平方メートル
建築面積 3,276.13平方メートル
延床面積 44,270平方メートル
基準階面積 約1,500平方メートル
着工 2020年6月1日
完了予定 2022年8月31日
開業予定 2022年秋頃
建築主 日本郵便株式会社
設計者 日本郵便株式会社一級建築士事務所, 久米設計ほか
施工者 鹿島建設株式会社

 

前回の状況です。

日本郵政不動産は、広島駅南口に隣接する「広島東郵便局」を再開発する「広島駅南口計画(仮称)」の概要を、2019年5月に明らかにしました。 再開発ビルは、オフィスや店舗、駐車場を備

 

 

杭基礎を施工中

エールエールA館前から。

 

引き続き基礎工事中です。
緑色の掘削機が確認できます。これが地中に深い穴を掘り、鉄筋とコンクリートを流し込んで杭基礎を施工します。

確実に工事は進んでいるものの、今は外から見える変化には乏しい状況ですね。

しかしその間にも隣接していた旧「ヴィアイン広島」は駅ビル建て替えに伴い解体が進んでおり、
1枚目の定点画像からは完全に見えなくなりました。

 

西側に回り、駅西高架橋下部から。

 

かろうじてまだ、ヴィアイン広島が確認できます。
ここは新駅ビルの棟内駐車場へのスロープとなる他、郵政ビルも車寄せなどができると思われます。

 

郵政ビル前から見る広島駅。

 

 

広島駅南口再整備・駅ビル建替工事 2020.12(Vol.20) 駅前大橋線への動き 南口地下の閉鎖始まる

 

半世紀に一度の変革の最中にある広島駅。
コロナ後の次の半世紀を見据え、中四国ブロックの経済を牽引する強い求心力を持つ都心を目指し、粛々と進めていただきたいです。

広島東郵便局を建て替える「広島駅南口計画(仮称)」は、2022年秋頃の開業予定
広島駅南口の新駅ビルは2025年春の開業予定です。

Sponsored Link

4 comments

  1. 社会系 Reply

    コロナ後の次の半世紀を見据えとありますが、
    ここ数カ月の企業の方針変更から考えれば、経済は縮小すると予測しているように思えます。
    オフィスビルにおいては、テレワークが定着するのかどうかが、大きな分岐点だと考えられます。

  2. むーばす Reply

    広島市は新しい大型のオフィスビルがゆっくり目にしか、
    増えてきていないのと、なんと言っても昭和時代を生きた
    レトロビルが一向に刷新されないで現在まで来ています。

    そうしたビルの建て替えはこれまで同様に五月雨的には
    発生しそうです。再開発案件となる立町の朝日ビルとか
    紙屋町のサンモールなどでの、オフィス供給が期待できる
    はずですので、いつの時代も一定程度のビルの空きを作る
    事で、新規の広島進出や事業拡張ニーズに応えていく使命
    は果たせるのではと思います。

    もしコロナでそのペースが滞ってしまったら、都市間の競争
    には勝てなくなります。
    中四国地方の首都として広島市の発展は欠かせないです。
    このビルが早くデビューして広島駅前の立地を最大限に活かし
    て優秀なテナントを沢山集めてくれることを期待したいです。

  3. CCレモン Reply

    個人的にテレワークはうれしいんですが、サイバー攻撃やハッキングされやすくなる
    問題もありますので、まだまだオフィスで業務する需要はあるとおもいます。 
    ただ札仙広福のなかで、広島が出遅れているのは正直否めません
    同じ都市規模の仙台も、駅前にオフィスビルを建設していますし、
    お隣の岡山でも、もうじき大規模なオフィスビルが完成します
    都市間競争とか言われてますが、この駅と周辺の再開発は広島にとって重要と思います
    ただ駅前の超一等地に立つオフィスビルですので、妄想ですがパソナが淡路島に
    本社の一部を移転した感じなものを期待します。

  4. タミー Reply

    広島駅南口で初の本格的なオフィスビルの登場は、広島駅を中心とした新たなCBD(中心業務地区)の形成を告げてくれます。

    アフターコロナで、CBDの在り方そのものが再検討されるかも知れませんが、従来型をイメージするならば、広島駅周辺は最適である様に思えます。

    新都心の形成が非常に楽しみになってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。