広島駅南口計画(仮称) 東郵便局建替え 2021.01 (Vol.18) 駅前広場側に工事用ゲート設置

新型コロナウイルスの感染再拡大に伴う広島県の方針を踏まえ、
取材のみの外出は行わず、他の必要な外出(通勤、買い物等)と組み合わせ
一度の外出で訪れる施設を最低限にする方針をとっております。

 

日本郵政不動産は、広島駅南口に隣接する「広島東郵便局」を再開発する「広島駅南口計画(仮称)」の概要を、2019年5月に明らかにしました。
再開発ビルは、オフィスや店舗、駐車場を備える地上19階建て・延約4万4,000平方メートルと大規模なビルになる予定です。
既存の広島東郵便局の解体を2019年秋頃から始め、2022年秋ごろの開業を目指します。

日本郵政不動産は、広島駅南口に隣接する「広島東郵便局」を再開発する「広島駅南口計画(仮称)」の概要を明らかにしました。 再開発ビルは、オフィスや店舗、駐車場を備える地上20階建て

Sponsored Link

 

事業の概要と前回のおさらい

【日本郵政不動産】:広島駅南口における開発計画について(PDF,363KB)


完成イメージ(上記資料より)

 

【広島駅南口計画(仮称)】

高さ 90.83m
階数 地上19階
用途 事務所、物品販売業を営む店舗、飲食店、
自走式駐車場、駐輪場
構造 鉄骨造
敷地面積 4,204.19平方メートル
建築面積 3,276.13平方メートル
延床面積 44,270平方メートル
基準階面積 約1,500平方メートル
着工 2020年6月1日
完了予定 2022年8月31日
開業予定 2022年秋頃
建築主 日本郵便株式会社
設計者 日本郵便株式会社一級建築士事務所, 久米設計ほか
施工者 鹿島建設株式会社

 

前回の状況です。

新型コロナウイルスの感染再拡大に伴う広島県の方針を踏まえ、 取材のみの外出は行わず、他の必要な外出(通勤、買い物等)と組み合わせ 一度の外出で訪れる施設を最低限にする方針をとっ

 

 

工事車両ゲートが整う

エールエールA館の前から。

 

 

掘削機が位置を変えながら、基礎の掘削施工が引き続き行われています。

隣接していた旧「ホテルヴィアイン広島」が、駅ビルの建て替えに伴い解体され完全に姿を消しました。
以前にもましてガラリとした印象に変わりましたね。
そして駅北の高層ビルが目立つようになりました。こんな光景、過去数十年と将来の数十年の中でも、今この数ヶ月しか見ることができません。

 

南口広場に面する部分です。

 

 

仮囲いがあるのみでしたが、ここに工事用ゲートが設けられ、今月11日から運用を開始しました。

南口広場のマイカースペースは工事中の間閉鎖されていますが、
このゲート前の転回スペースで送迎を行うマイカーが跡を絶ちません。
これからは頻繁に工事用車両が出入りするようになるため、このまま送迎できる状態を続けるのは安全面においても非常にマズいです。

北口まで周るのは不便だという気持ちも分かりますが、ルールが守られるよう利用者の周知徹底も図っていく必要がありますね。

 

南口バスのりば付近から。

広島東郵便局を建て替える「広島駅南口計画(仮称)」は、2022年秋頃の開業予定
広島駅南口の新駅ビルは2025年春の開業予定です。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。